FC2ブログ

家事が全くできない父親が仕事とロードバイクオンリーで家族に迷惑をかけ続ける感動のブログ

中濃駅伝2・走るということ。生きるということ。

 0
 0
さて中濃駅伝

駅伝への想いが松岡修造並といわれるワタクシ




若干オーバーな表現が散見されますが、











仕様です。


クレームはJAROに電話してください。



この1年、去年から貧血に悩まされ、
減らない体重と低血圧、低血糖に悩まされましたよね。


あんまり低血圧なんでお医者さんが



”いやー、低血圧っすねーまぶちさん(笑)”



”先生❢❢血圧上げる、そう、スコーン上げる薬ないんですか❢”


聞いたら

”(笑)下げる薬はあっても、
上げる薬なんて聞いたことないですよ。
ハハッツ”
( ゚,_ゝ゚)バカジャネーノ 
(なにいってんだ、バカかコイツ・・・)
いわれましたよ。

さて、中濃駅伝


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

8:00 集合時刻

みんなが集まってきます。
市役所の方ともはなしつつ和気あいあいとしています。



たとえ相手がどんな強者だろうと、
目は死んでない。

脚は死んでるけど。
(なんの話だバカッ!)



8:30 最終オーダー

受け付けに最終オーダーを出しにいきます。
ひこさんに再確認を。

オーダー変更ありに☒を入れ、

そして補欠の自分の名前を出走者欄に入れる。

ひこさんのをたしかに背負ってはしりますよ。


9:00 開会式

周りに一般Aの選手たちが。
みなスラッとしてて、いかにもランナーといういでたち。

おいだって
大腿四頭筋の太さなら負けてなかばい。
(いや、勝ちたくないわバカッ!)



9:20 テラスにて

中池上のテラスに集まりみんなでワイワイ

グランド下では多くの中学生、高校生がアップを始めています。

心拍数を確認すると60拍、全くもって落ち着いています。
我々はレースなれしてる。それに普段から競争をしてる。
経験値が高いこと。
これは大きな財産となる。
そう思いました。

チームのみんなが笑わせてくれる。
心拍数も最高です。


9:40 点呼はじまる。

1区の点呼が始まりました。
ナニコレ、ダイエット競争なの?というような
絞りがキマってるキレッキレのランナーばかりです。

中濃駅伝一般男子A、高校男子のみが1周回ではなく2周回4.7kmを走ります。
各チーム、エースをここにもってきています。


アップダウンが多いコースを2周回、ほんとにキツイコースだと思います。
下りはとくに脚を壊しやすいので注意が必要です。


9:45 2区の点呼始まる。

わたくしは2区の出走なので
点呼会場によばれ、ゼッケンの確認がはいりました。

10時スタート時刻が刻一刻と近づいてきます。



10:00 スタート

一般男子A、高校男子がスタートラインにならびます。


10秒前・・・・

カウントダウンから

一斉にダッシュ・スタート
とんでもないスピードで走り出していきます。

がんばれやましんさん・・・


10:15 中継会場

一般男子A、最初のランナーが到着!
約5kmを15分くらいで走ってきた計算になります。
どんな速度だ❢


○2区
遅れて出走した一般Bやその他ランナーが帰ってきます。
一般A、高校男子のみが1区2周回
どんどんと入り乱れてきますが、中池公園の向こう側に入ってくるランナーを確認しゼッケンが呼ばれます。

向こうの方にやましんさんの姿がはっきりと見えました。

頑張れラスト!ラストッ❢❢

たすきをもらうと、駆け出しました。


トラック上には前のランナーが見えています。

しかしあせるな自分・・・
最初は無酸素系があるので、力を使いすぎてしまいます。

ちょっとみると3:30/km
やっぱり、ペースが上がりすぎだ・・・・


ヤマザキ春の乳酸まつりには参加しないゾ♡
(ゾて、全然かわいくねーわ❢❢)




落ち着こう・・・
一旦ペースを下げようとしたらいきなり下り坂です。


歩幅を小さく、回転で降りていきます。

脚は・・・・



大丈夫。
しっかり動いてる。


○ペースメーカー○
今回ペースメーカーはEPSONランニングウォッチ。
500mごとにウォッチが鳴り、ペースを教えてくれます。

ピポーッツ♫
3:42秒/km-500mペース
ペース速いが問題ない・・・・


中池周遊コースに入ると、一般A、黒ジャージランナーがはっきりと見えます。
しかし向こうも速い!差は縮まってないように思えました。

下り終わってから体調がだんだん見えてきます・・・・

これ以上はやばい・・・・
そんなギリギリのライン・・・
というかむしろコレで最後まで持つのか・・・という疑問がでるレベル。


この心理的不安が走りに影響してきます。


不安と戦いながら
中池の外周を走っていきます。


ペースは4分ちょっとペース。
4:08秒/kmー500mペース

やばい・・・もう落ちてきてる・・・


中池の外周では、なるべく短い距離を取るように走ります。前のランナーとは
200m差があります。

そして後ろからはっきりと足音が聞こえてきます。

後ろから抜かされます。

とんでもないスピード。

いや抜かれたっていい。高校生だ。



○下り

中池外周南側では急勾配を一気に下ります。

ここだ!
ここが関ヶ原!


本場スペランカーは大ジャンプすると、
脚がくだけて死にます。
superanka.png


神様っつ!!いまだけ、
いまだけおいをスーパーマリオ
してくれんしゃい❢❢
( ゚,_ゝ゚)バカジャネーノ 



ここで脚が壊れても構わない!!





前に重心を置き、転がるようにして下っていきます。




あっぶねぇえ・・・・・・・❢❢


しかし、

ここで奇跡的に前のランナーと一気に差を詰めました。


その差およそ10mほど

4:16秒/500m

ペースは上がらない・・・


○上り

下ると一気に上り返しが来ます。

黒ジャージのランナーを横目に一気に抜きました。
こころの中でついてこないでくれ・・・・
願います。

だが後ろは振り返らない・・・

トラックまで
上りが延々とつづきます。

タイムウォッチをみると、


ピポー♫
4:16/500mペース

まずい・・・さらに・・・かなり下がってきてる・・・

こころの声が常にまとわりついてきます。


○心のこえ


晋どん・・・もうここらでよかろうもん・・・・
(誰だよ❢❢)

よく頑張った。いろいろわけもあるっちゃけん、
もうここらへんでよか。


もともと補欠なんやけん、ここらでよか。


などとよくわからない
有象無象がよってたかって心を削ってきます。



タイムが下がってきていることを

上り坂のせいにしている自分が確かにいました・・・




しかし野球場の電光掲示板が見えるところで、
手をふる女性が・・・・


”まぶちさーん!”





”借り・・・かえしましょーーーーっつ!”




そうだ、、、



そうだ・・・・




借りを返しにきたんだ・・・・




そして

スタートできなかったひこさんの思い、

そして帰りを待ってる4人のために、

応援してくれるメンバーのために。



まぶちよ・・・・

おまえ、こんなところで

サボってどうすんだ・・・・




サボるという行為は悪魔のように
心を蝕んでくるんです。


しかし




たとえ、抜かれたって、


失速したとしても、


自分が今できる最大の努力をすれば、


次につながる。


そんな大事なことをいままで学んできたんじゃないのか❢


お前、もしかして頭だけじゃなく、




心までハゲてるんじゃないのか!!
(やかましいわ❢❢)






自分の弱さ、甘えや、楽したい、
という想いを消し去ってはしっていきます。





もう迷わない❢❢



ここから心の弱さを消し去り、


心にかけた保険や安全帯をすべて外します。




もう残りの距離なんて知らんわ❢




ロングスパートをかけます。



3:38/kmー500m



頂上に登ると一旦下って最後のトラックに入っていきます。



しかし悲しいかな



トラックに入る前に中学生に抜かれます・・・


くっそ速いなこの子・・・


子供くらいの子に抜かれます。






君は中学生かい。


いいことを、そう。大事な事をキミに伝えておこう。
我々、アラフォーにはプライドとか
君みたいにツヤッツヤで
しっかりした髪の毛なんかはなからないんだ。

(いやあるわ!ないのお前だけお前だけっ❢)
( ゚,_ゝ゚)バカジャネーノ 



ついてこう、この子に。



風よけになってくれっ❢❢

恥とか、外聞とか、スマートとか、キレイとか、かっこいいとか、おしゃれとか、

そんなんどうだっていいんだ。





キツイというのはまやかしなんだ。


それはアタマが発する幻覚であり、
いわゆるひとつの、幻聴なんだ。



だったらそんな声はもうきかない。



まだまだ・・・






まだまだ・・・・







まだまだ・・・・・・・




まだやれるはずだ・・・・・





限界?それはただアタマが勝手に決めたリミッターだろっつ❢❢❢



40秒の無酸素、

それに筋肉中のクレアチンを燃やす8秒ダッシュを

絞り出せるはず。




こころのリミッターははるか先にあるんだっ❢❢❢




ここで辞世の句がでます。

浮世をば、今こそ渡れもののふの
名を中池の苔に残して。
(ほとんどパクリだバカッ❢❢❢)



ぜったいに諦めないセキサイ魂を

それをひたすら地獄トレタバタで
鍛えてきたんだろっ❢❢


今こそ出すんだ❢❢




最後のトラック、前には中学生が

おそらくキロ三分前半で走ってるはず・・・





追いつけはしないが・・・・・






ついていこうとはできるはずだ!!




そして最後のスパート、



3:32/km/のこり100mラストペース




中盤激タレしましたが、最後にペースがあがっていることが自分でも信じられませんでした・・・





頭で走るんじゃない。こころで走るんだ❢❢
それが駅伝なんだ❢❢






そして

頼みます・・・・


3走ナベさんにたすきを渡し、肩をおしました・・・・



チームセキサイの中濃駅伝、

いよいよ後半戦にいったいどうなってしまうのか・・・・










関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply