記事一覧

工場の加工その1

 ○曲げ込み加工について○さてみなさまこんにちは。まぶちでございますよ。○加工について○トマト工業ではラミネーターという機械を用いてオレフィンのシート貼りをやっているのですが、先日天板ができるかというお問い合わせをいただきました。天板はもちろん加工が可能です。天板というのはテーブルや台などの水平面、特に荷重や熱、傷など様々な過酷な環境に置かれる板の事を言います。すでに工場内でオレフィンシートを使っ...

続きを読む

8.北アルプス山麓グランフォンド2017 ラストに思うこと。

○ラスト○去年の自分をこえたのか、それは本人でないとわかりません。今回は過去一番、そしてとびきりハードだったといえると思います。それでもおなじくらいたくさんのやさしさや、思いやりをもらいました・・・今朝の5時半からペダルを漕ぎ続け120km、獲得標高2,000mの旅は終了しました。合計走行時間9時間30分16時15分に一緒にゴールゲートをくぐりました・・・ 今回ほとんどの場面で、リタイヤを覚悟していました。 &nbs...

続きを読む

7.北アルプス山麓グランフォンド2017 そして感動のゴール❢❢

さて皆様北アルプス山麓グランフォンドの続き。 小川村エイドからはポカポカランドエイドへ。ここからはマビックのタイヤ交換をしている間に、制限時間が気になるためサポートの人に子供を美麻エイドまで牽いていってもらいました。遅れをとりもどすべく260wでもりこぎすると、美麻エイドにすでについていました。 ここからはすこし車が増えます。   ぽかぽかランドエイドに入ってきました。ここではお...

続きを読む

6.北アルプス山麓グランフォンド2017 死せるコンチが生けるマビックを走らす。

  ○小川村へ○さて北アルプスのグランフォンドも中盤にさしかかろうというところ。400mの鬼無里峠を超えて小川村の大峠へ。足切りタイムが迫るころ、山岳を必死に回します。標高差300mここをポンコツアシストと子供が二人で走っていきます。途中親子連れに合いましたが、ひもで引っ張ってもらってる・・・・・❢❢❢❢ワタシ・・・・足引っ張ってる・・・・❢❢❢(なにしてんだ❢❢)小川村のエイドは山岳の頂上にあります。標...

続きを読む

5.北アルプス山麓グランフォンド2017 絶体絶命

さてみなさまこんにちは。まぶちでございますよ。○北アルプス山麓グランフォンド2017の続き。○度重なるパンクがありましたが、ドラえもんのマジックポケットのように次から次へとチューブが出てきてなんとか事なきを得ています。すでに3本目さすがパンクの神様(縁起悪い神様だなっ❢❢)しかしここで新たなる問題が・・・それはタイム制限❢❢○恐怖の足切り○小川村エイドまでは11時30分までにつかないと足切りになってしまうのです。...

続きを読む

4.北アルプス山麓グランフォンド2017 はじめての超級山岳 その4

北アルプス山麓グランフォンドの続きです。当初のエントリーどおり120kmコースへいくことになった一行ですが、眼前には遥かな山岳と、そして降雨が絶え間なく続いていました。○初めての超級山岳○白馬から峠を超えるルート。峰方峠。白馬から鬼無里(きなさ)という里に向かうには標高差400mの峰方峠を超えていかなければいけません。子供にとっては十分超級山岳です。これを超えていかなければなりません。100kmはなんどか走...

続きを読む

3.北アルプス山麓グランフォンド2017 運命の分かれ道。

さてみなさまこんにちは。まぶちでございますよ。先日行ってきた北アルプス山麓グランフォンドの続きです。降雨のなか走り出した一行。このあとどんな出来事がまっているのでしょうか。○不運?○白馬村で途中、バるるるるるる後輪におなじみの振動が来て、嫌な予感というのは当たりますね。 パンクです。秒速で取り替え、チューブを交換します。○そこらじゅうでパンク修理○今回ウェットな路面だからか、パンクがとにかく多かっ...

続きを読む

2.北アルプス山麓グランフォンド2017 曇天と太陽。

こんにちは。まぶちでございますよ。先日の白馬大町の北アルプス山麓グランフォンド2017の模様を少し。○いよいよスタート○ウェーブワンさんのブルーのアーチ型テントからスタートしていきます。最初は150kmのコースから。 新設されたこのコースは150km3,000mアップをチームで協力して進むというもの。先日の鈴木雷太さんの話では体力のある人が、風から守りながら体力のない人のペースで先頭を牽いていくのがいい。とい...

続きを読む

1.北アルプス山麓グランフォンド2017  前夜祭 

さて皆様こんにちは。 ○通知表○先日子供、長男が4年生で最初の通知表を持って参ったわけなんですが、良く言えばまぁバラエティに富んでる。◎もあれば○もあれば△もたくさん。3年生時と比べるとだいぶ下がってましてですね、家族全員でショックを受けたんです。何を隠そうショックは本人が一番かもしれませんよね。本人が。だれだって生まれたときはオンリーワンでナンバーワンなわけですが、外の子どもたちと触れ合うことで、自分...

続きを読む

検索フォーム

いらっしゃいませっ!

にほんブログ村 経営ブログへ

トマト工業株式会社
管理用

プロフィール

トマト工業マボ

Author:トマト工業マボ
岐阜県関市で建材などの加工と販売などをおこなっている
トマト工業代表のブログです。

明るく元気に!!

岐阜県で一番運がいい!!

平日は仕事
日曜はロードバイク

全く家事ができない父親が

電子レンジを爆発させたり
フライパンから火を出したり
お風呂をつまらせたりと
家族を困らせる日々を綴った
感動のブログ。

キッチンには立ち入り禁止。
冷蔵庫はあけるの禁止。
できる家事は自転車の掃除だけ。

☆愛車フォーカス カヨ2017
☆中小企業診断士

CustomCategory

フリーエリア