記事一覧

本城山・小野城へ行こう!最期の挑戦編・古城探検第33弾・2/4

seki3-1000BBP1160060 
これが名物椿回廊トラバースです。

    




seki3-1000BBP1160067 seki3-1000BBP1160068

急勾配となって右下に落ち込んでいます。
seki3-1000BBP1160069

seki3-1000BBP1160070

50Mは下に落下しそうです。


seki3-1000BBP1160071


写真に取ると立体感がありませんが、迫力のある勾配です。

seki3-1000BBP1160072

今きた道を後ろ向きに撮影しています。

seki3-1000BBP1160073 seki3-1000BBP1160074 

落ち葉が堆積し、あたかも道のようになっている箇所がありますが、

上部から水が滴り落ちているため、道がぬかるみ、前回はそれにハマってしまいました。


今回は、杖を使って落とし穴をさぐりつつ進みます。

seki3-1000BBP1160076 seki3-1000BBP1160077

第一椿回廊をこえると

第二椿回廊があります。


前回の神滝入り口に関しては、ここを直進し、印に反って山を横断します。


seki3-1000BBP1160078 

山の至る箇所に

このようなマーキング

があります。



これを頼りに進んでいきます。


seki3-1000BBP1160079

この奥は谷になっており、前回ここまで来て道をロストしてしまった苦い経験があります。

 
seki3-1000BBP1160082

写真ではわかりにくいですが、谷川が流れています。

向の木に赤いマーキングがしてあります。

つまり谷をわたってもう一つの尾根を目指せ!


そういうことだと理解しました。

seki3-1000BBP1160083

このこれより椿回廊←というカンバンはおそらく高沢古道方面から来る人を誘導するためのもので、

これはムシしなければならないとそう理解しました。

理解しただけで、正解とは限らないので、一抹の不安を残しつつ尾根に向かって登っていきます。


seki3-1000BBP1160084
はっきりとマーキングがあります。

しかし矢印はこちらがわを向いております。


反対方向を向いておりますが、道はしっかりとついており、

この前に進む道があることを明確に規定しています。

seki3-1000BBP1160085

八神コースという印を見つけました。

間違いありません。


  seki3-1000BBP1160088

今度はもうひとつのやま、つまり本城山の本山を登っていく格好になります。


seki3-1000BBP1160089

巨大な岩盤が現れ始めました。

中世の山城はチャートと呼ばれる岩盤を削りだして石垣をつくったり天然の要害としたケースが多いです。

そのためしっかりと頂上に近づいている。


我々はそう確信しました。

seki3-1000BBP1160091

このあたりになるとしっかりと道があります。


seki3-1000BBP1160092 

ついに見つける事が出来ました。

頂上近道です。

直進すると大手道コース。

つまりこの辺りが美濃市と関市の間ということになります。


seki3-1000BBP1160095

直進のコースは若干下るような勾配

逆に近道コースは左手に折れるコースで、若干登るような勾配。


もちろん近道を選びます。
seki3-1000BBP1160096

この道を、いや未知を通っていきます。
seki3-1000BBP1160098

通ってきた道をパチリ。


 
seki3-1000BBP1160100 seki3-1000BBP1160101

尾根に到達すると頂上には大きな山肌が見えました。


これは明らかに人為的に尾根筋を切断しています。


これがいわゆる堀切です。


城郭用語解説はこちら





これは相当大型な堀切です。

縄張り図をみるとまだかなり城の東端に近い位置であり、その突端でこれだけ大きな堀切が有るのは

相当な規模を有している。

ということになります。



この辺りは大型の杉林になり、風向きがぐっと変わりました。

山城頂上特有の吹き抜けるような風が流れています。



鳥肌がたつ。





という表現は遠いかもしれませんが、



恐ろしく巨大な規模の山城であることは明白です。








第3回に続く

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

いらっしゃいませっ!

にほんブログ村 経営ブログへ

トマト工業株式会社
管理用

プロフィール

トマト工業マボ

Author:トマト工業マボ
岐阜県関市で建材などの加工と販売などをおこなっている
トマト工業代表のブログです。

明るく元気に!!

岐阜県で一番運がいい!!

平日は仕事
日曜はロードバイク

全く家事ができない父親が

電子レンジを爆発させたり
フライパンから火を出したり
お風呂をつまらせたりと
家族を困らせる日々を綴った
感動のブログ。

キッチンには立ち入り禁止。
冷蔵庫はあけるの禁止。
できる家事は自転車の掃除だけ。

☆愛車フォーカス カヨ2017
☆中小企業診断士

CustomCategory

フリーエリア