記事一覧

乗鞍スカイラインヒルクライム・レース後

レースを終えたチームさて、チームオーレーシングはレースを終えました。集合地点につくとM口さんとN本さんが。オーレーシングヒルクライム部エースM口さんは12分台で5位入賞!!N本さんも16分台ということでやはり速い。これで体重と自転車を軽くしたら手がつけられなくなりますね。それぞれ健闘を称え合います。乗鞍畳平名物といえば?さて、乗鞍畳平名物といえばなんでしょうか。それはこの頂上ソフトであります。この西日...

続きを読む

乗鞍スカイラインヒルクライム・レース本番その3

スタートに向けてさて、スタートはしたのですが、正直どこがスタートかわからない。レーススタート300m言ったところで。ということだったのでゆっくり行ってたら先頭の車がパーンと鳴らしたときがスタートだったらしく、すでに集団の後方に。いきなり出遅れ。しかし乗鞍は長いですからね。あせらないあせらなーいひと休みひと休み♡ (休んでどうすんだバカッ!!)ここから250wで刻んでいきます。標高がすでに高いため、出...

続きを読む

乗鞍スカイラインヒルクライム・レース本番その2とカーボンホイールの効果とは?

さてみなさまこんにちは。コンビニでおにぎりを買うかの如く、中古住宅を購入したわけなんですがね、ワタシ乗鞍に集中しすぎてですね、家なんて全く見てない。1ミリも。見るのは頂上、そう乗鞍の頂上だけなんですよね。くぅ~カッコイイ(だから病院行って来い!!!)というのが前回のお話。どうもこんにちは。まぶちでございますよ。まぁでもよく考えたらですよね、家なんて1.外でタバタトレやってもクレームが来ない2.室内...

続きを読む

乗鞍スカイラインヒルクライム2017その1

さてみなさまこんにちは。まぶちでございますよ。さて、ここ最近、毎日おじやぐらし、あるいは、毎日”米のすくない感じ”のおじやとかお茶漬けとかね、配給食みたいなもんばっか食べてたんで、最低体脂肪率11.2%まで下がりましたよ。それもこれも全ては乗鞍スカイラインのため。乗鞍スカイラインヒルクライムは7月の9日に開催されました。というわけで行ってきたのであります。前日受付は、前日白馬村で仕事の配達があったので、...

続きを読む

乗鞍スカイラインヒルクライム・レースに向けて

今年春夏・唯一のレース乗鞍スカイラインヒルクライム今年は春の長良川クリテリウムが開催されません。 前回負けたリベンジを果たしたかったんですが、しょうがないですね。 オーレーシングのYSさんと一緒にリベンジを誓ったんですが、 そもそもが開催されないので。 鈴鹿のイベント・レースは仕事のイベントがちょいちょい入るので回避しています。 というわけで今年ほとんど唯一のレースが乗鞍スカイラインヒルクラ...

続きを読む

いよいよ乗鞍スカイラインサイクルヒルクライムです!!

いよいよ今週の末が乗鞍スカイラインヒルクライムですねぇ・・ ダイエットの進捗状況ですが、6月頭に67.7kgあった重量級の体が徐々に絞られてきました。先日のライド後に図るとなんと62.6kg!!実に5.1kgもの減量に成功しているようです。ただ翌日に測ると65kgに。一体なにが正解やらさっぱりわかりませんね。体脂肪1kg当たり約7,000kcalありますので、これを消し込むには700kcal×10日という計算になります...

続きを読む

片知渓谷からのオギ練列車へ合流!!

さて、ここからはとにかく ヒッドイ道を通り抜けてなんとかかんとか板取まで。タラガトンネルの麓まで降りてきました。で、反対側からみると、立ち入り禁止書いてあるじゃないですか!?立入禁止て・・・確かにとんでもなく危険な道でしたね。標高1000Mから一気に300m付近まで。板取村に降りてきました・・・ 板取の街道からいま来た道を眺めます。高賀山でしょうか。標高1,000mあのはるか頂上から降りてきたことにな...

続きを読む

片知渓谷を攻略せよ❢❢朝練in美濃その2

さて、距離にして、12.6km、標高差760mに及ぶ1級山岳、頂上まで入れれば標高差1,000mの超級山岳の片知渓谷。 その渓谷でのヒルクライムが始まろうとしています。 セクション1 当日リアのスローパンクで5分遅刻しましてですね。そのお詫びも兼ねて序盤を牽いていくことに。 最初のセクション1は ゆるい勾配の平坦コース。まぁゆるいといっても勾配は5%程度はあります。その距離4.87km ここを2...

続きを読む

シャワールーム進捗状況について

さて、ユニットの開発をしているということですが、その模様を少し。インターン生ファブリシオ橋本くんと一緒にやっているものです。屋外シャワーユニットの開発その進捗状況を少し補足したいと思います。ユニットプロジェクトとは?インターン生が中心となって行う一大プロジェクト。製品は屋外型シャワーユニットです。屋外においてシャワー室になるという、海の家などにあるアレです。このユニットを完成させ、1棟販売するとい...

続きを読む

検索フォーム

いらっしゃいませっ!

にほんブログ村 経営ブログへ

トマト工業株式会社
管理用

プロフィール

トマト工業マボ

Author:トマト工業マボ
岐阜県関市で建材などの加工と販売などをおこなっている
トマト工業代表のブログです。

明るく元気に!!

岐阜県で一番運がいい!!

平日は仕事
日曜はロードバイク

全く家事ができない父親が

電子レンジを爆発させたり
フライパンから火を出したり
お風呂をつまらせたりと
家族を困らせる日々を綴った
感動のブログ。

キッチンには立ち入り禁止。
冷蔵庫はあけるの禁止。
できる家事は自転車の掃除だけ。

☆愛車フォーカス カヨ2017
☆中小企業診断士

CustomCategory

フリーエリア