記事一覧

不燃材料とは?難燃、準不燃、不燃、耐火の違いと考え方。

今日は会社の加工について。



トマト工業では、フネン建材を主に扱っております。


工場では

P1250636

第二切削棟の方で加工が続いています。

こちらは切削機であるマシニングセンタが1台稼働。


夜の11時まで稼働しています。

もちろん土日も。

P1250649

第一の方では、カット加工をしております。

 

使用機械は、ランニングソー、パネルソー、NCルーター、マシニングセンタです。

 

貼合も少し。
こちらはロールコーター、ハイブリッドプレスを使用します。

 

ラミネーターは今はあまりありません。

通常ラミネーター

というノリをつけて貼るライン。


塩ビタックシート用温ラミネーター

というのり付きのシールシートを貼るライン

 

があります。


稼働率は高くありません。


第3では新型のマシニングセンタがありますが、まだなかなか本格稼働には至っておりません。

 

さて、そんな感じで日々が過ぎていきますが、



やはりトマト工業の取り扱いのメインは不燃建材です。






フネンとはなんぞや。


という意見があるかと思いますが、


これは


もえず



つまり

不燃


と書きます。






普通に考えると


燃えないという意味ですが、





厳密に言うとそうではなく、燃えづらいといったほうが正しいです。



例えば



不燃建材の代表格である石膏ボードは両面に黄色い紙が貼ってあります。


これは火をつければ普通に燃えます。






なんじゃー燃えるじゃないか!ワレー








などという輩に対しては、



そのたるみきったベルトを掴んで豪快に上手投げをせざるを得ないといえます。






不燃の試験というのは、コーンカロリーメーターという発熱機を素材にあてて

一定期間の発熱量を調べるものです。



その発熱量に到達するまでが5分であれば


難燃材料



10分であれば

準不燃




20分であれば

不燃



となります。





つまり不燃かそうではないかというのは、

全く燃えないかというより


燃えづらさを示すものであるということです。



もえづらさ
燃え不らさ。


こう置き換えられると思います。







そしてこれら材料をくみあわせた物、



構造といったほうがよいですね。


これが



たいか
耐火


という考え方になります。




というわけで


パン、レタス、ハム


といった素材が不燃材


であり、


それらを組み合わせた


サンドイッチ



耐火構造となります。





もっとわかりやすくいえば





チャゲ

ASUKA





が不燃材であり、


















チャゲ&アスカ



が耐火構造。



になります。












従いまして、





当然




覚せい剤が火になるわけです。




というわけで




アスカ+覚せい剤というのが

 

 

激しく炎上するわけであり、





従いまして、






アスカ=不燃








という方程式が成り立つわけでございます。










間仕切り壁についていえば

(これは耐力を想定しない壁です。オフィスなどの仕切壁をイメージ)





1時間非耐力壁


という構造であれば

中空鉄骨の両脇にケイカル板総厚24mm(積層)NM8576・NM8577

と指定があります。




該当の№がNM-8576・NM-8577

など番号がありますが、これが不燃材の認定番号になります。





ヒシタイカ#70 であればNM8576 8577両方を取得している不燃材でありますので、これの12mmを2枚に重ねて24mmにすれば良いということになります。




これが耐火構造になります。

1時間耐火、2時間耐火



というのは、

 

 

たとえばでかいビルもしくは商業施設の場合、

 

1Fで火災があると逃げるのに時間がかかってしまいます。



これが仮に法隆寺のような

全木造であった場合、逃げるまえに崩れ落ち、大災害
になります。






それがために耐火という概念で逃げる時間をかせぐわけです。




例えばクリスマスでごった返す百貨店の中で

ツリーの火から火事が起きたとします。


ワーイ耐火構造だから大丈夫!

 

等と言っていたら、


自分がフライドチキンになるわけです。






これが1時間耐火、2時間耐火という考え方になります。



そのため耐火というのは、逃げるための構造。

ということで、絶対に燃えない構造ではない。


ということを理解する必要があります。


 

ここでさらに、

防火と耐火とありますが、これの違いは





◎防火◎は小さい建物住宅に対する構造

防火というのは、主に外部からの延焼を防ぐ目的で設置される構造になります。

これは防火地域(密集地)などで火災の拡大を防ぐ目的。


町中の密集地などは防火地域に指定され、火が広がりにくい建物構造担っています。

◎耐火◎は大きい建物に対する構造

耐火というのは、内部または外部からの延焼で時間をかせぐための構造になります。



という違いになります。




というわけで


ハム・タマゴ、レタス


燃えやすい順から

難燃材料

準不燃材料

不燃材料

になります。




サンドイッチ

にしたものが

防火構造(小さい建物を想定)

準耐火構造(大型の建物を想定)

耐火構造(大型の建物を想定)

と言う事になります。




というわけでとてもややこしいのですが、



この辺りを理解することで



もっともっと不燃材のことが深く理解できるようになります。











今日は花金ということで

会社の歓迎会の飲み会がありますので、そのため早めに帰社することになります。

あらかじめご了承ください。







と言うか自転車で帰ろうとしますが、外はスゴイ雨が降っております。







明日は晴れてくんないかなー!


通勤が楽しみだーっ!













関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

いらっしゃいませっ!

にほんブログ村 経営ブログへ

トマト工業株式会社
管理用

プロフィール

トマト工業マボ

Author:トマト工業マボ
岐阜県関市で建材などの加工と販売などをおこなっている
トマト工業代表のブログです。

明るく元気に!!

岐阜県で一番運がいい!!

平日は仕事
日曜はロードバイク

全く家事ができない父親が

電子レンジを爆発させたり
フライパンから火を出したり
お風呂をつまらせたりと
家族を困らせる日々を綴った
感動のブログ。

キッチンには立ち入り禁止。
冷蔵庫はあけるの禁止。
できる家事は自転車の掃除だけ。

☆愛車フォーカス カヨ2017
☆中小企業診断士

CustomCategory

フリーエリア