記事一覧

美濃小倉山城へ行こう!古城探検・第28弾・まち歩き編・第1回

さてさて久々の古城探検です。

 

 

 

 

葉加瀬太郎エトピリカにのせて。

今回は、嫁さんの美濃のおばあちゃんに、

バームクーヘンを届けにいくというミッションでございます。

4902220411221top

若干見た目がしょぼめですが、とても美味しいと評判なのです。

4902220411221BG

MINO-800bP1120273

 

下の子はチャイルドシートに載せます。



関から来たよ!

と脅かすために今回はノーアポイントメントでございます。

MINO-800bP1120274

見てください。この天気。


頭の中と同じで、なにもありません。


”本日も晴天なり”

でございます。


ルートはこういうルート。

行きピンク色

帰りブルー色

tizuminosekilajka

MINO-800bP1120275 

関市街を抜けて裏にでました。

関でも市役所のある当たりは、開発されておらず、農道がひろがります。



MINO-800bP1120277 MINO-800bP1120278 MINO-800bP1120280
雲ひとつない快晴でございます。



MINO-800bP1120282 MINO-800bP1120283
市役所から関テクノハイランドに抜ける道は歩道が大変広く整備されております。


MINO-800bP1120284 
関下有知方面を望んでいます。


美濃市はいまだに”みのまち”と呼ぶ人が多く、


旧上有知という地名があることから、関の下有知と本当は対になっていたと思います。


この美濃市は旧合併の際に、関と合併することを良しとせず、独立の道を歩みました。




非常に独立気風が強く、地元愛が強いことでも有名です。

 

 


美濃市民が





”今年行く?”




というのは、




”今年(は美濃祭り)行く”



の略であり、




行くことは当然として、





広義では



”今年(は美濃祭り何時に)行く?(一緒に行かない?)”



という意味なのです。





僕達旧武儀町民は、帰るべき地名がなくなりました。




美濃は旧地名であり、


地名に誇りを持って、



これからも独立気質を持ち続けてもらいたいと思います。





そんな誇り高き、美濃市に



いや、



美濃まち

に向かって


汗をかきかき、


必死にペダルを回します。



 MINO-800bP1120286    

ここが関テクノハイランドの道になります。


自動車で来た時には気づきませんが、大層な登りになっていることに気付かされます。



 MINO-800bP1120291

関市は、人口約10万と少ないながらも、世界的な刃物産地であり、
事業所数岐阜県で2位ということで非常に産業が盛んな地域でもあります。


また自動車、刃物、金属、木工とその幅も広いことでも有名です。

美濃市は美濃和紙に代表される古の産業群と観光資源があり、近代的な関とは一線を画しています。


武儀町民からするとどこかやっぱり、格式の高い感じがしますね。




ビジネスプラスイン関の懇親会で、

下呂は金山の会社の専務さんと話して熱くなったのは、

金山も下呂と合併して
町民ではなく市民になったからです。

それぞれ地域の誇りを持って、仕事をしている。


そんな気がしました。少し。



MINO-800bP1120293  

登坂が結構キツイです。

 MINO-800bP1120297 MINO-800bP1120298 MINO-800bP1120299
公園で補水しますが、

いつも巨大噴水になるので、皆で止めにはいります。


頂上に登ると信号があり、ここを左手に曲がるとすぐに美濃市です。

くだり坂が続くので、ブレーキをしながら降りていきます。


会社帰りは、坂道を降りるとき、時速56kmを出したことは家族には内緒です。

MINO-800bP1120318 
東海北陸自動車道の高架下まで来ました。

MINO-800bP1120321

ここが美濃インター下のドライブインです。

サピーショッピングセンターとオークワがあり、新美濃市街といったところでしょうか。

雄大な郡上連邦がそびえ、空気も心なしか綺麗な気がします。

抜けるような青空でチーズピザたべたいです。
MINO-800bP1120322

MINO-800bP1120323
売店があるのでよってみます。

MINO-800bP1120319    MINO-800bP1120324 MINO-800bP1120326
MINO-800bP1120327


これが美濃が誇る、美濃和紙群です。

 MINO-800bP1120329

アイスを取り合うの図。


写真を撮っているのでいませんが、普段は3人がかりです。

アイスをひとつ買って皆で分けて食べます。



MINO-800bP1120330 
これが本物の刃物です。

海外製の安物とはわけが違います。

光り方が違いますね。

MINO-800bP1120331

日本刀もあります。

 
MINO-800bP1120332 MINO-800bP1120333
ゴム鉄砲もあります。


改めていろんな場所を見ると地元地元の名産があってとてもおもしろいです。

MINO-800bP1120334 

サピーの道を直進すると良いという情報をゲットし、そこから北上していきます。

  MINO-800bP1120337    

約1-2km直進道路がつづきます。


大きく深呼吸をし、おばあちゃんの家に向かいます。

MINO-800bP1120344

郡上へ抜ける主要道の裏手にあたりますが、結構車が多いです。

横をビュンビュンと車が通り抜けます。

MINO-800bP1120345


中央が美濃市役所であり、

その左の小高い丘が小倉山、ちょこんとあるのが小倉山城展望台。


美濃市役所の右手の皿をひっくりかえしたような山が


鉈尾山城です。



美濃の古城山として有名です。



 

  MINO-800bP1120348
突き当たって右に折れると八幡神社に到着です。

 MINO-800bP1120351

ここから市街に入ります。


ひたすら坂がつづきます。

 

結構アップダウンが強いことに驚かされます。


美濃という町が小倉山城を中心とした小高い丘にあるという事実がわかります。

 

MINO-800bP1120352 

石塔の真上が小倉山城展望台にあたります。


ここから山を下って、

サークルケーに入り、ついたら皆で食べようとおにぎりとお茶と、いろんなものを買って

向かいます。



美濃の曽代に入り、おばあちゃんの家に付きました。



遠路はるばる14KMの道のりを小学生と保育園の孫がやって来ました!






しかし、






”おばあちゃんがいません。”






ここで痛恨の戦略ミス。


80を超えるおばあちゃんの行動力をなめてました。




三人でしょぼしょぼおにぎりを食べます。






今回初の衝撃でしたが、



きっと気持ちは伝わると思います。




バームクーヘンを軒先に置いて出発します。

  MINO-800bP1120355                                                MINO-800bP1120361

 

曽代から
小倉山城と美濃橋を見ています。



このロケーションは

この美濃を象徴する景色と言えます。

MINO-800bP1120362 

ここからトンネルを抜けて武義高校の上を通りました。




ここも相変わらず、激坂区間であり、


ヒーハー言いながら登っていきます。

  MINO-800bP1120365 

ここが母校武義高校です。

武儀町と武義高校は同じに見えますが、


漢字が違います。
にんべんが有る方が町であり、義理人情の義が武義高校です。


武義高校があるのが美濃市になります。


もう訳がわかりませんね。


 MINO-800bP1120368

こうした奥の細道的な感じも美濃市の良さです。

武義高校から美濃市街へ自転車で降りていきます。

ここも坂、あそこも坂でございます。

MINO-800bP1120369 
次回はいよいよ美濃市街と小倉山城になります。

 tizuminosekilajka.png


第二回はこちら

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

いらっしゃいませっ!

にほんブログ村 経営ブログへ

トマト工業株式会社
管理用

プロフィール

トマト工業マボ

Author:トマト工業マボ
岐阜県関市で建材などの加工と販売などをおこなっている
トマト工業代表のブログです。

明るく元気に!!

岐阜県で一番運がいい!!

平日は仕事
日曜はロードバイク

全く家事ができない父親が

電子レンジを爆発させたり
フライパンから火を出したり
お風呂をつまらせたりと
家族を困らせる日々を綴った
感動のブログ。

キッチンには立ち入り禁止。
冷蔵庫はあけるの禁止。
できる家事は自転車の掃除だけ。

☆愛車GIANT-TCR1・2015
☆中小企業診断士

CustomCategory

フリーエリア