記事一覧

一柳城(大洞城)攻略・古城探検第二弾・一柳城攻略4

さてさて一柳城いよいよ本丸です。

itiyanagisiro224.gif

防衛陣地を書き足して見ました。

itiyanagisiro225.gif

トマト工業のマシニングセンタを利用して
マップにある等高線をZ軸の高さに見立ててこの戦略上の拠点を立体化してみたいです。

P1050969.jpg

展望台からすぐ北東(地図でいう右上)の石垣です。

角がちょうど崩れていますが、見事な形状が残存しています。

P1050972.jpg

ぐるりと回って南側にはなぞの大石が存在しています。

P1050976.jpg

見事な曲輪跡です。
明らかに人為的目的をもって平地にしてあります。
ここに絡手方面からの敵を撃退するための仕組みが存在していたのでしょうか?

P1050979.jpg

本丸付近はちょうど渦巻状になっており、高さがあります。

この小高い丘を利用して構築物が会った可能性が高いです。

P1050981.jpg

渦巻状に残る石垣跡。


P1050984.jpg

ここはフタマタに別れております。
どんな意図をもって区割りをしたのかは謎です。

P1050987.jpg

頂上が平坦地になっており、小さな祠があります。

P1050992.jpg

頂上が平坦になっているのがわかります。

20畳ほどでしょうか?
それでも安桜山城よりはかなり大きいです。

往時はここは植林されておらず、見晴らしがよい場所だったと思います。

杉林が林立し、視界を遮っています。

北東、北、東方面は急斜面によって石垣の替りをしています。

上之保方面には尾根がつながっており、ここを連絡路としていた可能性があります。

やはり地元の人に話をきいても上之保名倉方面から登るルートがあるようです。

ここが搦手の他の脱出ルートを担っていたと思います。


富之保グランド、水無神社方面からの侵入が用意に分かる地形です。




帰りは水無神社方面に林道用の道が作ってあったのでそれを利用して降りて行きました。

こちらから登ると非常に楽かと思います。


古城探索は非常に奥深い趣があります。
ぜひ富之保一柳地区に遊びに来て下さい!



>つづく・加治田城へ行こう!はこちら





第五弾古城探検!日本版マチュピチュ・岩村城へ行こう! 第四回 製作中
第五弾古城探検!日本版マチュピチュ・岩村城へ行こう! 第三回 製作中
第五弾古城探検!日本版マチュピチュ・岩村城へ行こう! 第二回
第五弾古城探検!日本版マチュピチュ・岩村城へ行こう! 第一回

第四弾古城探検!郡上八幡城へ行こう! 第二回
第四弾古城探検!郡上八幡城へ行こう! 第一回

第三弾古城探検!加治田城へ行こう! 第三回
第三弾古城探検!加治田城へ行こう! 第二回
第三弾古城探検!加治田城へ行こう! 第一回

第二弾古城探検!武儀一柳城攻略編 第四回
第二弾古城探検!武儀一柳城攻略編 第三回
第二弾古城探検!武儀一柳城攻略編 第二回
第二弾古城探検!武儀一柳城攻略編 第一回

第一弾古城探検!中津川苗木城攻略編 第二回
第一弾古城探検!中津川苗木城攻略編 第一回




関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

いらっしゃいませっ!

にほんブログ村 経営ブログへ

トマト工業株式会社
管理用

プロフィール

トマト工業マボ

Author:トマト工業マボ
岐阜県関市で建材などの加工と販売などをおこなっている
トマト工業代表のブログです。

明るく元気に!!

岐阜県で一番運がいい!!

平日は仕事
日曜はロードバイク

全く家事ができない父親が

電子レンジを爆発させたり
フライパンから火を出したり
お風呂をつまらせたりと
家族を困らせる日々を綴った
感動のブログ。

キッチンには立ち入り禁止。
冷蔵庫はあけるの禁止。
できる家事は自転車の掃除だけ。

☆愛車GIANT-TCR1・2015
☆中小企業診断士

CustomCategory

フリーエリア