記事一覧

山口城に行こう・古城探検第15弾

こんにちは・どろんこおじさんです

 

このシリーズもいよいよ第15弾です。

 

今回は、またまた西濃、本巣の山口城です。
山口城中の山城

この山口城についてはわかっていない点も多いです。

 P1370372

文殊の森が該当の地区になりますが、尾根がつながっている3つの山、

山口城、法林寺城、祐光山城がそれぞれ連山になっています。

 

それぞれがどのような役割を果たしていたのか?

 

ということはわかりませんが、今回は一番手前の山口城にのぼることにしました。

 

 

 

なかなか良いハイキングコースがあるでね!

 

という山城マニアの常套手段により

家族を引き連れて

 

Let’s  YAMAJIRO!

 

でございます。

 

 

 

さて山口城の下は現在

文殊の森として整備されております。

 

道は途中までアスファルトがしてあるので、大変歩きやすいです。

 

山々の椿(つばき)が本当に綺麗です。

 

ただ、アスファルトの場合、下が硬いので、足を痛めやすい可能性があります。

その点だけ注意が必要ですね。

 

さてさてこの全長60Mと言われる東海屈指のロングコースターでしばらく遊びます。

 P1370377P1370378

コロ式のため大変スベリやすいです。

 

 

これでキャッキャ言いながら6回くらいスベリましたが、

 

 

 

 

 

嫁さんに

 

いい加減にして!

 

 

 

 

 

というストップがかかりました。

 

 

 

 

 

危うく志半ばで果てるところでした。

 

 

 

ここで一句。

 

春風にふらりふらりと揺られすぎ、こころざし散る花椿かな。

 

駄句でございます。

 

 

 P1370387

この後、脇のアスファルトを通って山の頂上を目指して歩きます。

 

アスファルトの道の特徴として、車が通ることを想定しているので、傾斜が緩く、かえって時間がかかることがあります。

 P1370390

本当に椿が綺麗です。

 

 

 

 

 

山口城まで比高約300mですので結構な高さがあります。

傾斜が緩いので登りやすく、歩き易いのがとても助かります。

 

P1370411

子どもたちは嫁さんといけるのでとても楽しそうです。

時に甘えたり、ぐずったりしながら中腹まで。

どんぐりの小道

があります。

 

 

どんぐりの小道というワードは非常にそそられますね。

P1370396

ここから更に上を目指していきます。

 

P1370397

P1370412

途中アスファルトがおわり、尾根を伝ってあるくような道になります。

そこから急に段差があり、上に登っていく道があります。

麓から約20-30分くらいでしょうか?

 

比高と距離が結構あるので楽しく歩いていきます。

 

 

 

この山口城跡の石碑からさらに500m尾根を伝っていきます。

アスファルとはなくなり、いつもの道になります。

 

とちゅうから傾斜がきつくなり、

 

ここを超えると・・・・

 

 

 

P1370414

P1370422

 

 

 

中腹に位置する中之城跡展望台下です。

展望台に上るために急傾斜を上がっていきます。

 

いつもは道なき道を進み、滑ったりするのですが今回はそのようなことがありません。

 

嫁さんはいつも行かないのですが、体が軽いので一番早いです。

 

 

 

 

出丸的な城ですが、頂上は削平されており、そこそこの広さがあります。

 

ここでお茶とおにぎり、サンドウィッチなどを食べます。

展望台があり、名古屋のセントラルタワーが見えます。

南側には根尾川が流れ、下流に注ぎます。

P1370424

濃尾平野の北端に位置するので、大変見晴らしが良いです。

 

もしかしたら菩提山城や松尾山城なども見えるのかもしれません。

 

素人なので、どれがどの山かがわかりませんので、そこだけが残念です。

 

 

さてさてここから家族は下山、自分は山口城に向かうことにしました。

 

ここが山口城とどのような関係をもっていたのか、今からではわかりませんが、ここからさらに1段降りて、山口城に一人で向かいます。

 

 

1段降りて、尾根をとおります。

 

すると前方に切り立った山が見えます。

これが山口城なわけですが、大変傾斜が強いです。

P1370438

 

 

 

 

 

横方向などに曲輪跡や堀切などは特に見当たりませんでした。

 

 

前方右手には大きな山があり、尾根に通路があるのがわかりました。

これが法林寺城になります。

 

距離としては1km程度はあるでしょうか?

 

家族を待たせることになるので、今回は、山口城のみ登城することにします。

 

 

傾斜の強い山を越えるとそこには山口城の跡があります。

 

切岸があり、通路を越えて上に登っていきます。

P1370432

 

法林寺城・その奥に佑向山城

少し下がったところが掛洞城になります。

 

法林寺城までの尾根伝いに小道があるのがわかります。

 

 

文殊の森公園

中之城→山口城

↓     ↓

→→→法林寺城→→佑向山城→掛洞城(掛洞砦)

 

 

通路が作ってあるのですが、この通路がないとなかなか上ることはできないと思います。

P1370448

これが通常の大手道とは少し考えづらいな・・・というところが正直な感想です。

 

P1370466

頂上にいくと平たく整地された頂上があります。本巣、道の駅方面を望む。

 

ベンチが2脚おいてあります。

P1370457

珍しく縄張り図があります。

右下が中の城跡いわゆる展望台にあたります。

ここから山口城へは山を一旦降りて、更に急傾斜を登っていることがわかります。

山口城下段には井戸跡があるのがわかりますね。

 

見晴らしはそこそこ良いです。

 

虎口跡が残存しており、往時の様子を伺うことができます。

P1370454

P1370469

 

 

さて次回は関ヶ原松尾山城跡です。

 

 

第16回に続く

 

 

 

 

第14弾古城探検・悲劇の城・小谷城へ行こう!第三回

第14弾古城探検・悲劇の城・小谷城へ行こう!第二回

第14弾古城探検・悲劇の城・小谷城へ行こう!第一回

 

 

第13弾古城探検・上矢作・善田砦に行こう!第一回完了

 

 

第12弾古城探検・☆特別編☆山城の用語について再確認してみよう。

 

 

第11弾古城探検・秘境片山城に行こうよ!第二回

 

第11弾古城探検・秘境片山城に行こうよ!第一回

 

第10弾古城探検・古今伝授の篠脇城へ行こう!第一回完了

 

第9弾古城探検・急峻、猿喰城へ行こう!第一回完了

 

第8弾古城探検・明智城(白鷹城跡)へ行こう!第一回完了

 

第7弾古城探検!関城、安桜山城に行こう! 第二回

第7弾古城探検!関城、安桜山城に行こう! 第一回

 

第6弾古城探検!妻木城へ行こう! 第一回完了

 

第5弾古城探検!日本版マチュピチュ・岩村城へ行こう! 第四回

第5弾古城探検!日本版マチュピチュ・岩村城へ行こう! 第三回

第5弾古城探検!日本版マチュピチュ・岩村城へ行こう! 第二回

第5弾古城探検!日本版マチュピチュ・岩村城へ行こう! 第一回

 

第4弾古城探検!水都の山城、郡上八幡城へ行こう! 第二回

第4弾古城探検!水都の山城、郡上八幡城へ行こう! 第一回

 

第3弾古城探検!難攻不落の加治田城へ行こう! 第三回

第3弾古城探検!難攻不落の加治田城へ行こう! 第二回

第3弾古城探検!難攻不落の加治田城へ行こう! 第一回

 

第2弾古城探検!我が武儀町、一柳城(大洞城)攻略編 第四回

第2弾古城探検!我が武儀町、一柳城(大洞城)攻略編 第三回

第2弾古城探検!我が武儀町、一柳城(大洞城)攻略編 第二回

第2弾古城探検!我が武儀町、一柳城(大洞城)攻略編 第一回

 

第1弾古城探検!中津川苗木城攻略編 第二回

第1弾古城探検!中津川苗木城攻略編 第一回

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

いらっしゃいませっ!

にほんブログ村 経営ブログへ

トマト工業株式会社
管理用

プロフィール

トマト工業マボ

Author:トマト工業マボ
岐阜県関市で建材などの加工と販売などをおこなっている
トマト工業代表のブログです。

明るく元気に!!

岐阜県で一番運がいい!!

平日は仕事
日曜はロードバイク

全く家事ができない父親が

電子レンジを爆発させたり
フライパンから火を出したり
お風呂をつまらせたりと
家族を困らせる日々を綴った
感動のブログ。

キッチンには立ち入り禁止。
冷蔵庫はあけるの禁止。
できる家事は自転車の掃除だけ。

☆愛車フォーカス カヨ2017
☆中小企業診断士

CustomCategory

フリーエリア