FC2ブログ

家事が全くできない父親が仕事とロードバイクオンリーで家族に迷惑をかけ続ける感動のブログ

熊野古道ヒルクライム2018観光

 2
 0
さてみなさまこんにちは

まぶちでございますよ


kumano500DSC_0576 (1) 
非常に遺憾ではありますが、
私表彰式にはなんのご縁もありませんでしたので、
(泣くなバカッ❢❢❢)
kumano500DSC_0503.jpg kumano500DSC_0491.jpg
エイド食をいただいてトークショーを聞いたあと
あらためて那智の滝を見に行くことに。

○かまセンさんへ

今回は、キナンチームのスポンサーであるかませんさんに行き
お土産を買うことにしました。

kumano500DSC_0506.jpgkumano500DSC_0507.jpg

海のダイヤモンドことマグロくん。
ほか、お土産をいくつか購入。

店内はとても流行ってました。

試食も一杯ありました。

外国の観光客が大変多いことにびっくりです。
どうやって調べて来るんだろ。


○大門坂から熊野古道へ

大門坂駐車場に自動車をとめ、自転車で上に向かいます。
石畳ができています。

kumano500DSC_0509 (1)


kumano500DSC_0511.jpg

コースにあった夫婦杉です。

自転車で登っていくと

駐車場のおじさんに

”レース終わったんかぇ?”

聞かれましたので、

”終わりました❢❢❢”

答えました。
地元の方々に愛されているイベントなんですね。

つづら折れを超えると那智の滝へ。

kumano500DSC_0520.jpg

那智の滝の飛瀧神社(ひろうじんじゃ)です。

石畳を歩いていくと、

kumano500DSC_0523.jpg

周りを樹齢数百年の大木が囲みます。

kumano500DSC_0525.jpg

比高差130m日本一の大滝です。
kumano500DSC_0530.jpg
kumano500DSC_0531.jpg

イメージ通りの
熊野古道ですねぇ・・・・
kumano500DSC_0533.jpgkumano500DSC_0534.jpg

さて、ここから参道商店街へ。
kumano500DSC_0536.jpg

お土産屋さんがのきを連ねています。

kumano500DSC_0537.jpg

とりあえずソフトクリームを購入しました。

地元の黒蜜ソフト。

バニラに黒蜜かけただけなんですが、これがまた

ムムムム・・・・



ムンマイ。


ということで賞味しつつ階段を走って登ります。

時間が押してるんでね。

kumano500DSC_0540.jpg 

那智大社へは斜度7%(感覚比)を登っていきます。

自転車ならすぐなんだけどなぁ・・・

途中でサイクリストの方から

”こんにちはレースですか?”

と声をかけられました。

聞くと大阪から自走してこられたとのこと。

これから自走で帰るようで、往復500kmくらいになるんじゃないでしょうか?

”頑張ってください❢❢❢”

声をかけてお互いお別れ


今日はとにかくよく声をかけられる。
こういうときは多分いい顔をしているときですね。

kumano500DSC_0564.jpg

参道にはたくさんのお店があります。


 


kumano500DSC_0565.jpg

あの三角ぼうしほしいなぁ・・・とか思ったりして。
多分嫁さんに怒られそう。


kumano500DSC_0545.jpgkumano500DSC_0547.jpgkumano500DSC_0548.jpg

さて、頂上にちかづくと樹齢数百年の木々があたりを囲んでいきます。

kumano500DSC_0551.jpg
kumano500DSC_0553.jpg

鳥居をくぐるとそこは那智大社

眼前に山々が広がります。

○神々と山々

古来よりこの山と神がつながっていた事がわかります。

我々が好き好んで山に登るのも
また精神的な理由かなにかがあるのかもしれません。

心の中のいろんな不純物をヒルクライムとこうした景色で燃やしつくすことができたのかな。

kumano500DSC_0558.jpgkumano500DSC_0561.jpg

途中、大きさはそれほどではありませんが、とんでもない樹齢をほこる木がありました。


kumano500DSC_0562.jpg

3重の塔と那智の滝
kumano500DSC_0567.jpg 

はるか頂上からは後光が差していました。



帰りの参道で観光客の様子を見てると、おじさんが
”ソフトクリームなんにする!?”

聞いてきましたので、

”あっじゃあこの黒蜜ソフトで。”

ということでまさかの本日2本目

まぁいっかということで食べます。

タレがかかっているやつほどではないものの
とても美味しかったですよ。

○那智勝浦とお別れ

大満足で15時30分ころ、あたりがうっすら暗くなってきたくらいに
ここ、那智勝浦とついにお別れ。


ちょっと名残惜しいな。

勝浦から

泊まった新宮へ

そして熊野へ向かいます。

海岸沿いを車で走っていきますが、それはそれは美しい熊野灘の景色。

熊野あたりにつくと、大きな平野の向うに1000m級の大山が連なり
雄大な景色が広がっています。

もっと海賊が住み着くような狭隘な地に細い家がひしめきあっているのをイメージしてたんですが、全く違いますね。

しかしここは外部と完全に隔絶された独特の空気感を持つようです。

○地元の食堂へ

チームせきさいは地元に貢献するのがモットーですから
やっぱりイベントのときは地元でお金を使いたい。

ということで熊野の食堂に入りました。

kumano500DSC_0571.jpg
 


kumano500DSC_0572.jpg 

普段バラ肉は食べないんですが、今日は特別。
トンテキ丼です。


kumano500DSC_0574.jpg


いつものように渋滞する鈴鹿ー四日市間をほうほうの体でぬけて
夜帰ってきましたよ。


多分走行時間5時間超!

三重の渋滞をなめてました・・・・




あぁあああ来年も出たいなぁ・・・・

めちゃくちゃ遠いけど・・・・

 kumano500DSC_0576 (1)



熊野古道ヒルクライム

終わり・・・ 



関連記事

2 Comments

There are no comments yet.

KATAOKA  

楽しいブログありがとうございました。
超過酷なレース入賞!おめでとう!ございます。
確かに遠いですよね。
あとちょっとで本州最南端の潮岬ですから。
5時間超ならこっちもレースなみに速いですよ。(笑)

2018/11/10 (Sat) 00:53 | EDIT | REPLY |   
トマト工業マボ

マボ  

KATAOKAさん

ありがとうございます❢

パンクや落車が結構あったようなので、運が良かったと思います。
距離よりも三重の渋滞で何倍にも遠く感じました・・・

潮岬は聞いたことだけはあったのですが、なんとあの先にあったのですね❢❢

初和歌山、とても良いところでした❢

2018/11/11 (Sun) 21:44 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply