記事一覧

松尾山城(長亭軒城)へ行こう!古城探検第16弾・決戦関ヶ原第二回

花粉になやまされる毎日にスギ林にいくこと。



それは雪山に裸でいくようなものです。




 

よく涙で前が見えない・・・

 

といいますが、

起きた瞬間に目ヤニで前が見えない・・・

 

そんな状態です。

 

 

さて第二回の決戦関ヶ原松尾山城への登山になります。

 

今回の登山は登城口から約40分、距離にして1,400mを数えます。

 

P1060774

山城にしては珍しく大変歩道幅が広いです。

 

2人分は優に登れるということは、家族でのハイキングに適している。ということです。

 

ハイキングとこの山城探索とは

いわば

カレーとライス

 

いわゆるライスカレーの・ようなものです。

 

カレーライス=山城探索

ここは試験にでるところでしょう。

 

 

P1060777

P1060782

登山口を歩くこと約10分でこの分岐まできます。

ここから30分で頂上に行くようです。

さすがは東海自然歩道。

道が素晴らしく整備されており、全くストレスがありません。花粉をのぞいては・・・

P1060787

どっしりとした杉や檜の大木。

東海自然歩道も良いですが、伐採してほしくもあります。

 

 

歩道をずんずん歩きます。

 

 

P1060795

途中、ダイナミックに杉が倒れています。

P1060791

P1060798

巨大な土橋のような場所で記念写真を撮りました。

 

大きくU字にカーブしており、下まで優に30mはあります。

 

この土橋から少し行くと急な傾斜があり、そこが本丸跡地になります。

 

P1060800

 

最期の傾斜です。

 

P1060904

右手に見ています。

ここに竪堀があります。

 

ここは一の丸跡です。

 

 

P1060806

 

本を見ながら登っていく最中に、ツアー客と思しき集団を見かけました。

みんな縄張り図を身につけていましたので、リーダーと思しき人に

 

ここはこの地図のどこにあたりますか?

 

 

と聞くと、その方が

 

ここはこの登山道にあたり、そこを左にいくと大きな竪堀(たてぼり)が見えますよ!

 

と教えてくれました。

 

さらに話を聞くと

なんと持っている本の著者の方でした。

 

なんと

 

 

 

なんと

 

 

 

山城界のクリスチアーノ・ロナウドこと

滋賀県立大教授・中井均先生です。

511wM4HZZxL._SS500_

サンライズ出版 中井均先生著 山城 ベスト50を歩くシリーズ

 

素晴らしい先生にお会いできて、本当に感無量でした。

 

みなさんありますでしょうか?

本を持って歩いて、著者にあうことが!

 

やっぱり

”持ってます”

20130325_minti1

 

お金はもってないですが・・・

 

 

 

P1060811

 

あまり長いして頂いても申し訳ないので、ここでお別れ。

みなさん本当に楽しそうです。

 

みんなに

あと少し、がんばれーと声をかけてもらいます。

 

いつも無人の苔むした山々を無言であるく、そのような苦行、もとい、修行のような

日々を忘れさせる、華やかな一日でございます。

 

 

こんな偶然があるんだ!!

と感心しながら

いざ頂上へ。

 

そこは絶景です。

 

P1060815

 

関ヶ原が一望できます。

 

THE SEKIGAHARA

ITS、SEKIGAHARA 

おもわずニューヨークなまりの英語がでてしまいました。
もちろん行ったことはありませんが・・

 

でございます。

P1060893

本丸をぐるっと囲む

土塁が今に残ります。

P1060889

P1060891

標高1300mの伊吹山がむこうに見えます。

 

 

P1060895P1060897

SEKIGAHARAの決戦図がありますので、よくわかります。

 

この松尾山からカケ下り、大谷吉継隊を飲み込み、西軍を壊滅させたこの松尾山は歴史を変えた大きなパワースポットなのです。

 

P1060856

P1060828

 

ます形虎口跡です。

 

クランクさせてあり、ここで集中防御陣地としたわけです。

明瞭に形状が残っており、感動ものです。

 

 

ここからニノ丸に入っていきます。

P1060867P1060883P1060880

 

林の中を進むと左右に曲輪が広がっており、斜面いたるところに削平地があります。

 

ここが通常の山城でないことは、容易に想像できます。

 

 

とにかく、歩きやすく、比高差もそれほどないためハイキングには持って来いです。

 

眺望も素晴らしく、頂上にはトイレもありますので、ぜひお出かけしてはいかがですか?





>>つづきはこちら



 

 

 

それは次回に持越しです。

 

第14弾古城探検・悲劇の城・小谷城へ行こう!第三回

第14弾古城探検・悲劇の城・小谷城へ行こう!第二回

第14弾古城探検・悲劇の城・小谷城へ行こう!第一回

 

 

第13弾古城探検・上矢作・善田砦に行こう!第一回完了

 

 

第12弾古城探検・☆特別編☆山城の用語について再確認してみよう。

 

 

第11弾古城探検・秘境片山城に行こうよ!第二回

 

第11弾古城探検・秘境片山城に行こうよ!第一回

 

第10弾古城探検・古今伝授の篠脇城へ行こう!第一回完了

 

第9弾古城探検・急峻、猿喰城へ行こう!第一回完了

 

第8弾古城探検・明智城(白鷹城跡)へ行こう!第一回完了

 

第7弾古城探検!関城、安桜山城に行こう! 第二回

第7弾古城探検!関城、安桜山城に行こう! 第一回

 

第6弾古城探検!妻木城へ行こう! 第一回完了

 

第5弾古城探検!日本版マチュピチュ・岩村城へ行こう! 第四回

第5弾古城探検!日本版マチュピチュ・岩村城へ行こう! 第三回

第5弾古城探検!日本版マチュピチュ・岩村城へ行こう! 第二回

第5弾古城探検!日本版マチュピチュ・岩村城へ行こう! 第一回

 

第4弾古城探検!水都の山城、郡上八幡城へ行こう! 第二回

第4弾古城探検!水都の山城、郡上八幡城へ行こう! 第一回

 

第3弾古城探検!難攻不落の加治田城へ行こう! 第三回

第3弾古城探検!難攻不落の加治田城へ行こう! 第二回

第3弾古城探検!難攻不落の加治田城へ行こう! 第一回

 

第2弾古城探検!我が武儀町、一柳城(大洞城)攻略編 第四回

第2弾古城探検!我が武儀町、一柳城(大洞城)攻略編 第三回

第2弾古城探検!我が武儀町、一柳城(大洞城)攻略編 第二回

第2弾古城探検!我が武儀町、一柳城(大洞城)攻略編 第一回

 

第1弾古城探検!中津川苗木城攻略編 第二回

第1弾古城探検!中津川苗木城攻略編 第一回

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

いらっしゃいませっ!

にほんブログ村 経営ブログへ

トマト工業株式会社
管理用

プロフィール

トマト工業マボ

Author:トマト工業マボ
岐阜県関市で建材などの加工と販売などをおこなっている
トマト工業代表のブログです。

明るく元気に!!

岐阜県で一番運がいい!!

平日は仕事
日曜はロードバイク

全く家事ができない父親が

電子レンジを爆発させたり
フライパンから火を出したり
お風呂をつまらせたりと
家族を困らせる日々を綴った
感動のブログ。

キッチンには立ち入り禁止。
冷蔵庫はあけるの禁止。
できる家事は自転車の掃除だけ。

☆愛車GIANT-TCR1・2015
☆中小企業診断士

CustomCategory