いらっしゃいませっ!

にほんブログ村 経営ブログへ

トマト工業株式会社
管理用

プロフィール

トマト工業

Author:トマト工業
岐阜県関市で建材などの加工と販売などをおこなっている、トマト工業の社長のブログです。

明るく元気に!!

岐阜県一運がいい!!

顔が長い?&声が高いので、すぐにわかると思います。
極度の方向音痴、運転音痴をなくすため、日々努力?中です。
みなさまの会社に訪問した際は、どうぞよろしくお願いいたします。

得意技:和田・ワタナベ式記憶術


☆中小企業診断士

☆販売士講師・1級

☆1級防水施工技能士(FRP防水)

☆岐阜県優秀防水施工技能士(FRP防水)

☆1級文書処理検定・全情協

☆1級パソコン技能検定

☆中部FRP技工研究所技術指導員

などなど


どうしても緊急の場合は、24H受け付けております。
眠ってたらごめんなさい!
090-1833-0454マデお気軽にどうぞ!!

最新記事

月別アーカイブ

CustomCategory

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Web page translation

人気ページランキング

人気ページランキング

人気ページランキング
人気ページランキング

フリーエリア

RSS

?ケイカル板について

トマト工業では、木質系の他にケイ酸カルシウム板を販売、加工しています。

 

ケイ酸カルシウム板はケイカル板と呼ばれています。

 

建築関係に携わる方ならよく知っている物ですが、一般的には

あまり知られていません。

 

石膏ボードのようなイメージの物ですが、石膏ボードとの最大の違いは、

水に強いということです。

 

石膏ボードは石膏を原料としているので、水を吸いやすく、水を吸収すると

ぼろぼろになります。

 

両側に紙が貼ってありますが、その紙がなくなれば、非常に脆い性質の物です。

 

石膏ボードはその代わり、安価で非常に加工しやすいという特徴を持っています。

 

ですので、ケイカル板は主に、外気にさらされる軒天【屋根のひさし】や、水かかりのするキッチン、厨房などの内装材に使用されます。

 

また不燃材料ですので、防火下地などにも使用されています。

 

 

 

最近はトステム、タマホームなどの体力面材としてモイスという商品がかなり出ているようです。

ダイライトなどの耐力面材に変わる材料で、ケイカル板の類似品といえます。

 

ではこの材料はどのようにできるのでしょうか?

 

ケイ酸カルシウム板のできるまで。

 

ケイ酸カルシウム板はケイ酸カルシウムの粉体をドロドロに攪拌します。

大きな網のついたローラーに、薄い層に巻き取り、作りたい厚みまで層を重ねていきます。

【層間剥離しやすい原因の一つがこの層で作っていくということです。】

 

その後、オートクレーブというカマに入れて【ピザのイメージ】200度?くらいの熱で水分を飛ばして乾燥させ、製品を取り出します。

 

任意の厚みになるまでワイドベルトサンダー【ヤスリの大きいバージョン】で削り出し、厚みを整えます。

または、安価なタイプですと、プレス圧着【上下から重量をかけて厚みをそろえます。】で厚みをそろえることがあります。

 

表面の平滑製はサンダー品の方がありますが、細かいサンディング筋ができています。

 

こうしてケイカル板ができあがります。

 

 

トマト工業とケイカル板

 

木質系の加工屋さんはとても沢山あります。

加工大手さんが近くにいますが、毎年数千万という投資をし続けて高速化、効率化を図っています。

トマト工業の規模ではとてもじゃないけど、ついて行けないです。

 

トマト工業は加工大手さんができない分野をこれからのばしていこうよ。

ということでこちらの方に特に力を入れています。

 

ケイカル板やフレキシブルボードなどはアルカリ性が強く、木工加工屋さんは刃や集塵、は材の問題で非常に困った顔をされます。【ホームセンターでもケイカルや石膏ボードは機械を使えず、カッターナイフをお貸しします。とのこと】

 

トマト工業はそこがとても得意分野です。

 

加工大手さんにできない、小ロット、短納期、そして不燃材料

これがトマト工業の生きる道です。

 

トマト工業 ケイカル板・フレキシブルボード・不燃建材加工はこちら

 

 

FC2 Management
  web拍手 by FC2
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す