記事一覧

嫁さんが「クロスバイクを買う予定」の話その2

10月の終わりから11月にかけて結構自転車通勤が増えてきてます。



展示会やら出張やら、雨以外は自転車ですのでね。



本日の朝の通勤模様はこんな感じです。



朝が弱いのですが、

6時にATMにて起床し、コーヒーにたっぷりのミルクと砂糖を入れます。
※ATMについてはこちら


カフェインで強制的に目を覚まし、


腰をグルングルンと回して軽く体をほぐします。





たっぷりのマーガリンの乗った極太の名古屋パンを食べて

補給は完了。




昼ごはんを食べないので、このくらいがちょうどいいです。


今日はくわえて
昨日かった半額のサーターアンダギーを


嫌がる嫁さんを説き伏せ、

レンジでチン

すると、






フニャフニャになった油パンが登場してきました。



猛烈に

食欲が萎えるものの






自ら説得したので、

食べない訳にはいかないです。


朝から油パンが

体に染みます。




さて、6時45分になったら出発の準備です。


SPDのシューズをはき、

ロングライドようのハーフフィンガーグローブを装着。

クラフトのウエアを着込んで出発。





最初の坂は勾配にして約8%程度。

いきなり300mでこの坂が現れます。

回転の悪い脚を説き伏せ、

シッティングの回転数で登ると

下ハンドルに持ち替え、坂を一気に駆け下ります。



若干サーターアンダギーのような形をした


脂パンが胸焼けを誘発しますよね。






ちょうど駆け下りたところに信号がありますが、


運がよいと一気に高速に移れます。




しかしながら、すぐに向かい風と若干の登り勾配にスピードを殺され、



すでにこの辺りでだいたいヘロヘロになります。




一旦裏街道へでると、朝子供と大人が散歩しているので




”おはようございます。”



と声をかけます。



いったん県道に出ますが、上大野という集落に入ります。




左手に本城山、右手に加治田城、梨割山を見つつ、

裏街道を走ります。



このあたりの景色は結構良いです。





ここから若干の登り勾配が続きます。



この辺りでそこそこスピードにのれれば良いのですが、



殆どの場合、観念してしまい、失速します。





ファミリーマートの前の道路を横切り、相変わらず裏道を通り抜けます。


犬の散歩の人と、

小学生に

”おはようございまーす!”

と挨拶をし、

裏街道をはしり、このあたりでちょうど10km、

旧武儀町に入ります。



このあたりから急に道が悪くなります。




通勤を始めた頃は小石がすごかったのですが、



最近は殆どありません。


通勤を繰り返すことによって石を弾いてしまっているのでしょう。



ちなみにここを通勤している自転車マンは私一人だけでございます。







あと、イノシシと鹿が少々。




裏手に回って裏街道を走ります。


小さい坂を幾つかクリアし、武儀中学校の前に出てくると


横断歩道で学生を待つ先生と挨拶をします。




”おはようございます!”




”どこからこられているんです?”




”関からです。”




”大変ですね!”




というような会話。


ここからは県道を走ります。


裏街道でもよいのですが、通勤の中学生のジャマになりますのでね。





県道に入ってからは踏み倒します。




心拍計は朝は持ってませんが、160オーバーだとは思います。




そこから生涯学習センターの前で先輩達のトラックと出会い会釈をします。





坂をシッティングで22-25kmで一気に登ると、高速で駆け下ります。





その時、ゴウゴウと音を立ててかっこいいダンプトラックが前を走り抜けます。





ちょうど左後ろを走るのですが、





なぜかサイコンのスピードメーターが全く落ちません。







どうやら噂の



ドラフティングゾーンに入ったようです。







なんと車と同じスピードで軽々と行けます。


というかもう追い越せそうな勢い。






初ドラフティングに感動!





”空中を飛んでいる”


そんな感覚です。












もう少し近づいてみよう・・・












この好奇心がダメでしたね。



















ビッシャアアアアアアア



ジョージアのコーヒーのような

シブキというシブキ、が見事に命中し、









泥太郎となりました。







すごかったですよね。





もうディズニーのビックサンダーマウンテンくらい。







その後会社前の激坂12%超をシッティングのみで登り切り感動のゴール。




合計ジャスト20kmです。






クラフトのジャージを脱ぐと汗だくです。






この時期に汗だくなのは多分私くらいですよ。










さて、前回嫁さんがクロスバイクを買うかもしれない。
※嫁さんがクロスバイクを買う予定の話はこちら


といった話の後、実はロングライドイベントがあり、



あれから魂が抜けたようになったマブチでございます。



そのロングライドイベントは、関市板取というところを走る関サイクルツーリングin板取川というイベントです。
※関サイクルツーリングin板取川2015の日記はこちら


板取川というのは大変綺麗な川で紅葉も最高だったのでございますが、


その板取川沿いに"モネの池"という池があります。

どうやらモネという人の書いた絵にそっくりというのが語源らしいです。
MONenoike2
※関市役所ブログより抜粋


そのモネの池がある根道神社とイベントのチェックポイントが非常に近いのです。

そこで、ここで待ち合わせることにしました。


イベント中、ここで家族の応援を受け、その後再出発したことで別れたのですが、

嫁さんたちは、その後手前にある風土屋さんというCAFEにたちより休憩をしていたということです。



その時にちょうどそこで他に休憩していた女性のグループと合ったらしいです。



当然自転車のロングライドイベントですので、何台かロードバイクがあったのですが、

その中にとてもイメージにピッタリの自転車があったらしく

その方に声をかけたようです。





その時、いろいろ聞いたということですが、

嫁さんが家に帰ってきて言うには、



"そのロードバイクがすごくかわいかった。”



”すごく乗りやすいよ!と言ってた。"




ということで



その方が丁寧にいろいろと教えてくれたらしいのです。





いろいろな話を聞けて、



当初予定のクロスバイクから



どうやらロードバイクに引かれつつあるようなそんな雰囲気でした。




あまりの可愛さに、写真まで撮らせてもらっていたようです。





その写真を解析すると


カラーは一番好きなブラックとピンク

のものであり、


ブラックもマット調で、ピンクもキツすぎないパステル調のもの。





メーカーはどうやらKUOTAのもの。




結構本格的だなぁ・・・おい





と思い





Webにてこれを調べてみると・・・



kaboncryon1.png



アルテグラ仕様で32万、105仕様でも26万5千って













買えるかーっつ!!












ということで


・・・・嫁さんの自転車選びはどうなることやら。











関連記事 嫁さんとサイクリング編





長浜彦根サイクリングについて

安土城サイクリングについて








関連記事 ロードバイク・クロスバイク編



ウィークエンドバイクスを購入した記事



ウィークエンドバイクスに実際に乗ってみた記事



1年後の評価とレビュー記事



ロードバイクにあっさり抜かれた記事



ロードバイクにあっさり抜かれて、ロードバイクを買ってしまった記事



クロスバイク・ウィークエンドバイクスとロードバイク・TCR1との違いの記事

関連記事

コメント

のちのちを考えると

フレームの振動吸収性、装備のコンポーネント類を見るといじるところが必要なくいいのでは?と思います。
あそこがダメだから替えてがほぼ皆無ですね。

ホイールが固めの様なので、合わなければ
手組みでスポーク本数多めのリムが軽い、タイヤはコンチネンタルのGP4000シリーズの25c
ママチャリみたいでカッコ悪いですが、漕ぎ出し乗り心地は格段に良くなります。
で外したのはtcrに付けてアップグレード化でウマー(マテ
コンチネンタルGP4000は軽くって、グリップもよし、耐久性も高いのでオススメです。ちょっと高いですけどね(苦笑

パステル調のカラーって本当に無いに等しいですからね、
予算さえ合えば…予算を見しして好き勝手言ってみました。

twitter始めました、よかったら見に来てください。

Bianchi!!

こんにちは。

Bianchi乗りですか!?
やっぱりいい色ですねぇ・・・

KUOTAは
さすがに値段がこれだと最初勇気いりますね
ー!


前回おしえていただいた早速おたふくのウエア購入しました。
最近週末雨が多くてロング乗れてませんが、寒くなってきたらぜひ試してみたいと思います。

ツイッターはやったことが無いですが、はじめたらコメント入れてみますね!!


カーボンはやっぱり振動吸収性は違いますかねー???

アルミのTCRしか乗ったことがないので・・・

カーボンといえど

自分は200k前後が目安で、その中からと言った決め方をしました。
それで考えると、「クレヨンはちょい足しだけど、良さげなホイールが付いてくるし、フル105だし結構よくね?」
なんて思ったりもしました。ホイールは自転車自身の性能に直結しますが、
完成車に付いてるのはとりあえず付けときましたなのが多いです。
だから初めに交換するのは…と言われています。
なのでホイールが合えば壊れた等を覗いて長めに部品交換なしで使えるモデルかと思います。

カーボンと言ってますが、炭素繊維で強化したエポキシ樹脂です。
自転車用ではアルミ並のガチガチからふわふわまで様々です。
ガチガチはレース向けで、他は振動をなモデルが多いです。
アルミバイクにカーボンシートポストでも乗り心地が良くなるなんて言いますね。

初めてのスポーツバイク、メーカもわからない様な状態で、
チェレステの色を見た瞬間、他社で考えてたのが一気に飲み込まれてしまいました。
ブレーキを含め、フルシマノだったり、色好みする場合が多かったりするのでいかがでしょうか?でした。

最近朝は寒くて、昼は暑いなんて日が続いてるので夏用冷感がちょうどよかったりしてます。
気候等にあってくれれば良いのですが。

カーボンバイク

嫁さんがどのくらいのるかがわからないので、なかなか難しいです・・・

きちんと乗ってくれれば全然良いのですが。

カラーリングはなかなかこれといったものがないので難しいですね。

ホイールについてはTCRしかわからないですが、やっぱり違うものでしょうか?

カーボンもピンきりなんですね。
乗ってみないとわからないと思いますが、
その女の人はとても乗りやすいといっていたらしいので一つの参考かもしれません。

やっぱり
迷いますねー!

ホイールは武器ですね

最近ホイールを買いまして、すごいなーと思いました。
色々今まで、できなかったのができたり、軽々になったりとガラリとバイクが変わりました

完成車付属は、超上位機種以外はコストダウンの矛先がホイールに来てますね、
そして想定体重や乗り方など全く想定できないので、
とりあえずものすごく頑丈=めっちゃ重い
な物になります。
それでもママチャリより軽いので、最初に「スゲー」と感じますけどねw
試し履きができるところもあるので試してみるのも手ですね。

クレヨンは軽めなホイールなのである意味戦闘機ですよね、でも乗らなくなったら…
自分はクロスも乗らずいきなりロード、目的もあったので今まで続け…てるかな?
色や機材も大事です。あの車種が色が何て思ったら続けるのも億劫になります。
でも実際問題使うかは、自分次第でしょうか?
乗らないと決めたら早めに中古ショップに売っぱらうのも手ですね(笑

ホイールについて

おおーっつ!!
ホイールでかわりますか?

TCRのホイールも感じたことがないですが、かなり重いかもしれませんね!!

こんどクリテリウム初出場するので、課題がたくさん出てくると思います。
ロードバイクっていろんなタイプがあってクライマーやスプリンター、また機材もあるので、可能性がたくさんあるのでたとえ遅くても楽しいです。

ためし履きですか?一旦履いたら購入せねば!!と思ってしまう性格なので、勇気を出してみたいと思います。

クレヨンはかなり戦闘機タイプなんですね!嫁さんはかなり非戦闘型なので、アンカーに心が傾きつつあります。RFA5Wという機種です。

やっぱり色って大事なんですねー!!

中古ショップという手もありなんですねー!!


やっぱりロードバイク、奥が深いです。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

いらっしゃいませっ!

にほんブログ村 経営ブログへ

トマト工業株式会社
管理用

プロフィール

トマト工業マボ

Author:トマト工業マボ
岐阜県関市で建材などの加工と販売などをおこなっている
トマト工業代表のブログです。

明るく元気に!!

岐阜県で一番運がいい!!

平日は仕事
日曜はロードバイク

全く家事ができない父親が

電子レンジを爆発させたり
フライパンから火を出したり
お風呂をつまらせたりと
家族を困らせる日々を綴った
感動のブログ。

キッチンには立ち入り禁止。
冷蔵庫はあけるの禁止。
できる家事は自転車の掃除だけ。

☆愛車GIANT-TCR1・2015
☆中小企業診断士

CustomCategory