記事一覧

岩村城に行こう!古城探検・第五弾日本のマチュピチュ編第1回 

さて、今回は秋におとずれた岩村城です。

日本3大山城です。

ここは大変歴史のある街、城があります。

これらの街、城には悲しい歴史があります。


ここは信濃と美濃の境に位置する軍事上の重要拠点です。

武田、織田の国境に位置し、常に緊迫した空気が流れた地点です。

以下WIKIPEDIAから抜粋。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
岩村城の歴史
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

◎1570年(元亀元年) 遠山氏最後の城主は景任で、武田信玄の武将、秋山信友によって攻められたが織田信長の武将、明智光秀の援護もあり、守り抜いた。


◎1571年(元亀2年) 景任が病没すると信長は5男で当時6歳(2歳、3歳説もある)の坊丸(織田勝長)を遠山氏の養子とした。景任夫人は信長の叔母にあたる女性(通称はおつやの方など)で幼少の養子に代わって女城主として差配を振るった。


◎1572年(元亀3年)10月、信玄は大軍を率いて遠江の徳川家康を攻撃するために出陣し、同時に再び信友に岩村城の攻略を命じた。しかし、城はこの際も容易に落ちなかったが、信友は夫人を説得し妻に迎えることを条件に城は開城した。


◎1575年(天正3年) 長篠の戦いの後、武田勢が弱体化した期に乗じ信長は岩村城奪還を行った。長男信忠を総大将に攻城戦を行い5ヶ月にわたる戦闘の後、城は陥落した。開城の際、助命が約されていたが織田方はこれを翻し、信友夫妻ら5名が長良川河川敷で逆さ磔となり処刑された。


ということです。5ヶ月にわたる激戦の末、悲しい結末が待っていたのです。


さてさて悲しいお話はこれくらい。

P1040898.jpg

大きい水車のあるおばあちゃんの里山岡に到着
P1040901.jpg

P1040902.jpg

山岡は恵那市に編入されました。
岩村も恵那市になっています。

P1040910.jpg

ダムによって出来た人工湖です。

P1040906.jpg
水力発電のモーターがあります。

P1040913.jpg

P1040912.jpg


ここから山岡駅前に。

P1040921.jpg



P1040922.jpg
P1040924.jpg
P1040926.jpg

ちょっと足をのばして山岡駅前に。



絵に描いたような田舎の駅舎です。

P1040917.jpg
P1040918.jpg
P1040920.jpg

牧歌的でとても良い雰囲気があります。

休みの日は売店がやっていないようです。



さてさてここからいよいよ岩村城に行きます。

第二回につづく


第五弾古城探検!日本版マチュピチュ・岩村城へ行こう! 第四回 製作中
第五弾古城探検!日本版マチュピチュ・岩村城へ行こう! 第三回 製作中
第五弾古城探検!日本版マチュピチュ・岩村城へ行こう! 第二回
第五弾古城探検!日本版マチュピチュ・岩村城へ行こう! 第一回

第四弾古城探検!郡上八幡城へ行こう! 第二回
第四弾古城探検!郡上八幡城へ行こう! 第一回

第三弾古城探検!加治田城へ行こう! 第三回
第三弾古城探検!加治田城へ行こう! 第二回
第三弾古城探検!加治田城へ行こう! 第一回

第二弾古城探検!武儀一柳城攻略編 第四回
第二弾古城探検!武儀一柳城攻略編 第三回
第二弾古城探検!武儀一柳城攻略編 第二回
第二弾古城探検!武儀一柳城攻略編 第一回

第一弾古城探検!中津川苗木城攻略編 第二回
第一弾古城探検!中津川苗木城攻略編 第一回




古城探検はこちら
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

いらっしゃいませっ!

にほんブログ村 経営ブログへ

トマト工業株式会社
管理用

プロフィール

トマト工業マボ

Author:トマト工業マボ
岐阜県関市で建材などの加工と販売などをおこなっている
トマト工業代表のブログです。

明るく元気に!!

岐阜県で一番運がいい!!

平日は仕事
日曜はロードバイク

全く家事ができない父親が

電子レンジを爆発させたり
フライパンから火を出したり
お風呂をつまらせたりと
家族を困らせる日々を綴った
感動のブログ。

キッチンには立ち入り禁止。
冷蔵庫はあけるの禁止。
できる家事は自転車の掃除だけ。

☆愛車フォーカス カヨ2017
☆中小企業診断士

CustomCategory

フリーエリア