記事一覧

キャラクターが製品になるまで!

今つくろうとしているのはキャラクターのパネルです。

キャラクターなどの画像データを
切削データに落とし込む物です。

画像データはJPG、GIFなどのデータです。

これらを切削できるデータに落とし込むには
いくつかの手順を踏む必要があります。

トマトちゃん。です。
10tomato.png



1.イラストデータのAI、EPSをJPG、GIFデータに変換する。※イラストレータというソフトでイラストをつくって保存すると大抵、AI,EPSという形式で保存されます。

このあたりは”なぜ!?!”という感じですが、成り立ちを考えれば納得できます。

NCマシニングセンタやNCルーターはあくまで座標値を拾います。
つまり座標点をデータとして持たなければなりません。

翻ってイラストではAI、EPSについてはヒモ状態のデータになります。

KYARA0.gif


そのためAI、EPSといったライン【ヒモ状態】のデータをGIF、JPGといった点データに一旦変換してやるということです。

2.JPG、GIFをラスターベクタ変換し、CADデータに変換する。
これはカンタンに言うとGIFやJPGといった画像の点集合データをCADデータ、座標データに置き換えるということです。

簡単な気がしますが、ここは案外ややこしく、どの色をCADとして扱うかと言う点があります。

通常図面などは”オン”か”オフ”か見たいな物で、

白黒のはっきりした世界です。

ココにイラストのような複合カラーの集合体が来た場合、どの点までをCAD、つまり黒として扱うかを決めてあげる必要が出てくるのです。

KYARA1.gif

さてここで”しきい値”を設定します。
※さかい値というような意味です。

このしきい値の設定によりどこまでを切削データとして取り込むかを決めてやるのです。


3.CADデータから切削ラインを設定する。
ここからCADで出たラインからどこまでを彫るかを決めてあげます。
ラインを彫ったらよいのでは?
という意見もありますが、実際彫るには刃物の太さがあるので、これを修正してあげる必要があります。

刃物半径補正をかけてやります。

さらに太い刃から細い刃に移行することで切削データを少なくしたり、時間短縮、切削負荷低減など様々な要素が絡んできます。

4.切削ラインをNCコードに変換する。
NCコードとはNC言語、機械に読める言語に変えてあげるということです。

言語というとむずかしいイメージがありますが、カンタンにいうとNCが読めるように座標データを指摘してあげると言うことです。

X0Y0
X2560.215Y543.245
つまりX0、Y0の原点位置から
X2560.215、Y543.245の位置にいきなさい!という指令です。

ここに高さのZが加わることで3次元の加工を可能にします。

これが日本のものづくりを支えているNC加工機≒マシニングセンタ、ターニングセンタ【複合旋盤】などのざっくりした正体です。


今の所とりあえず2次元加工です。

P1020210.jpg

実際の切削です。



ここからカラーリングに入ります!


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

いらっしゃいませっ!

にほんブログ村 経営ブログへ

トマト工業株式会社
管理用

プロフィール

トマト工業マボ

Author:トマト工業マボ
岐阜県関市で建材などの加工と販売などをおこなっている
トマト工業代表のブログです。

明るく元気に!!

岐阜県で一番運がいい!!

平日は仕事
日曜はロードバイク

全く家事ができない父親が

電子レンジを爆発させたり
フライパンから火を出したり
お風呂をつまらせたりと
家族を困らせる日々を綴った
感動のブログ。

キッチンには立ち入り禁止。
冷蔵庫はあけるの禁止。
できる家事は自転車の掃除だけ。

☆愛車フォーカス カヨ2017
☆中小企業診断士

CustomCategory

フリーエリア