記事一覧

彦根長浜にサイクリングで行こう!古城探検第42弾・第1回

皆様こんにちは。

ブログを見ている方から夫婦仲を心配されることもありますが、


全く心配ないということをまずもって皆様にご報告せねばならないと思っております。


というか、夫婦の会話が一週間ほとんどありません。

土曜の夜か日曜にたまにイオンなどに出かけるくらい。




こういった家庭も実は多いのではないでしょうか。


こちらは夜が遅いので、ご飯を食べてフロに入って出てくるともう寝てますのでね。


お休みの日曜は子供と一緒に出かけてますので、


会話が多分1週間で15分位。


というわけでたまには、一緒に出かけようということになりました。


行き先は近江彦根であります。


彦根は安政の大獄の井伊直弼が有名でありますが、


元をただせば、徳川四天王とよばれた井伊直政に行き着きます。

P1190475
安政の大獄は試験にもよく出ますが、


その契機となったのは”黒船の襲来”でございます。








この黒船の襲来により、現実的な路線、つまりは日米修好通商条約を結んだわけですが、









これに国内の議論が沸騰します。


この沸騰する議論を抑えるのか、なだめるのか、融和するのか、いろんな方法が考えられるわけでありますが、



そこで取られた方法が融和でもなだめるでもない、弾圧という路線であります。




この弾圧が安政の大獄です。


この大獄によって橋本左内、頼三樹三郎、そして長州の松陰先生こと、吉田松陰が命を落としています。


この中で吉田松陰が残した辞世の句、

 

 

身はたとい、武蔵の野辺に朽ちぬとも、とどめおかまし大和魂



この句が生まれました。


この日本を思う心の純粋な結晶とも言うべき辞世の句や
留魂録などが長州過激派の聖書、バイブルとなり日本を近代国家へとおし上げるのです。



さて、こうした大弾圧、安政の大獄によって


これをもって”井伊の赤鬼”と呼ばれたのでありますが、


これは藩祖、井伊直政が赤備えという朱塗りの鎧に全軍を統一し、敵から恐れられていたことに由来します。




で、この赤備えのルーツが、武田軍にあります。


武田軍崩壊後その優秀な遺臣団を吸収したのがこの井伊直政というわけです。



これは三方原の合戦において武田軍に惨敗した徳川家康がその軍政を積極的に取り入れようとした政策の一貫だと思います。


我々の日本という国を作った近代史は遥か戦国の武田軍までさかのぼっていくことになります。


つまり、日本史というのは、点ではなく、線、もっと言えば面で捉える必要があるということが言えると思います。

そうすればスポンジが水を吸うが如く頭に情報が入りやすく成ると思います。


 


話がそれましたが、彦根や長浜という地は現在の感覚と全くことなり、昔は非常に重要な地点として認識されていたようです。

京都に近く、大阪と名古屋をつなぐ大動脈の戦略上の要衝地であったようです。

織田信長はここから西へ少し行ったところに安土城を造成していましたし、


例えば関が原の前は、豊臣家はここの佐和山に”石田三成”
を配置していました。


そのため徳川家康は一番の出世頭であった井伊家をここに配置したということが言えると思います。


さて、彦根にはロードバイクが借りられるレンタサイクルがあるという情報を




FBI筋から
入手しておりますので、






早速向かいます。











駅前の平和堂アルプラザの1Fにあるレンタサイクルでロードバイクを借りようと思いましたが、早速売り切れてまして、




しかたなくクロスバイクでのサイクリングです。




料金は500円ととってもリーズナブル!

 

 

ここから京橋までは4-500mくらいでしょうか。

 

自転車ならばすぐの距離です。






自分のTCR1は車輪を外し、車に収納してあります。
P1190416
彦根城下の京橋です。

現在夢京橋キャッスルロードとして整備されつつあります。


P1190418

お菓子屋さんに入ります。

P1190420 P1190421

オシャレなクッキーを購入。

P1190423

外は江戸時代のような風情。

P1190424

オリンピアという謎のお菓子があります。


とても美味しそう。

こういう地の食べ物を食べるのが楽しみでありますが、

そうは言っても限りがありますのでね。


ここでスパートはできません。

P1190425 P1190427

ここから彦根城がちら見できます。

P1190428 P1190430

優雅にティータイムです。


P1190431 P1190432

ティータイム後、ここを出まして、城下を散策します。

P1190433 P1190434
夢京橋キャッスルロードを西へ向かいます。

人力車のりばってあったんですね。

P1190435 P1190436 P1190437
道の左右にはいろいろなお店が軒を連ねています。

P1190438 P1190439

さて、ここから四番町スクエアに入っていきます。

スクエアということは長浜スクエアをオマージュしたのでしょうか。

P1190440 P1190441

このようなハイカラの建物があります。

P1190442

夢京橋キャッスルロードが江戸時代なら、こちらは大正時代でしょうか。

P1190443 P1190445 P1190446

このようなおしゃれな店も。

P1190447  P1190449

ひこにゃんが随所にいますね。

P1190450

このような道を軽快に進みます。

P1190451  P1190453 P1190454

グリコミュージアムがあり、入りました。

中にはGIANTカプリコが。


GIANTつながりで買おうと思いましたが、ここで飛ばしては行けない。


そう思ってやめときました。


P1190455 P1190458 P1190459

ひこにゃんグッズのお店。

P1190461

ボックスフリーマッケットのお店。

P1190462 P1190463 P1190464

やっぱり私まぶちも




”インテリアのまぶち”


または


”インテリメガネ”



はては




”メガネゴリラ”


などと呼ばれているわけで、黙って見過ごすわけには行かないですよね。

P1190465 


このような飾りもあります。



P1190466

アロマでしょうか。


絵になりますねぇ・・・

P1190467

彦根城が見えます。

P1190468 P1190469 P1190470

P1190471

子供向けもあります。

P1190472


嫁さんの自転車はレンタルのクロスバイク。

マークローザとロゴがあります。



持ってみると非常に重いです。

17-18kgでしょうか。


ママチャリと重さは変わりませんね。
P1190473 P1190474

正面に鎮座しているのが井伊の赤鬼。


井伊直政公の鎧でしょう。

P1190475 P1190476 P1190477 P1190478
さて、ここから湖の湖岸道路を通って長浜に向かいます。

P1190479 P1190480

北へ向かいます。
 P1190482 P1190483

学校の通りを通ります。

P1190484

正面からは潮風に似た風が吹いています。

P1190485 

彦根城を見ながら・・

P1190487 

カインズホームに到着。

変わったエスカレーターがありますね。
P1190488 P1190489

もちろんこのコーナー。
P1190490


P1190491

さて、ここから本格的なサイクリングです。

ヘルメットを忘れてしまったので、今回はやむなくノーヘル。
P1190492 P1190493  P1190495 

雑木林の中をさっそうと駆け抜けます。
P1190497 P1190498

やがて琵琶湖が見えてきました。

スピードは13km/Hと非常に遅いですが、

嫁さんのバイクが重いのと、最初なので仕方ないか・・という感じ。



P1190499 P1190500 P1190501    P1190505

湖岸とTCR1

P1190506 

さっきのクッキーを頂きます。

P1190507 P1190508

おしゃれな洋館

P1190509 

ワーゲンバスがあります。

式場でしょうか。


 P1190512

歩道が広く、自転車道と歩道がわかれてますので、非常に進みやすいです。

P1190513

右手には佐和山。

P1190514 

長浜の前に米原がありますのでそこに向かいます。

>>第2回へ続く。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

いらっしゃいませっ!

にほんブログ村 経営ブログへ

トマト工業株式会社
管理用

プロフィール

トマト工業マボ

Author:トマト工業マボ
岐阜県関市で建材などの加工と販売などをおこなっている
トマト工業代表のブログです。

明るく元気に!!

岐阜県で一番運がいい!!

平日は仕事
日曜はロードバイク

全く家事ができない父親が

電子レンジを爆発させたり
フライパンから火を出したり
お風呂をつまらせたりと
家族を困らせる日々を綴った
感動のブログ。

キッチンには立ち入り禁止。
冷蔵庫はあけるの禁止。
できる家事は自転車の掃除だけ。

☆愛車GIANT-TCR1・2015
☆中小企業診断士

CustomCategory

フリーエリア