記事一覧

本城山・小野城へ登ろう!古城探検第32弾・1/3

連休初日の日曜日は、オギウエサイクルさんに自転車のメンテに行ってきました。

ギアが外れるのと、変速の調整です。

購入する前に、ワイヤーなどが初期のびをするのでメンテに持ってきてね。

と言われてましたので、早速もちこむことに。


自分でやってみましたが、どうしてもうまくいかないので、

各務原に持ち込みました。


ロードバイクはクイックリリースという車輪を簡単に外す装置が付いているので
ものの5分で解体でき、車に積み込みができます。


1000542P1150663

※TCR1と関市安桜山城跡を望む



各務原の市役所の近くに自転車屋さんがありますが、ここで車からおろし、家族と別れます。

3km離れた各務原インター近くの各務原イオンに行きました。


組み立てなおして店内にはいります。


1000542P1150657

あれほど苦労していた変速調整ですが、オギウエさんでものの10分ほどで修理完了です。


通販でなく店舗で購入しましたので安心です。

店からイオンへと向かいます。


変速もスッパスパきまり、悩みが嘘のようです!



通勤と違い、暖かいので、スピードもぐんぐん乗ります。


イオンで家族と合流。


子供のメンドウをみて、ここから家に帰ります。

家までは約20kmあります。


各務原から関は坂がとにかく多く、トンネルの前で足がつりかけて
そこからはゆるゆると帰りました。

朝にもでかけたので
帰りにコンピュータをみると約30km走った計算になります。


思えばこのTCR1もかなりの箇所を改造していますので、愛着もひとしおです。

1000542P1150659AA


連休2日めは山登りです。


実は前回、同じ山に挑戦しましたがあえなく敗退して帰ってきてますので、まずはその報告から。



関は小野の本城山です。

MINO640BBP1130881


中央のコレです。

遠くから見ると如何に雄大かがわかりますね。




シーダーヒルズカントリークラブの奥にあります。

 

標高423m,比高差約300m超の大山でございます。

ここに四角形の本堂がありますので、

1000542P11505621000542P1150564

あぜみちを行くと、登山口の案内があります。


1000542P11505651000542P11505671000542P11505681000542P11505701000542P1150571

頂上までの案内があります。

頂上までは3270歩ということです。

1000542P1150574

 

最初は道がしっかりとしており、わかりやすいです。

1000542P1150576

どんぐりを拾いながら上に登っていきます。

 

1000542P1150578

入ってすぐにこの表示があります。

 

1000542P1150581

杉林の中をあるいていきます。

 

1000542P11505831000542P1150584

 

らくらくコースという名前の表示がありました。

 

1000542P11505861000542P1150590

すぐに尾根道に到達します。

このあたりが一番道がよいでしょうか。

 

1000542P11505921000542P1150595

 

とおもったのもつかの間、シダの群生地に入っていきます。

 

1000542P11505961000542P1150601

群生地をぬけるとうっすらと道が見えてきます。


1000542P1150604

毎度おなじみトトロ道です。

かがみながらくぐっていきます。

1000542P1150605


標識があって一安心…


と思いきや、表示が消えてしまっております。



1000542P1150608


道のようで道でないような道を上がっていきます。

杖が必須ですね。

1000542P1150611

このような急勾配を上がっていきます。
1000542P1150613

ロープが張ってあります。

人為的な物を見るとホッとしますね。


かなり標高を稼いでいるはずですが、なかなか尾根に到達シません。

1000542P11506151000542P1150617

お菓子休憩をはさみながらずんずん登っていきます。

 

このお菓子で


笛はこうやって吹くんやで!

といって試すと

フーフーという音しか出ません。

喘息の方がまだ良い音を奏でますね。

1000542P1150619

上部に向けて上がっていきます。

道はうっすらとありますが、獣道なのか、何なのか、判別がつきません。

1000542P1150621

相当比高を稼いできたので、向こうに山々が見え始めました。
1000542P11506231000542P11506241000542P11506251000542P11506281000542P1150629

この第二の尾根に入ってからがまた訳の分からない道が続いていきます。





第三の尾根でしょうか?

ここから細い道をさらに進んでいきます。


1000542P11506311000542P1150633


林の向こうに本城山が見えてきました。

1000542P1150636

この岩が一つの目印でしょうか?


1000542P1150639


このようなマーキングがあります。


1000542P1150641

また第四の尾根に到達すると中間ポイントという休憩箇所がありました。


しかしここからがこの山の本当の怖いところで


”椿回廊”


となづけられたトラバース(斜面横断道)

が恐怖です。








おいおいおい、ヤバイってこれ!!






ということで



足場が20cm程度で、急勾配が続く道が延々と続いています。

堆積する落ち葉が緩い足場をさらに危険なものとしているので一旦引き返すことにしました。


安全には変えられないので…・

1000542P11506441000542P1150647

落ち葉の滑り台のように非常に危険です。


危険度でいえば下りの方が大きいのではないでしょうか?

 

 


リベンジを誓い、ここを後にします。



1000542P1150650


 

第二回に続く…

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

いらっしゃいませっ!

にほんブログ村 経営ブログへ

トマト工業株式会社
管理用

プロフィール

トマト工業マボ

Author:トマト工業マボ
岐阜県関市で建材などの加工と販売などをおこなっている
トマト工業代表のブログです。

明るく元気に!!

岐阜県で一番運がいい!!

平日は仕事
日曜はロードバイク

全く家事ができない父親が

電子レンジを爆発させたり
フライパンから火を出したり
お風呂をつまらせたりと
家族を困らせる日々を綴った
感動のブログ。

キッチンには立ち入り禁止。
冷蔵庫はあけるの禁止。
できる家事は自転車の掃除だけ。

☆愛車フォーカス カヨ2017
☆中小企業診断士

CustomCategory

フリーエリア