記事一覧

土岐高山城へ行こう!古城探検第45弾その3

土岐高山城編は9月のレポートです。



前回に引き続き

その3になります。







たまりにたまって結局11月になってしまいました。


aa1P1220815

この門をぬけると1の丸でしょうか。

aa1P1220818aa1P1220819aa1P1220820

眼下には土岐のまちが広がっています。

aa1P1220822

展望台があります。

aa1P1220824aa1P1220826

東屋で休憩することもできますね。

aa1P1220827


こちらは川の南の旧市街地。

下街道ですね。

この城をぐるっとかこうようにして道がつづいていました。

方向としては多治見、春日井、名古屋の方面です。

aa1P1220829

こちらは川北方面、新市街です。

方向としては、可児、美濃加茂、関方面でしょうか。

aa1P1220830aa1P1220831aa1P1220832



aa1P1220833

上の写真の左上に、青と赤の看板がありますが、

あれが三起屋さんです。

正面が土岐市駅、中央奥がルートイン土岐でしょうか。


三起屋さんは、呉服屋さんから出て土岐に百貨店を構えるようになったようです。

その後バローグループになるものの

土岐市駅側は三起屋さんの看板のまま、

バローの多治見側はバローの看板というようになっているようです。


地元資本に頑張って欲しいですね。

aa1P1220834
よく見ると碁盤目状に区切られています。

計画的に整備されていたことがわかります。

aa1P1220835aa1P1220839aa1P1220841

下街道。

往時は相当な賑わいだったことでしょう。

この土岐高山城も大掛かりな堀切と土橋はあるものの
※山城解説についてはこちら
防御上の観点からするとそれほど重要性を感じませんが、こうした街道の起点という役割があったのだと推察されます。


aa1P1220842

aa1P1220849aa1P1220851aa1P1220857

下が帯曲輪になっております。

aa1P1220858aa1P1220866

さて、城をおりると、そこはすぐ城下。

駅前に向かいます。

aa1P1220873

形状はこのように舌形の台地の先端に山城跡が存在します。

aa1P1220878aa1P1220883aa1P1220886


aa1P1220892

aa1P1220900aa1P1220906

多治見が日本一気温が高いといわれていますが、土岐市もそのとなりです。

その原因の一つがこの川でしょう。


これだけの盆地の割に川が小さく、流域面積も少ないです。

例えば関であれば武儀川、津保川、そして長良川とこの規模よりも遥かに大きな河川が3本流れていますが、土岐や多治見の場合、市街地にこの小さな川が一本ながれているだけになります。


先日展示会で土岐の方とお話する機会がありましたが、

郡上の長良川や武儀川、板取川、津保川に釣りにこられるとのこと。

なぜかと申しますと、このあたりは焼き物の産地であり、
川が土で汚れているからということでした。

aa1P1220908aa1P1220912

やや茶色に濁っています。

aa1P1220915aa1P1220919

おしゃれなCafeがあります。


ここから会館にはいると小学生の発明展がやっておりました。
aa1P1220924aa1P1220925aa1P1220926aa1P1220928aa1P1220931

素晴らしい発明の数々。


しばらく入り込んでしまいましたが、




”早くかえるよ!!”




の一言で解散。



aa1P1220933

古代の生物の骸骨や


何かわからない物が沢山展示されてます。

aa1P1220937

ここから歩いて駅前に向かうと、


”ちちや”さん


というお店を発見。

aa1P1220956
面白そうなレストランを発見。

aa1P1220960
早速入ることに。


名物のカツ丼を注文

aa1P1220941aa1P1220945aa1P1220947aa1P1220949

日替わりでこのボリューム。

aa1P1220950aa1P1220951

子供はオムライスを。

とても綺麗な店内で、メニューも豊富なのであたりですね。

カツ丼は初めて食べる味でしたが、とても美味しかったです。

aa1P1220961aa1P1220965

 

 

 


駅前に戻ってきました。




商店街の駐車場に車を止めていたので、





そこから土岐といえば





プレミアム・アウトレットということらしいです。








すごい人出で、車を停めるのだけでも20分かかります。






まだ各務原イオンで30分かかるのに比べたらだいぶとマシですね。








すごい人気。





昔嫁さんが






センパ行こ!センパ





と言って名古屋のセントラルパークに行ったことがありますが、







”船場”ってなんか漁港でもいくのかしらん


とおもった経験があります。



その”センパ”で









着物の帯で4時間


です。


帯で4時間ですよ。

















本体になったら一体何時間かかるんや。



と末恐ろしくなったという話ですが、









それくらい女の人のショッピングというものはすごいのであります。











一回これで戦争になり、










通称”大名古屋戦争”という名前で一般的に知られている事件ではありますが、



















”そんなに言うなら関のねりやで5時間おれるんか?”




























”旧ザクとかリックドムとかで2時間いけるの?”























というと

 

 

”行けるわけねーやろ!!”








編集部

はい終了!!

編集部
















終了ーーーー!!
編集部









我々武儀町民




山へ行くと自然とスキップになりまして








川へ行くと自然と泳ぎだすという特徴があります。







しかし、








このような




















ショッピングセンターに入ると勝手に足が震えだすという




有名な特徴がありますが、











そのあたりは






今後





筋トレでしっかりとした筋肉をつけておく必要がある
と再認識せざるを得ませんよね。




もっとハムストリングスを鍛えなければならない。



aa1P1220967


さて、このような





おしゃれすぎる






店々の前には、








腐った魚のような顔をした男達

が虚空を見ながらたたずんでおります。









全員


目が死んでますね。

aa1P1220968

ここからは子供のお守りです。




山歩きやロードバイクでは筋肉痛になりませんが、




こうしたところを歩くとすぐに足が痛くなります。


aa1P1220971

怪獣2人が



”ワーイ、ワーイ”



といって



鬼ごっこをしながら勝手に迷子になるので、




最近は放っておいて最後に探すという画期的な方法に変えた所、




迷子の確率が減りました。





なかなか興味深い。

aa1P1220973


aa1P1220979


子供は好き勝手やって楽しそう。


aa1P1220975



絶好の天気のなか、








私も死んだ魚のような顔をしながら土岐高山城方面を

ながめるだけなのであります・・・









古城探検第45弾・土岐高山城へ行こう おわり。

 

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

いらっしゃいませっ!

にほんブログ村 経営ブログへ

トマト工業株式会社
管理用

プロフィール

トマト工業マボ

Author:トマト工業マボ
岐阜県関市で建材などの加工と販売などをおこなっている
トマト工業代表のブログです。

明るく元気に!!

岐阜県で一番運がいい!!

平日は仕事
日曜はロードバイク

全く家事ができない父親が

電子レンジを爆発させたり
フライパンから火を出したり
お風呂をつまらせたりと
家族を困らせる日々を綴った
感動のブログ。

キッチンには立ち入り禁止。
冷蔵庫はあけるの禁止。
できる家事は自転車の掃除だけ。

☆愛車GIANT-TCR1・2015
☆中小企業診断士

CustomCategory