記事一覧

猿啄城(さるばみ城)へ行こう!古城探検第九弾

 

IMAG0077

 

IMAG0012

今回は坂祝のこのさるばみ城へやって来ました。

 

勝山の交差点から入った所で新しいトンネルの直上にあたります。

 

各務原アルプスと言われる連峰の一番端にあたります。

 

標高約370m比高約180mです。

急峻なので登るのが大変そう。

 

IMAG0014

 

 

第二駐車じょうからずんずんあるくと、第一駐車場につきます。

だいたいこういうところは第一が手狭で第二ができるため第一駐車場まで無駄あるきになります。

注意しましょう。

 

 

IMAG0019

このお宮から入っていきます。

 

この小川は堀の後でしょうか?

人工的に掘削したような形跡も見られます。

IMAG0021

登山道は比較的広く、しっかりとした道がつくってあります。

IMAG0023

登るのに約30分とのこと。

ただし、斜面が急なので登るのは大変です。

あきらかに人為的に掘削された道です。

これは後期になってから整備されたのか、それとも昔のままなのか定かではありません。

 

中腹の送電線まで約10分、ここまでですでに息が切れ始めます。

IMAG0028IMAG0035IMAG0042

中腹の景色で心を癒しつつ進んでいきます。

IMAG0043

 

坂祝の街を一望できます。

 

右手に木曽川が見えます。

 

展望箇所より先は更に道が細くなり、急になります。

 

IMAG0046IMAG0048

 

本丸直下の石垣跡です。

野積形状です。

IMAG0052

本丸展望台が見えました。

ここからあと一息。

 

 

IMAG0054

本丸から富加方面を望みます。

加治田城跡も見えます。

 

織田軍に対する美濃勢はこうして高台から連携を図っていたのでしょう。

 

IMAG0059

 

 

IMAG0057

名古屋セントラルタワー、小牧山城が見えます。

 

ここは登山の人が大変多く、いろんな人が声をかけてくれます。

 

頑張って展望台に到着してお昼をたべました。

 

頂上での食事はやっぱり最高です。

 

 



>つづく・第10弾郡上篠脇城へ行こう!はこちら





第十二弾古城探検・山城の用語について再確認してみよう。


第十一弾古城探検・秘境片山城に行こうよ!第二回

第十一弾古城探検・秘境片山城に行こうよ!第一回


第十弾古城探検・古今伝授の篠脇城へ行こう!第一回完了


第九弾古城探検・急峻猿喰城へ行こう!第一回完了


第八弾古城探検・明智、白鷹城跡へ行こう!第一回完了

 

第七弾古城探検!関、安桜山城に行こう! 第二回

第七弾古城探検!関、安桜山城に行こう! 第一回

 

第六弾古城探検!妻木城へ行こう! 第一回完了

 

第五弾古城探検!日本版マチュピチュ・岩村城へ行こう! 第四回

第五弾古城探検!日本版マチュピチュ・岩村城へ行こう! 第三回

第五弾古城探検!日本版マチュピチュ・岩村城へ行こう! 第二回

第五弾古城探検!日本版マチュピチュ・岩村城へ行こう! 第一回

 

第四弾古城探検!郡上八幡城へ行こう! 第二回

第四弾古城探検!郡上八幡城へ行こう! 第一回

 

第三弾古城探検!加治田城へ行こう! 第三回

第三弾古城探検!加治田城へ行こう! 第二回

第三弾古城探検!加治田城へ行こう! 第一回

 

第二弾古城探検!武儀一柳城攻略編 第四回

第二弾古城探検!武儀一柳城攻略編 第三回

第二弾古城探検!武儀一柳城攻略編 第二回

第二弾古城探検!武儀一柳城攻略編 第一回

 

第一弾古城探検!中津川苗木城攻略編 第二回

第一弾古城探検!中津川苗木城攻略編 第一回




関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

いらっしゃいませっ!

にほんブログ村 経営ブログへ

トマト工業株式会社
管理用

プロフィール

トマト工業マボ

Author:トマト工業マボ
岐阜県関市で建材などの加工と販売などをおこなっている
トマト工業代表のブログです。

明るく元気に!!

岐阜県で一番運がいい!!

平日は仕事
日曜はロードバイク

全く家事ができない父親が

電子レンジを爆発させたり
フライパンから火を出したり
お風呂をつまらせたりと
家族を困らせる日々を綴った
感動のブログ。

キッチンには立ち入り禁止。
冷蔵庫はあけるの禁止。
できる家事は自転車の掃除だけ。

☆愛車GIANT-TCR1・2015
☆中小企業診断士

CustomCategory

フリーエリア