FC2ブログ

家事が全くできない父親が仕事とロードバイクオンリーで家族に迷惑をかけ続ける感動のブログ

冬の中山道を行く160km

 2
 0
さてみなさまこんにちは。

まぶちでございますよ。

駅伝後、デブ活がすすみにすすんで、体重が一気に65kg近辺まで

1ヶ月もたたないのに5kg程度も跳ね上がりましたよね。

さて、そんなデブ活ですがもうすぐ終わりを迎え、25日からダイエット生活に入ります。

伊吹山に向けですね。


最近は自転車にガッツリ乗れてないので、久しぶりに中山道へ行こうと思いました。

コースは、関市⇒富加町⇒美濃加茂市⇒八百津町⇒瑞浪市⇒恵那市⇒中津川市⇒加子母村⇒東白川村⇒白川町⇒七宗町⇒川辺町⇒ゴールという5市4町2村にまたがる広大なコース。

だいたい行って返って160kmコースです。

獲得標高は1900ー2000m位になります。

朝はあまりに寒いので7時にスタート

まずは八百津からヒルクライムで日吉の高原に上ります。

高原のおばあちゃんのお店に行こうとおもったらまさかの休店

体重が思いのでヒィヒィいいながら。

ここでほぼ足が終了します。

やや霞んでいましたが、御嶽山が見えました。

DSC_1687.jpg 
ここから細久手宿をすぎて大湫宿へ。

大湫の茶屋に行こうと思ったんですが、まさかの閉店状態。


最後の希望、大湫唯一の売店である若竹屋さんに。


なんとやっておりました。

そこでパンを補給

可児市の酵母工業有限会社さんというパン屋さんのようです。

初めて聞きましたが、とても美味しい。
DSC_1688.jpg 
カロリーも300kcalを下回っております。

脂質が若干多いかなと思いましたが、
とても美味しかったです。

さて、ここから324号線を一旦おり、再度登り返します。

登り返してさらに上り、やっと到着、石窯パン工房さんです。

line_1550366719675.jpg 
これで400円という驚愕のコスパ。

笠置山が見えます。

その向こうは見行山でしょうか。

見晴らしもよくストーブの暖がとても嬉しい。

それにこれだけでは足りないので、売店でパンを購入してすぐに出発。


川上屋さんの前にでてくると恵那山が間近に見えてきます。


DSC_1690.jpg 
ここから木曽川を渡ると
向こうには南アルプスの山脈がとてもきれいに見えています。

冬場は外に出るとさむすぎてキツイですが、晴れがおおくて空気も澄んでいるのでいいですよね。

DSC_1692.jpg 
対岸には東濃のディズニーランドこと、恵那峡ランド+天界苑と、笠置山が見えています。

冬季閉園中です。

3月中旬から開園です。

DSC_1694 (1) 
ここから一旦北上し、福岡の台地に入っていきます。

途中御嶽山がちらっと見えます。

手前には中規模の山が見えます。

御前峰?

DSC_1697.jpg 
裏木曽とよばれるだけあって、台地がなだらかに広がり、付知川が河岸段丘を作っています。

伸びやかに広がる台地は信州を思わせる雄大さを併せ持っています。

中濃地区というのは長良川の本流においてさえどこか狭隘で”谷”ごとに文化的隔絶感を感じますがこちらは違いますね。
これがここらに毎回来てしまう要因なのかもしれません。

しかし標高が高いだけあって寒い。

気温は12時地点で5℃

振り返ると恵那山が見えます。


笠置山や二ツ森山にはほとんど積雪がありません。
一方で西濃の伊吹山は雪化粧で大変キレイです。

実は二ツ森山と伊吹山標高そんなに変わらないんですよね❢❢❢

調べると、二ツ森山1,214mに対し、伊吹山は1,374m

てっきり1000mくらい違うようなイメージですが、これが西濃と東濃の違いですね。
北からくる北西風は伊吹山系にぶつかりここで大きく雪をふらせます。
乾いたからっ風が猛烈に吹き下ろし、東濃地区は晴れが続く。
これが東濃の気象のようです。

そのため晴れが多く登山や自転車に適しています。

DSC_1699.jpg 

さて、ここからは付知を北上します。

さのやさんという地元スーパーでドリンクを購入し、塞の神峠に挑みます。

標高はおよそ700m

ここから一気に下り加子母村へ

東白川と加子母の分岐が

”まんが”という交差点なんですが、ここにローソンができてました。

しかもイートイン付き❢❢❢

ここでコーヒーを補給し

東白川へ。


ここからは緩い下りのコース。

ほとんどパワーもでず、白川町へ。

白川は、白川口のパン屋さんで今日何回目?というくらいのパンで補給。


ここから41号を南下していきます。


この谷合である断崖絶壁を通るルートで大変危険なんですが、
隅っこを小さくなって走ります。

途中橋を渡ると七宗町へとおる裏ルートにでてホッと安心。

川辺町下麻生に入るとここで五平餅の看板があるので、ここで休憩
珍しい五平餅のお店なので
女将さんが、瑞浪の出身ということで納得。

味噌ダレ、えごまダレ、くるみダレ。
たくさんの種類があるようです。

雑穀米を使った腰のあるモチでとても美味しかったです。
瑞浪のあまから堂?さんというところがおすすめのようです。

やはり東濃に行ったら五平餅を食べないわけには行かないのでとても嬉しかったです。

ぜんざいもやってたのでぜんざいで補給。

脂質を抑えて糖分だけを取れるのがダイエットLSDライドに必須なので美味しい補給ですね。
DSC_1702.jpg 
興味深いのでいろいろ聞いてましたら、

山には上りますか?

とのこと。

聞くと、手前のこの山がどうも古城だったようで30分でのぼれるとのこと。

こんな断崖絶壁ですが、ルート整備により上りやすくなったとのこと。ぜひ登ってみたいですね。

DSC_1704.jpg DSC_1701.jpg

午後4時に近づいてきたので早々に退散しました。


それにしても久しぶりの160kmライドは体がガタガタに成るほどでした・・・・


2月中旬でまだまだ寒いですがとても楽しかったですね❢❢❢



関連記事

2 Comments

There are no comments yet.

flat plat  

御幣餅

東濃方面に行ったときに入手した御幣餅マップみたら、すごい店の数。味付けや形もいくつかの流派があるみたいで面白いですね。
あまからさんは東濃GFのゴールで毎回出てましたので昨年食べていたかもよ。
(^^)

2019/02/24 (Sun) 00:06 | EDIT | REPLY |   
トマト工業マボ

マボ  

flatさん

あまからさんは、聞いたことあったんですがそう言えばとうのうグランフォンドの最後に食べたの美味しかった気がします❢❢❢
あれだったんですね❢❢❢

東濃にいくと五平餅を必ず食べるんですが、家族はあまり好きではないみたいです・・・

テンションの違いにガクゼンとしますね(笑)


2019/02/28 (Thu) 19:38 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply