記事一覧

揖斐城へ行こう!古城探検!第18弾・西濃の一大山城・第2回

 

さて第二回はいよいよ揖斐城へ登っていくルートです。

 

s-640P1070002

中腹に存在する

城台観世音菩薩像がありました。

なにか立派なお寺なのでしょうか?

優しい表情で城下を見下ろしています。

 

s-640P1070005

 

城台公園として整備され、展望台が各地にあります。

桜がとても綺麗です。

 

美濃の守護の弟 土岐頼継が城主のこのお城。西濃全体を見渡すその遺構とはどのようなものでしょうか?

 

ここで一句。

変わりゆくとき(土岐)とおなじく散る桜 変わらずいるは とわの山城

 

駄句でございます。

 

しかしながら人っ子ひとりいません。

 

s-640P1070014

ここでお参りをして、さらに一心寺に登っていきます。

 

s-640P1070016

 

一心寺です。

桜が大変きれいです。

 

ここでパチリ。

s-640P1070020

1眼レフで撮ったのですが、相変わらずのこのクオリティー

ピントが電柱にあっています。

素材を台無しにすること山の如しでございます。

10003526689

 

 

さて気を取り直して主郭に向かいます。
こんな時は音楽をかけましょう。

s-640P1070021

気を取り直してさらに進みます。

 

s-640P1070023

のぼり立ての頃は

この450mに驚いていましたが、

山口城の1,200mや松尾山の1,400mに比べれば大したことはありません。

 

s-640P1070024

威勢よく飛び出したものの傾斜が強く

すぐに息切れします。

 

s-640P1070037

道自体は大変よく整備され、歩きやすいです。

s-640P1070043

 

木の間から町並みが見えます。

 

上に行くほど風が強いです。

人間社会と同じでしょうか?

 

 

 

子供2人をつれているのですが、あるくスピードがそれぞれ違うので、なだめすかしながらスピードを調整します。

 

 

どちらが自分と手をつなぐかでいじけるの図。

s-640P1070046

 

チラっ!

s-640P1070047

 

3人で笑いながら、ぐずりながら、這いつくばりながらの登山です。

 

 

こんなくだらない冒険にこうしてついてきてくれるのもあと何年かわかりません。

 



なぜだか、すこしウルウルきているおじさんがひとり。

 

 

s-640P1070051

そんなこんなを乗り越え、ようやく主郭下であろう急傾斜に。

 

主郭の下が一番傾斜が強いはずです。

とすれば尾根はもうすぐ。

s-640P1070055

 

どうやら尾根部に達した模様。

 

奥の看板に

城跡

→井戸

 

という看板が見えました。

s-640P1070073

 

ここが主郭下の南の丸でございます。

 

s-640P1070075ibijou

看板にわかりやすく文字を入れてみました。

左下から登ってきており、現在が南の丸跡にいます。

 

本丸下は切岸(斜面を削って角度をつけています。)にしてあり大変登りづらいのがわかります。

 

今回は大手(正門)道ではなく搦手方面から登ってきたことがわかります。

 

 

今回はここまで。次回に続きます。

 






>>つづく・第3回はこちら








関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

いらっしゃいませっ!

にほんブログ村 経営ブログへ

トマト工業株式会社
管理用

プロフィール

トマト工業マボ

Author:トマト工業マボ
岐阜県関市で建材などの加工と販売などをおこなっている
トマト工業代表のブログです。

明るく元気に!!

岐阜県で一番運がいい!!

平日は仕事
日曜はロードバイク

全く家事ができない父親が

電子レンジを爆発させたり
フライパンから火を出したり
お風呂をつまらせたりと
家族を困らせる日々を綴った
感動のブログ。

キッチンには立ち入り禁止。
冷蔵庫はあけるの禁止。
できる家事は自転車の掃除だけ。

☆愛車フォーカス カヨ2017
☆中小企業診断士

CustomCategory

フリーエリア