記事一覧

郡上大和・篠脇城を歩く。古城探検第十弾

さてさて古城探検第十弾です。

 

 

家にいると家がグチャグチャになる。

すばらしい冒険をしたい

ただそれだけの理由で寒空の下

今日もまた家を放り出された3人が向かった先。

 

 

それが郡上大和にあります、篠脇城でございます。

 

P1060343

 

古今伝授の里フィールドミュージアムという地区にあります。

 

最初間違えて古今伝授の里道の駅に行ってしまいました。

 

 

 

P1060336

ちょっと間違えやすいので注意が必要です。

 

 

篠脇城は、東氏が(とう)城主の館です。

 

この東氏は大変和歌に長けており、その道では大変有名な方だったようです。

 

 

その東氏はもともと千葉の人で、関東に赴いた際に、城を乗っ取られてしまいます。

 

その際に、歌で返答したところ、返歌と一緒に城も返してもらえたというなんとも”粋”なお城なのでございます。

 

 

 

さてさてその東氏ですが、あるプロジェクトで現在の伝授の里の田んぼを掘り返したところ

遺跡、遺品がみつかったためここを古今伝授の里と設定し、屋外型のオープンテーマパークとしたとのことです。

売店のおねえさんが教えてくれました。

 

P1060346

 

その古今伝授の里で東氏の館があるのですが、

この裏手に山があり、ここから篠脇城へのぼることができます。

P1060348

※庭園方面と篠脇城を望む。

 

城の麓に城館がある。これは定番ですね。

城館は戦国期特有の無骨な構えではなく、なにか風情を感じさせる池、庭園的な作りをしています。

P1060354

 

 

その裏手山の麓には登山口がひっそりと存在しています。

P1060349

 

P1060356

 

この寒空の下、徒歩30分がいかに辛いかは想像がつくと思います。

とはいえ全員無駄に士気が高いです。

 

登山口にスキーのスティックがおいてあり、どうぞ使ってくださいと表記があります。

 

これは使わない手はないでございます。

P1060357

 

道中は勾配が結構きつく、登るのは大変です。

スティック必須とでもいいましょうか。

 

P1060360

途中、城下方面を望む。

現在は小さな集落しかありませんが、往時は大変なにぎわいだったかもしれません。

 

普段であれば街道の形状から昔のありようを想像したりするのですが、

山下から吹き上げる突風に身を切られそうで、先を急ぎます。

 

 

途中、いくつかお地蔵さんがおいてあります。

それぞれの数を数えながら登っていくのが定番のようです。

33体の観音石像を拝みつつ登山します。

 

一体一体すべて拝んでいきます。

 

P1060364

 

山を縫うように何回も旋回しながら登っていきます。

 

P1060370

 

突如姿を表した大きな堀。

異様な空気感が漂います。

P1060375

 

盛り上がった丘。

 

P1060381P1060384

 

途中から通常の登山とはうってかわり、孔雀の羽根のようにうね、堀、土塁がダイナミックに姿を現してきます。

 

石垣こそありませんが、その大土木工事に圧倒されます。

 

まさに

THE ISEKI

THIS IS ISEKI でございます。

P1060402

昔の人の大土木工事をうかがい知ることができます。

 

上記地図の左手の方が大手道です。

ここから登ってきています。

P1060390

 

道中井戸跡看板があります。

 

ここから降りると井戸跡になりますが、傾斜がきついので今回は断念することに。

春以降にまた登ってみたいです。

 

P1060395

二の丸跡地。本丸のところが若干上がっているのがわかります。

ぐるっと旋回してこないとこのうえまで来れない形状になっています。

 

城下ののどかな庭園と異なり、戦国期のより実用的な城の縄張りを感じることができます。

P1060397P1060399

本丸直上です。

広大な平地が広がっております。

ここにどんな館が存在していたのでしょうか?

 

いまからでは想像することしかできません。

 

 

P1060402P1060404

 

古城探検家にとってこの城の存在意義は極めて貴重なようです。

 

この堀の形状、畝、土塁、堀切などみるべきところがたくさんあるようですが、素人には細かいことはわかりません。

 

 

ただ、寒いとにかく寒い、今はただそれだけでございます。

 




>つづく第11弾西濃片山城に行こう!はこちら







第十二弾古城探検・山城の用語について再確認してみよう。


第十一弾古城探検・秘境片山城に行こうよ!第二回

第十一弾古城探検・秘境片山城に行こうよ!第一回


第十弾古城探検・古今伝授の篠脇城へ行こう!第一回完了


第九弾古城探検・急峻猿喰城へ行こう!第一回完了


第八弾古城探検・明智、白鷹城跡へ行こう!第一回完了

 

第七弾古城探検!関、安桜山城に行こう! 第二回

第七弾古城探検!関、安桜山城に行こう! 第一回

 

第六弾古城探検!妻木城へ行こう! 第一回完了

 

第五弾古城探検!日本版マチュピチュ・岩村城へ行こう! 第四回

第五弾古城探検!日本版マチュピチュ・岩村城へ行こう! 第三回

第五弾古城探検!日本版マチュピチュ・岩村城へ行こう! 第二回

第五弾古城探検!日本版マチュピチュ・岩村城へ行こう! 第一回

 

第四弾古城探検!郡上八幡城へ行こう! 第二回

第四弾古城探検!郡上八幡城へ行こう! 第一回

 

第三弾古城探検!加治田城へ行こう! 第三回

第三弾古城探検!加治田城へ行こう! 第二回

第三弾古城探検!加治田城へ行こう! 第一回

 

第二弾古城探検!武儀一柳城攻略編 第四回

第二弾古城探検!武儀一柳城攻略編 第三回

第二弾古城探検!武儀一柳城攻略編 第二回

第二弾古城探検!武儀一柳城攻略編 第一回

 

第一弾古城探検!中津川苗木城攻略編 第二回

第一弾古城探検!中津川苗木城攻略編 第一回




関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

いらっしゃいませっ!

にほんブログ村 経営ブログへ

トマト工業株式会社
管理用

プロフィール

トマト工業マボ

Author:トマト工業マボ
岐阜県関市で建材などの加工と販売などをおこなっている
トマト工業代表のブログです。

明るく元気に!!

岐阜県で一番運がいい!!

平日は仕事
日曜はロードバイク

全く家事ができない父親が

電子レンジを爆発させたり
フライパンから火を出したり
お風呂をつまらせたりと
家族を困らせる日々を綴った
感動のブログ。

キッチンには立ち入り禁止。
冷蔵庫はあけるの禁止。
できる家事は自転車の掃除だけ。

☆愛車GIANT-TCR1・2015
☆中小企業診断士

CustomCategory

フリーエリア