FC2ブログ

家事が全くできない父親が仕事とロードバイクオンリーで家族に迷惑をかけ続ける感動のブログ

粉について

 0
 0
こんにちは、

三遊亭粉太郎です。

もとい、代表の馬渕です。


最近大変暑く、いい汗をかいています。

岐阜県では

”無風状態”

というのはこういうことかというのが実体験できます。


中学の頃から汗かきで
スッパイ

と大変ありがたいお声を頂いておりましたが、
大人になり、制汗デオドラントを使用するようになりました。


デオドラントもスプレーよりも粉を含んだ液状タイプが会っていることに気づき、
それ以来愛用しています。

工場で粉まみれになり、そしてデオドラントでも粉まみれというわけです。



なんのこっちゃというわけですが、

吸湿ボードを利用したバスマットの加工、
耐火ボードの加工
文字入れ加工
サニタリー製品の加工

など大変バラエティに富んだ加工が増えてきています。

切削加工では、NC装置で切削したら終わりというわけではありません。

なぜなら、ケイカルボードは繊維を含んでいるからです。

刃物で切削してもこの繊維がバリとして残ります。
そのバリをサンドペーパーで研磨してあげる必要があるのです。


しかし、うまいこと研磨しないと製品ごと削れていく性質があるので、このへんは経験というものも大切になってくるのです。

研磨≒粉が出るということで
粉まみれになるのです。

名誉の粉というわけです。







関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply