記事一覧

越前大野城へ行こう!古城探検番外編・その3

前回、城下の御清水をめぐって、城下町に入っていくところです。 9月の太陽はさんさんと降り注ぎ、少し暑いくらいです。 駅前広場です。 今回、城は後で先に町を散策します。 お腹がすいてますのでね。 ここが大手門から続く旧メインストリート 石畳が風情を感じさせます。 この直線の通りに対し、垂...

続きを読む

越前大野城へ行こう!古城探検番外編・その2

さて、今回越前大野城へ行こう。 でございます。 前回はこちら 郡上白鳥から福井に抜けるルートがあります。 油坂峠 (あぶらさかとうげ) 今まで自転車で登ったどの峠よりもすごいです。 あたりまえか・・・ あまりに景色がいいので、車から降りてしばし一服です。 もうすすきがなびいてますね。 ...

続きを読む

越前大野城へ行こう!古城探検番外編・の1

こんにちは、 シルバーウィークというのはいつからできたのでしょうか。 昔はありませんでしたよね。 仕事の方は この大型連休前に受注が殺到して、 連日の21時~22時位の加工が続きました。 9月にはいってからというもの ほぼほぼ現場に入り詰め...

続きを読む

郡上八幡へ行こう!サイクリング編

さて、前回郡上八幡へ、サイクリング列車で行きました。 これは、列車にそのまま自転車を積み込んで八幡駅まで行けるというもの。 しかし、今回は、自走で八幡まで行き、そこから帰ってくるという壮大な計画。 名づけて   前回、行きは帰りだけで 帰ってくるのは 50kmでしたので、往復で100kmを超える可能性もあります。...

続きを読む

下呂市金山町へサイクリングで行こう!第1回

下呂市というのは、いくつかの市町村が合併して出来ました。 北は小坂、萩原、 中心は、もちろん下呂 南部は我々武儀とも関係の深い金山であります。 これらが合併して下呂市となりました。 我々は美濃地方と呼ばれていますが、 下呂は飛騨地方となります。 ...

続きを読む

郡上八幡にサイクリング列車で行こう!古城探検第41弾・1回

さて、皆様お元気でしょうか? ものわすれ すごお 物忘凄男 こと”まぶち”です。 もう”脳のシナプス”が人の1/10しかな...

続きを読む

明知城へ行こう!古城探検第40弾・可児明知編

日本史上最大の謎の一つである明智光秀の本能寺の変ですが、 その明智光秀の生地は2箇所候補があると言われています。 1箇所は東濃明知であり、 そして今回のこの可児明知です。 斎藤氏などの家臣だったということから 可児のほうが有力だったのではないかと言われています。    カインズホーム、浜木綿のところから丘にむかっていくとその古城があります。 ...

続きを読む

犬山城へ行こう!古城探検第39弾・サイクリング編4回

はるばる関からこの犬山までチャリで行くという壮大な企画。 今回その4回目となります。 橋を挟んで鵜沼駅と犬山遊園駅があります。 ”近っ!近すぎるで!” という突っ込みスポットになります。 橋をわたると愛知県側に。 橋を右折して犬山城方面に向かいます。   木曽川のほとりは風情がありますね。 城に近...

続きを読む

犬山城へ行こう!古城探検第39弾・サイクリング編3回

このような道路を通っていきます。 木曽川は遥か眼下に見え、悠々たる連峰が左右に迫っています。 濃尾三川の中でも一番の水量を誇る木曽川はその雄大さにおいて県下一ではないでしょうか。 水流がありそうで、 泳ぐには適していませんが・・・   カフェレスト サイドラインさんという喫茶店でモーニングをいただくことに。   外を眺めると行き先へ急ぐ車が行き交います。   店内はシックな装い   僕ら...

続きを読む

犬山城へ行こう!古城探検第39弾・サイクリング編2回

     突端に猿喰城が見えてきました。   深萱の交差点に近づいてきます。 ここから木曽川に向けて走ります。 速度は約15-20km/h   木曽川に渡る前にこのちょっとした峠があります。 ここを超えるとジェットコースターのように後は下るだけ。 全身に5月の乾燥した風を浴びながら進んでいきます。   いよいよ交差点に突入。 眼前には木曽川が流れています。 もう何日も雨が降って...

続きを読む

犬山城へ行こう!古城探検第39弾・愛知県へサイクリング編

たまに聞かれるのが、犬山城にいったことあるのか?とか、彦根城は?などと聞かれますが、 上モノが立っていない山中を徘徊するくらいなので当然あります。 犬山城は5回ほど、彦根城は3回ほど、松本城は2回ほどすべて国宝であります。 このあたりは日本人ならば必ず抑えて置かなければならないスポットであり、国外からもかなりの観光客が来ているようです。 さて、今回は、この犬山城にサイクリングで行こう! ということであり、...

続きを読む

高沢観音・日龍峰寺に自転車で行こう!古城探検第37弾・6回

第1回はこちらいつも使っているliveWriterから画像のアップロードができなくなり、仕方なくFC2ブログで書いています。そのため記事がたまってきて大変なことになっています。さて第6回でございますが、このようなマップになっています。高沢山の記載はありませんが、コース的には展望台へ行く道もあるようです。今度登ってみよう。帰り道、池のそばでサルを発見!大きな鯉が優雅に動いています。帰り道、マムシを発見!いろんな動...

続きを読む

高沢観音・日龍峰寺に自転車で行こう!古城探検第37弾・5回

さて、藪の中に突入していくと・・・最初の分岐路が出てきました。右に456mとありますので、こちらを選択して登っていきます。結構良い道がついています。傾斜はそこそこ。よく間伐された杉林の中を進んで行きます。案内板が見えてきました。岩盤が見えてきました。やがて尾根道に到達しました。尾根に到達すると勾配はゆるく、歩きやすいです。途中で急勾配が出てきており、ここをよじ登っていきます。途中から道が消えるので注...

続きを読む

高沢観音・日龍峰寺に自転車で行こう!古城探検第37弾・4回

”こういうところで水を飲むとうまいんや”といって水をがぶ飲みしてたら、何か虫的な物がおり、調子に乗るとろくなことがないということを未だに学んでいないことに若干の驚きを感じます。内部にはいるとその重厚な佇まいに身が引き締まるようです。体の悪いところをさすると治るらしいので、体中をさすりまくります。階段を登って突き当りを左に行くとみたらしの霊水右に行くと高沢山コースになります。みたらしの霊水入り口。巨大...

続きを読む

高沢観音・日龍峰寺に自転車で行こう!古城探検第37弾・3回

本城山を登ってわかったのは、この美濃と関、武儀が一帯であったことがわかります。美濃の本城山、関の大仏山、そしてこの武儀の高沢山は、一連のコースであり、美濃の見坂峠からもこの高沢に通じているということがわかります。本城山ではえらい目に会いましたが、それもまたひとつの経験と言えると思います。さて、第三回ですが、関の自宅をでて、約10km津保川沿いに緩やかな傾斜を登ってきました。ここから高沢観音まで上りを3...

続きを読む

検索フォーム

いらっしゃいませっ!

にほんブログ村 経営ブログへ

トマト工業株式会社
管理用

プロフィール

トマト工業マボ

Author:トマト工業マボ
岐阜県関市で建材などの加工と販売などをおこなっている
トマト工業代表のブログです。

明るく元気に!!

岐阜県で一番運がいい!!

平日は仕事
日曜はロードバイク

全く家事ができない父親が

電子レンジを爆発させたり
フライパンから火を出したり
お風呂をつまらせたりと
家族を困らせる日々を綴った
感動のブログ。

キッチンには立ち入り禁止。
冷蔵庫はあけるの禁止。
できる家事は自転車の掃除だけ。

☆愛車フォーカス カヨ2017
☆中小企業診断士

CustomCategory

フリーエリア