FC2ブログ

家事が全くできない父親が仕事とロードバイクオンリーで家族に迷惑をかけ続ける感動のブログ

平田クリテの応援に行ったらなぜかC1で走っていた話

 0
 0
今日はクリスマス。

子どもたちは嫁さんが怖いのですが、
なぜか私のことはちっとも怖がらない。


下の子が変な色のパンツを頭にかぶせてきたので

”サンタさんかバカッツ❢❢❢”

というツッコミがでましたよ。

どうもこんにちはまぶちでございますよ。


○平田クリテリウム応援○

岐阜というのは本当にサイクリングの聖地ですね。

乗鞍スカイラインヒルクライムや、伊吹山ヒルクライムなどがあります。

平坦派にとっては背割り堤や木曽三川の堤防群があります。

毎回出ている長良川クリテの他、

さて、岐阜では月に1回平田クリテリウムが開催されています。

オーレーシングも朝練チームが最近ここに参加しています。

C5、C4、C3、C2、C1とカテゴリが分かれております。

関西からもアクセスが良いので、東海三県、北陸、関西から豪脚自慢の平坦派ライダーが揃っているのです。


さて、平田は長良川クリテとことなり直線距離が短い。

そのためハードなインターバルが繰り返されるスプリンター、パンチャーの御用達のレースなのです。

さて、日曜は付知方面に行こうと思いましたが、雨が振りそうだったので、急遽平田組の方に応援に行くことにしました。

迫間の峠を越えようとするも道をロスト、結局2回間違えて違うルートをとおってきましたよ。

途中各務原で土砂降り・・・・

途中からL4強度で回していい感じに。

○平田到着❢

平田に到着すると、みんなから”まぶちさん❢”

呼ばれましたよ。

みんなの笑顔でしたね。

”レースまだですか❢?”

聞くと、もうすでに終わったとのこと。

としさん、M田さん、I藤さん

落車で、後続もろともレースが終わってしまったとのこと。

しかし、事故もなく良かったです。

前日オーレーシングの飲み会で、としさんから聞いていた、
ミスター300WのコバトN田さんが❢

バスケット選手だったらしく191センチの超長身と
なんと言っても300オーバーのパワーが特徴❢

重戦車タイプ

いつか背割り堤走りたいなぁ・・・

○お話

会場でワイワイやってましたら

だれかが
”マブチさん、C1でたら❢?”

言われましたよ。

C1といえばエリートクラス。

私もいつかはエリートクラスで走りたい。
その思いでクリテリウムに出走しているわけなんです。

興味はあるんですが、

”1,000円で出れるよ❢”

とのこと。

まさかの当日エントリー可

というわけでテントの前に行くと、

”出れますよ❢今なら❢”

言われました。


”いや、エントリーは可能なんでしょうけど、実力の方が・・・”


しかし
夢にまでみたエリートクラス(C1)

長良川クリテでもクラスで6位以内にはいって上位昇格し、
実力で出るべきなんですが、いつかはエリート。
そこに到達するまでに、経験すべきことがあります。

奇しくも前日オギウエサイクルさんの飲み会があり、

オーレーシングスーパーエース
N地さんと話ました。


”N地さん、こないだ1時間エンデューロ惜しかったですね(3位)

多分N地さんのことだから、前ひきまくったんじゃないですか!?”


したらN地さん言いましたよ。




”前牽かずにこそこそ勝ったって、
それは本物の勝利やないで❢❢”



やっぱりオーレーシングはこうなんです。


これがO魂。

で、N地さんにいつかは同じクラス、エリートクラスで走りたいというと、



”いますぐエリートで走ろう❢エリートクラスの走りはそこでしか学べないことがある❢❢”

そう言われたんですよね。





で、その翌日。


周りは、C1出ましょう❢ということで勧めて来ます。


通勤はL4(FTP)レベルで30分間走を繰り返しています。

脚は絶好調、ホイールも山岳用軽量ホイールを装着してます。



エリートでしか学べないこと。



これは行くしかない。







オーレーシングのみんなに背中をおされるように、

テントに向かっていました・・・・





初めてでるエリートのレース。



そこには信じられない修羅たちが集まってきていました・・・



エリートでしか学べないこと・・・・

それはなんなのか。



そして

驚愕の展開とそのレース展開・・・


一体どうなってしまうのか・・・・


つづく・・・



関連記事

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply