記事一覧

信長の安土城へ行こう!古城探検第27弾・第2回

27弾・第一回はこちら


さて第二回は駅前で自転車をレンタルし、いよいよ安土城方面に向かいます。

すでに昼なので、食堂があるという信長の館方面に向かいます。

 

P1110789

赤丸で囲ってある□

の左上の手の部分がちょうど駅前にあたります。

そこから真下方面に降りると信長の館にあたります。

ここが観音寺城方面になります。

そこから右に折れると琵琶湖方面になり、安土城があります。

さて駅前から元気に出発。

途中地下通路を通っていきます。

   P1110790

地下通路の後は、地下トンネル。

P1110792 P1110793

ここから少し言ったところの信号を左手に折れていきます。

P1110796 

道路は色分けされ、巾も広いのでサイクリングにはうってつけです。

P1110799 

雄大な観音寺城跡をたのしみながら農業道路を走ります。

 

P1110801

サイクリング道から安土山を望む。

P1110800

右奥の建物が安土考古学資料館、および信長の館です。

P1110811 

レストランに着きました。

P1110812 P1110813 

店内は広く、採光してあるので、明るいです。

ここではかけうどんをいただきました。

P1110809

正面が信長の館です。

今回は、ここはスルーして安土城に登ります。

P1110818 

P1110820 

途中、自転車で川沿いを進み、高架下をくぐり、いよいよ安土城跡に着きました。

P1110824

 

P1110831

休憩所があり、ここに自転車を置きます。

上に地図がありますが、

右の赤枠が安土、

左が近江八幡です。

資料館の地図では、信長の時代、安土山の先がすでに琵琶湖だったので

琵琶湖が大きく後退して陸地になっていることがわかります。

P1110843  

ここらは根小屋と呼ばれる城下の城館跡地です。

P1110847   

ここで驚くのが

”極めて大きい巾の通路”

ということです。

なぜこのような巾の広い通路を作る必要があったのか?

ミステリーですね。

P1110842

 

第3回はこちら 

 




関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

いらっしゃいませっ!

にほんブログ村 経営ブログへ

トマト工業株式会社
管理用

プロフィール

トマト工業マボ

Author:トマト工業マボ
岐阜県関市で建材などの加工と販売などをおこなっている
トマト工業代表のブログです。

明るく元気に!!

岐阜県で一番運がいい!!

平日は仕事
日曜はロードバイク

全く家事ができない父親が

電子レンジを爆発させたり
フライパンから火を出したり
お風呂をつまらせたりと
家族を困らせる日々を綴った
感動のブログ。

キッチンには立ち入り禁止。
冷蔵庫はあけるの禁止。
できる家事は自転車の掃除だけ。

☆愛車フォーカス カヨ2017
☆中小企業診断士

CustomCategory

フリーエリア