FC2ブログ

家事が全くできない父親が仕事とロードバイクオンリーで家族に迷惑をかけ続ける感動のブログ

私は協調性のある男ですよ!

 2
 0
250px-Takanohana.jpg

さてみなさまこんにちは。

まぶちでございますよ。


連休はいかがお過ごしだったでしょうか?

私も土曜日が終わると、クッタクタでしてですね、
ぐたーッっとなってしまうんです。


日、月と連休だったので、日曜は軽めに八百津方面に行ってまいりました。

月曜は母と嫁さんと、子供と金華山にいってまいりました。



◎金華山

金華山、別名稲葉山。

岐阜城があるところですね。

この岐阜城市民の絶好のハイキングコースになってるんです。

朝はウォーキング、ランニング、そしてたまに自転車のり

と言った感じ。

車でも登ってくる人がいますが、県外ナンバーも多いです。

あんまり車でのぼるとこじゃあないですね。

◎家族で登山

嫁さんと登山に行くのは何年ぶりでしょうかね。

うちは母と嫁さんがなかなか、仲がいいんですよね。

嫁さんも両親をはやくになくしてるんで。

それはいいんですが、
両方揃って私を攻撃してくることがあるんですが
なんでなんですかね。
(生活態度がひどすぎるわ❢❢❢)

まぁただ、そういう声に関しましては
私も真摯に受け止めることにしておるのでございますよ・・・・


kikoenai.png 
正直あんま聞こえない。
(バカだろ!)

◎朝は早いぞ

朝6時に家を出ようと提案してたんですが、
速攻却下されましてですね、
朝7時30分という我々自転車のりにとっては非常に遅い時間帯での出発となりました。



”飴入れた?❢❢❢あれをわすれちゃあいかんよアレを❢❢❢ミルク味ね。ミルク味。”



”急げ!急げ!なにしてんだ❢❢❢もたつくんじゃない❢❢❢朝日が終わるぞ❢❢❢”



”金華山ってのは、朝日で金ピカにかがやくもんなんだよ❢❢❢早くするんだ❢❢❢

もたつくんじゃないヨ❢❢❢なにしてるアルカ❢❢金華山なめるんじゃないアルヨ❢”




ってんで家をでて


母を迎えに。


いざ出発❢❢❢

したら

”あーーーーっっつ”






”携帯忘れた・・・・”


ってんで、20分のタイムロス。
(なにやってんだバカッツ❢❢❢)


◎協調性のある男

母親、子供、嫁さん、そして私
このメンバーの中で唯一金華山に徒歩で登った男。

それが私

通称

マブ乃花であります。

250px-Takanohana.jpg

私もいわゆるひとつの協調性のある男ではないですか。

ところで嫁田氏、
(だれだよ❢❢❢)

ボクちゃんチャーリーズエンジェル(自転車)でいくから、
あとはウォーキングでのぼってって❢❢❢

このドライブウェイ登っていくと
途中でっかい看板あるからそこから山のぼってけばいいから。

テキトーに上にいけばなんとか着くから。

えっ❢❢❢道がわからない!?
大丈夫大丈夫❢❢❢
太陽みて登れば上につくから。

太陽上、地面下ね。ワカル!?


ってんで、私は自転車。あとの初心者は登山で登ることに。
(なんつー協調性だバカッツ❢❢❢)

◎なぜに金華山を自転車でのぼるのか。

なぜに金華山を自転車で登るのか。

それはまだレースがあるからでございます。
今回、神戸で行われるちくさ高原ヒルクライムに出走することになりました。

そのためまだまだ今シーズンは終わらないんであります。

乗鞍スカイラインヒルクライム:エントリー忘れ
陣馬片山ヒルクライム:ドコドン様がガンバリ過ぎて中止

ということで最後のレースになるんであります。

まずはウォーミングアップ

岩戸公園側から一本のぼり、岐阜公園側にくだります。

岐阜公園から一本のぼり岩戸公園側にくだります。

岩戸公園側から一本のぼり岐阜公園にくだります。
ここでそこそこ力をだして心拍を一回あげておきます。

岐阜公園側から頑張ってのぼることに。
今回ビルドアップ方式で登ることに。

5分、7分のタイムアタックでは、最初からVO2MAXレベルの限界値で登ったほうが最終タイムはよいのですが、今回は実験も兼ねて。

最後に向けて多少パワーは改善したものの、どんどん下がって結局はベスト更新から10秒以上遅れてゴール。

岩戸公園側に下ってここで20km獲得標高600m

◎七曲コースまで

ここからドライブウェイをゆっくり登って岐阜城七曲りコース分岐点まで
自転車をドライブウェイに置いて徒歩で岐阜城まで向かいます。

DSC_0146.jpg 

ドライブウェイから分岐があり、岐阜城へ尾根伝いに行くコースがあります。

これが七曲りコース。

大手道のような広い道がついています。

推定時間はおよそ30分ということですが、
小走りで向かいます。

秒速で息があがります。

たくさんの登山者、ハイキングの方々がみえました。
2018-10-08-09-45-46.jpg 
さて、頂上につくとちょうどみんながいて合流することに。

岐阜城に行ったメンバーは頂上のリス村にいくことに。

私は協調性がある男ですから、

ひとりで岐阜城に登ります。
DSC_0159.jpg

この城高石垣ですが、3層と低く、2Fの主張がすごいこと。
頂上の安全柵のセンスがなさすぎて人気がないのですが、

大垣城や郡上八幡城のように美しい城であればもっと人気がでたのかもしれません。

岐阜らしいといえばそうなのですが。

しかし頂上からの眺めは絶景です。

西をむくと伊吹山が見えます。

ちょうど凹んだところが関ヶ原でしょうか。

DSC_0147.jpg

冬はあの伊吹山山系から乾いた風が吹き下ろしてきます。

これが伊吹おろし。

夏はモワモワの南かぜ、
冬はカラカラの伊吹風

であります。

そして今回びっくりしたのが、北北東の御嶽山、そしてその向うの乗鞍岳がしっかりと見えたことです。
DSC_0165.jpg DSC_0166.jpg

東は笠置山が。
恵那山は雲がかぶって見えませんでした。




 DSC_0168.jpg

御嶽山がしっかりと見えます。
その左手には乗鞍岳が。

セキサイのKATSUさんが登って手をふってるのがよく見えました。
(ウソつけ❢❢❢)


DSC_0174.jpg

南には名古屋のセントラルタワー群がみえます。

DSC_0180.jpg

さて、帰りは下の道をたどって帰ります。
ここに石垣と井戸があるからです。

DSC_0183.jpgDSC_0185.jpg 山城における石垣の役割は土留のためと思われます。

それなりに加工した石を丁寧に配置してありますね。

2018-10-08-10-12-47.jpg  DSC_0155.jpg 
尾根をぶったぎる堀切。
堀切の上に橋をかけていたようです。

DSC_0156.jpg

山城の遺構群も多少のこっていることがわかりましたね。 




帰りはみんなでパン屋によって、純喫茶でモーニングを食べて帰ってまいりました。

距離や獲得標高の割に体がGATAGATAになりましたよ。

とても良い天気で絶好の登山日和でしたよね。 

というわけで金華山七曲りコース。とてもおすすめですよ❢❢❢








関連記事

2 Comments

There are no comments yet.

katsu  

見えてましたよ(^ ^)

乗鞍から金華山で手を振るマブさんが見えてましたよ〜(笑)

ヒルクライムエントリー出来たのですね!
応援してますよ!

2018/10/09 (Tue) 19:38 | EDIT | REPLY |   
トマト工業マボ

マボ  

KATSUさん

やっぱり見えてましたか?

僕も見えてたんですよ❢❢❢
(嘘つけ❢❢❢)

ヒルクライムはなんとか間に合いました・・・

せきサイの看板せおってがんばってきます❢❢❢

2018/10/11 (Thu) 12:31 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply