記事一覧

加治田城へ行こう!古城探検第三弾・第二回

さてさて、第二回です。

いよいよ登城。

ここ清水寺※きよみずでら※は搦手に当たりますが、
ここからの登城が一般的なようです。

アスファルトがしてあり、大変登りやすいです。




さてさて今回は古城加治田城です。

いよいよ登山。
P1060132.jpg


さてさてしばらく登ると今度はアスファルトから通常の登山道に変わります。

P1060133.jpg

P1060134.jpg



途中小さい柿が地面に落ちていたので囓ると大変渋かったです。

よく考えたら猿でも残したこのカキを食べてる自分って一体…

P1060136.jpg

写真の右側にカラーラベルのついた枝があります。
これを頼りに道なき道を進みます。※今回表現おおげさです。


P1060139.jpg

さらにしばらく登ると今度は道がなくなります。

どうすんだ?ということで周りを見渡すと鬱蒼と繁ったしげみからかすかに道が見えます。

そこをさらにずんずん進んでいきます。

ここからは谷になります。

つまり標高275mの梨割山と標高271mの加治田城両側に分かれている谷を進んでいくのです。

その谷を南に行けば加治田方面、北に行けば梨割山へと続くのです。

無題



上記オレンジのラインが今回の登山ルートとなります。


清水寺から出発し、谷をすすみ、途中梨割山と加治田城方面の分岐を古城方面に折れ、山を登って行きます。



これが今回の計画です。

登山道は大量の落ち葉に隠れてしまっています。

ただ、木の枝に目印のカラーテープが巻き付けてあるので之を頼りにずんずん進んで行きます。


登るにつれて段々と道が狭く、当たりも暗くなってきます。

左手梨割山方面は切り立った崖状の岩がゴツゴツしています。

おそらく上から監視、攻撃をするための防衛施設として利用していたのだろうと推察出来ます。

とすれば、梨割山方面にも何か櫓もしくは、加治田城側への連絡路のような物がある可能性があります。

P1060148.jpg

P1060149.jpg
P1060150.jpg


この細い谷は両側からの攻撃により格好の獲物となったでしょう。


途中山の谷の中に突如沼地のような湿地帯が出現しました。

これだけ水の出が良いと言うことは長期籠城にも耐えうる水資源を蓄えているということに他なりません。

この谷の南側全般に横に広い城が構築されていたようです。

山を利用した城塞となっています。


第三回につづく




第十二弾古城探検・山城の用語について再確認してみよう。


第十一弾古城探検・秘境片山城に行こうよ!第二回

第十一弾古城探検・秘境片山城に行こうよ!第一回


第十弾古城探検・古今伝授の篠脇城へ行こう!第一回完了


第九弾古城探検・急峻猿喰城へ行こう!第一回完了


第八弾古城探検・明智、白鷹城跡へ行こう!第一回完了

 

第七弾古城探検!関、安桜山城に行こう! 第二回

第七弾古城探検!関、安桜山城に行こう! 第一回

 

第六弾古城探検!妻木城へ行こう! 第一回完了

 

第五弾古城探検!日本版マチュピチュ・岩村城へ行こう! 第四回

第五弾古城探検!日本版マチュピチュ・岩村城へ行こう! 第三回

第五弾古城探検!日本版マチュピチュ・岩村城へ行こう! 第二回

第五弾古城探検!日本版マチュピチュ・岩村城へ行こう! 第一回

 

第四弾古城探検!郡上八幡城へ行こう! 第二回

第四弾古城探検!郡上八幡城へ行こう! 第一回

 

第三弾古城探検!加治田城へ行こう! 第三回

第三弾古城探検!加治田城へ行こう! 第二回

第三弾古城探検!加治田城へ行こう! 第一回

 

第二弾古城探検!武儀一柳城攻略編 第四回

第二弾古城探検!武儀一柳城攻略編 第三回

第二弾古城探検!武儀一柳城攻略編 第二回

第二弾古城探検!武儀一柳城攻略編 第一回

 

第一弾古城探検!中津川苗木城攻略編 第二回

第一弾古城探検!中津川苗木城攻略編 第一回




関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

いらっしゃいませっ!

にほんブログ村 経営ブログへ

トマト工業株式会社
管理用

プロフィール

トマト工業マボ

Author:トマト工業マボ
岐阜県関市で建材などの加工と販売などをおこなっている
トマト工業代表のブログです。

明るく元気に!!

岐阜県で一番運がいい!!

平日は仕事
日曜はロードバイク

全く家事ができない父親が

電子レンジを爆発させたり
フライパンから火を出したり
お風呂をつまらせたりと
家族を困らせる日々を綴った
感動のブログ。

キッチンには立ち入り禁止。
冷蔵庫はあけるの禁止。
できる家事は自転車の掃除だけ。

☆愛車フォーカス カヨ2017
☆中小企業診断士

CustomCategory

フリーエリア