記事一覧

揖斐城へ行こう!古城探検!第18弾・西濃の一大山城・第3回

さて前回は少ししんみりしてしまいましたが、

今回はいつものペースで行きたいとおもいます!

 

南の丸に登ったところが前回でしたが、

 

ibijou

 

 

ここから切岸を通って本丸に行きます。

 

本来であれば右手に道があるのですが、今回は左手の整備された道を行きます。

a-640P1070089

 

切岸から上がってきたところです。

大変広い本丸跡地になります。

 

風がビュウビュウ吹いており、ひのきが楽しそうに揺れています。

 

a-640P1070092

揖斐城本丸跡になります。

a-640P1070095

本丸から望む揖斐の集落

a-640P1070097

枡形虎口跡です。

見事なクランク形状が残存しております。

a-640P1070099

堀切と土橋です。

左側はスプーンでえぐりとったように、掘削してあり、下まで続いています。

竪堀となっております。

a-640P1070101

 

つまり本丸への通行を遮断するため尾根をえぐり取り、

更に土橋をかけ、入り口をます形虎口としているのです。

ということはこちらが大手方面ということになります。

 

我々が登ってきたのが裏口方面であろうという推測が成り立ちます。

 

a-640P1070108

名古屋方面を望む遠影

a-640P1070109

アップにすると名古屋都心のツインタワーがよく見えます。

 

a-640P1070115

堀切が竪堀となって下まで続いていることがわかります。

 

ここから二の丸、三の丸、そして太鼓櫓とよばれる出丸跡まで進んでいきます。

 

a-640P1070121

二の丸も大変広い形状があります。

a-640P1070131

 

三の丸にはベンチがおいてあり、景色が良いです。

a-640P1070134

出丸跡です。

 

a-640P1070140

出丸から見る大垣、関ヶ原方面

a-640P1070141

出丸跡です。

 

太鼓櫓と呼ばれていたらしいですが、よく考えると

 

二の丸、三の丸からは凸形に出っ張っている形状が太鼓のようだからでしょうか?

a-640P1070150

山裾には赤い屋根の小学校がありますが、この入口が三輪神社です。

ここから約30分にわたって山を登るとここまで到達します。

a-640P1070151

ちょうど正面が南の丸跡になります。ここから尾根伝いに三の丸まで行くことができます。

a-640P1070153

山の頂上部に当たりますが、

尾根が綺麗に削平されているのがわかります。

 

a-640P1070154

途中大木が根っこごとひっくり返っておりました。

 

珍しいので写真をパチリ。

 

 

この後麓の揖斐歴史資料館に向かいます。




揖斐城編・第4回はこちら
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

いらっしゃいませっ!

にほんブログ村 経営ブログへ

トマト工業株式会社
管理用

プロフィール

トマト工業マボ

Author:トマト工業マボ
岐阜県関市で建材などの加工と販売などをおこなっている
トマト工業代表のブログです。

明るく元気に!!

岐阜県で一番運がいい!!

平日は仕事
日曜はロードバイク

全く家事ができない父親が

電子レンジを爆発させたり
フライパンから火を出したり
お風呂をつまらせたりと
家族を困らせる日々を綴った
感動のブログ。

キッチンには立ち入り禁止。
冷蔵庫はあけるの禁止。
できる家事は自転車の掃除だけ。

☆愛車GIANT-TCR1・2015
☆中小企業診断士

CustomCategory