記事一覧

武芸川跡部城へ行こう!古城探検第46弾・その1

acp1024P1010007

今回、長男ロードバイク、次男をクロスに載せ、武芸川の跡部城を攻略に行きます。

acp1024P1010008acp1024P1010009acp1024P1010010acp1024P1010011
鮎の瀬橋では下が見えて怖いです。

acp1024P1010013

自転車屋さんで、新型のヘルメットを購入しました。

兄弟げんかの投げ合いでヘルメットが壊れてしまったのです。

acp1024P1010014acp1024P1010016

この橋を降りていきます。

acp1024P1010017

自販機で休憩を取ります。

acp1024P1010019

空は見事に晴れ渡り、涼しい風が体を通り抜けます。

acp1024P1010021acp1024P1010027

バッタを捕まえようと大騒ぎ。

acp1024P1010029

放っておかないと先にすすめません。

acp1024P1010031

武芸川の道の駅に着きました。

ここまで10km程度でしょうか。


acp1024P1010032

おそらく正面に見えるのが跡部城跡だろうと想定しています。

acp1024P1010035acp1024P1010036

地の惣菜が売っています。

acp1024P1010037

acp1024P1010039acp1024P1010040acp1024P1010042

美濃で作っているアイスを購入。

acp1024P1010043

この辺は普通の乾物でしょうか。

acp1024P1010044

道の駅によって色がありますね。

acp1024P1010045acp1024P1010046

地元の花や野菜も。

acp1024P1010047acp1024P1010049acp1024P1010050acp1024P1010051acp1024P1010052

食堂があります。

acp1024P1010053acp1024P1010054acp1024P1010055

美濃市の俵町でつくっているよう。


俵町というのは、美濃の町中になります。

あんなところでアイスを作っているところがあるのかぁ

と感心します。

acp1024P1010058


acp1024P1010060

中をあけるとビニールが入っているので、パカっと開いて・・・食べるシステム。

acp1024P1010062acp1024P1010064

これが武芸川。

中央の川は武儀川です。

acp1024P1010065acp1024P1010066

関の工場参観日やビジネスプラス展でも出展された

”ナガセインテグレックス”さんの工場がここにあります。



acp1024P1010067


跡部城とおもわれる山に向かって走ります。


今回どこにあるのか、ということについては下調べをしておりません。acp1024P1010068

直進していくとなぜか、こんなところに跡部城跡の石碑があります。

普通の団地の一角です。

acp1024P1010070acp1024P1010071

どう考えても城跡というよりは、

城館跡といったほうが正しいと思います。

跡部城は地方豪族の館と思われ・・・

とありますが、この地方の豪族がこのような平地に本城を構えるとはどうしても思われません。


もう一度あの山を調査します。


acp1024P1010079

跡部石碑まえから山を望む。

acp1024P1010081

石碑を直進するとこのような台地にでます。

ここが城館跡だった可能性もあります。

acp1024P1010083acp1024P1010084

まっすぐに道が降りています。

右手の駐車場のあたりが石碑の場所です。

何分団地化されているので、後から人の手が入った可能性もあります。

acp1024P1010086acp1024P1010088

降りつつ左手に折れると正面に山があり、麓にお寺があります。

この麓にお寺というのが山城の鉄板形式です。


この山は、山脈の突端に位置し、武儀川が突端を囲うような形になっています。

acp1024P1010090acp1024P1010095

左手に用水があり、この用水を堀と見立てると、左側が城下、及び城域のようなきもしないでもないです。

acp1024P1010096

土を見ながらウロウロウロウロ。



完全に不審者ですね。

acp1024P1010098


振り返ってみると、堀の外が(勝手に用水がホリになってます。)盛り上がって土塁のようになっています。

まるで山県の大桑城のようです。

実際地理的にも近いですしね。


acp1024P1010102


恵利寺ここから反対側をみると、直線的に道が走っています。

個々が参道および城下を構成する道とも考えられます。


”不審者が悩んでいます。”

acp1024P1010106acp1024P1010107

恵利寺への道。

これは古くからあったと考えられると思います。

acp1024P1010109acp1024P1010111

さて、悩んでもはじまらないので、行動に移します。

acp1024P1010112acp1024P1010114

現在はこのように団地化されております。

acp1024P1010117acp1024P1010118

左手に見えるこの山。

この頂上付近になんらかの遺構が残されている可能性が極めて高いです。

acp1024P1010122

山の麓にでてきました。


右側は武儀川が流れています。

左はかなり切り立った崖であり、

acp1024P1010123

acp1024P1010128acp1024P1010130

前方に見えるような舌状の台地の突端にあります。

acp1024P1010131acp1024P1010132

acp1024P1010135


古城探検と名をつけてんだったら、さっさと入って調査すべきやろ!

というようなご意見もあるかと思います。

しかしながら、この藪の中を子供二人連れて入っていく。

シャレにならないですよ。

勾配がハンパない。

道もないですし。
acp1024P1010139acp1024P1010141

と言う事で周りをウロウロ。

acp1024P1010143acp1024P1010145

振り返ってみると、このように結構形がいいですね。

かなり急激な傾斜が付いていることがわかります。

仮に登るとすれば

山の後ろのもう一つの山とのあいだの谷をわたって尾根に到達し、そこから尾根伝いに登る方向性が正しいかと思います。

しかし、勇気がない。


だいたい、鹿と間違えられて撃たれますよ。


acp1024P1010146acp1024P1010147

突端であり、見晴らしも良いと思われます。

裏手は堀切で区切ってやれば2方向のみに其の防御力を集中できます。


ただし、城といっても砦のようなもので、人員がどれだけ収容できるかは全くの未知数。

そういった意味では、城館跡が本城であり、見晴らし台的な物があったとも考えられます。


acp1024P1010149

さて、気を取り直して市街地に入っていきます。

というか市街地あるのかな・・・

acp1024P1010150acp1024P1010152acp1024P1010154

この武儀川も大変綺麗。

鮎の群れが大量にいます。

acp1024P1010155acp1024P1010157

武芸川町八幡に入り、北をみると大きな参道があります。

acp1024P1010159

どんどんと北上していきますと、

武芸八幡宮の信号があります。

この信号いるのかな。

acp1024P1010160acp1024P1010163acp1024P1010164acp1024P1010165acp1024P1010166

振り返ってみると、ちょうど真南の位置にあの武芸富士(勝手に命名)があるではありませんか?


古来このような形のよい山々は神聖な場所として崇められてきたといいます。

であるならばこの山についても何らかの意図を持っていた可能性もありますね。

acp1024P1010167acp1024P1010169

ここから参道に入っていきます。

acp1024P1010171acp1024P1010172

途中このような祠も

acp1024P1010174acp1024P1010175

山の際を沿うようにして上がっていきます。

acp1024P1010177acp1024P1010180

このカーブをすぎると・・・


acp1024P1010181acp1024P1010184


この場所に。


このあたりから、異様な空気感が漂います。

明らかに樹齢の高い木々が鬱蒼と生い茂っており、昼過ぎだというのに、木漏れ日が夜の明かりのように道道を照らしています。


acp1024P1010186

岐阜県指定史跡

下馬標です。

これは織田信長がここからは馬をおりなさいよ。

とした標です。

右の板ではなく、左の石が実物となります。




acp1024P1010187

門があります。



acp1024P1010189

この岩橋は、大矢田神社でも同じような物がありますね。

acp1024P1010191acp1024P1010193acp1024P1010198

参道門をくぐると樹齢の高い木々がそこら中にあります。


acp1024P1010199acp1024P1010200acp1024P1010205

こういった大木には神様がやどるんやで!

といって聞かせます。


穴を除く子供。

acp1024P1010207acp1024P1010208

向こうの方にひときわデッカイ木が見えます。

acp1024P1010214acp1024P1010215acp1024P1010216acp1024P1010217acp1024P1010219

実際に見てみると其の偉大さがわかります。

樹齢1,000年ということです。

岐阜には、郡上の奥、白鳥町の更にまた奥、福井との県境に石徹白という集落があります。

そこに樹齢1,700年の神木、石徹白の大杉があります。

≫石徹白の大杉についてはこちら

acp1024P1010220

天に向かってまっすぐに伸びる杉、特に1,000年を超えるような杉は神聖化されていたのでしょうか。

acp1024P1010221acp1024P1010223acp1024P1010226

清めます。

acp1024P1010228

さて、そんなこんなで神社を満喫。

素晴らしいですね。武芸八幡宮。



続く。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

いらっしゃいませっ!

にほんブログ村 経営ブログへ

トマト工業株式会社
管理用

プロフィール

トマト工業マボ

Author:トマト工業マボ
岐阜県関市で建材などの加工と販売などをおこなっている
トマト工業代表のブログです。

明るく元気に!!

岐阜県で一番運がいい!!

平日は仕事
日曜はロードバイク

全く家事ができない父親が

電子レンジを爆発させたり
フライパンから火を出したり
お風呂をつまらせたりと
家族を困らせる日々を綴った
感動のブログ。

キッチンには立ち入り禁止。
冷蔵庫はあけるの禁止。
できる家事は自転車の掃除だけ。

☆愛車GIANT-TCR1・2015
☆中小企業診断士

CustomCategory