FC2ブログ

記事一覧

森カフェに行くグランフォンド

さてみなさまこんにちは。

まぶちでございますよ。


日本代表がんばってるんで楽しみですね。

個人的には酒井宏樹選手を応援してます。

サイドバックにしてはサイズも大きく、一対一にも強く、かつ攻撃参加もできるというサイドバックでナガトモ選手とともに両サイドワールドクラスですよね。

私が現役の頃は攻撃参加しても役にたたないので、
左サイドハーフと一緒に

監督から
”お前たちのサイドに攻撃は期待してない。”

言われましたよね。


○乗鞍スカイライン

乗鞍スカイラインが迫ってきており
わたくし自称クライマーにとっては前期のメインレースなんですよ。

で、そのメインレース。

乗鞍スカイラインに向けてタバタをやっているんですが、
あれ4分全力走じゃないですか。

通勤もありますが、雨や出張が多くなかなか走れない。
家に帰ってからの1時間走などは時間的に難しく、
距離を乗れるのが日曜のみになってしまうので、
どこへ行こうかという選択が非常に重要になってくるんです。

○行き先を決める。
というわけで阿木湖へ行こう。

そう思いました。

ここは恵那の岩村近辺にある人口湖です。

湖といっても山間にあるダム湖であり、
この周辺におしゃれなカフェがあることがわかったのでございます。

まぁ僕も佐世保にいた時代は飲み会において
佐世保のマーライオンとまで呼ばれてたわけじゃないですか。
(おしゃれ要素どこにもないわ❢❢❢)

このどこへ行こうか。考えてるときが一番楽しいですよね。
日頃のストレスを忘れられる瞬間。


無理な減量やへんてこなトレーニングで調子を落としていましたが、
走れてた時期というのはそれは距離を乗ってたときなんですよね。

○チームセキサイの好きなコース。
チームセキサイには大きく分けるとコースが2パターンあります。

1.南や板取、八幡などの平坦コース
2.中濃や東濃の山岳コース

大きくは2つに別れます。
板取や八幡は普通に考えたら山岳なんですが、チームセキサイ的には平坦なんですよね。

僕は体重があるときからやっぱり山岳コースが好きなので
山岳中心となります。

自分の好きなコースで距離を走ること。

いくつも現れる小峠や、ときに現れる大型山岳をのぼりつつ目的地を目指す。
これを繰り返すことがだいじなのかなぁ・・・と思うわけです。


○八百津から○

楽しみながら走ろう。

そう思ったわけですが、やはりヒルクライムを控えて現状を認識する必要があります。
最初の方にTT(タイムトライアル)をやりたい。
義務みたいなもんですね。
まずは八百津潮南クライム。

別名しおなみ街道
ここは約10kmに渡って信号がない道が続いています。

今回のターゲットは295W程度で30分走りたい❢❢❢

ということで序盤調子が良かったのか300Wペースで走れたのですが、
(エネルギー供給系がCP系、解糖型を使えるため勘違いする。)
すぐにタレがやってきまして、ズルズルズルズル下がり続け、結局17分293Wで断念。
完全にオールアウト。
序盤踏むのはダメという事がわかりました。
(何回同じ間違いやってんだバカッ❢❢❢)

後半は流して頂上まで。

ここからは中野方の棚田を見たくなりそちらの峠へ。

AA600IMG_20180624_084615.jpg 



AA600IMG_20180624_084715.jpg


見事な棚田と笠置山のコントラストが広がりますねぇ・・・・

笠置山の向こうは二ツ森山があるはず。
なんでそんな名前なんだろうか。と考えてみる。

AA600IMG_20180624_084716.jpg


なだらかな丘陵地を切り開いた中野方村独自の形態が見て取れます。

豊かな平地が広がる濃尾平野地方と異なり、狭隘な山間部の東濃地方で棚田が発展しているのが対照的で面白いです。

貧乏な苗木藩領だったからかな。

AA600IMG_20180624_084718.jpg

笠をひっくり返したような山、
笠置山ですね。

若干の傾斜がついた形状が特徴的です。

AA600IMG_20180624_090309.jpg

たこやきの里まで降りてきて、流石にアレ、山岳ライド屈指のハードパンチャーじゃないですか。

超絶美味しいんですが、
ダイエット中のボディには相当きつい。

というわけでそこから2kmのかわいやさんへ行くも当日休業

反対側に行って、栃久保棚田へ登るのもまた一興かと思いましたが、
時間を急ぎます。


AA600IMG_20180624_090541.jpg

仕方なく戻ると史跡があったので無駄に登ります。

AA600IMG_20180624_090732.jpgAA600IMG_20180624_090734.jpg

かつての石垣跡でしょうか。
廃仏毀釈運動跡というのが史跡になっているのは珍しい・・・

○阿木へ

さて、ここから恵那の市街地をぬけて阿木川へ。

恵那の市街は新しい町みたいでとても楽しい。
国道19号線沿いにチェーン店が立ち並んでおります。
また新市街らしく碁盤目状に市街地が区切ってあります。

また大井宿にもいってみたいな。

ここを抜けるとすぐに岩村町なので
ほうぼうにNHKの半分青いののぼりが経っています。


阿木川の頂上まで5分タイムトライアル、

一気に高度をあげると
阿木川ダムへ。


AA600IMG_20180624_100035_1.jpgAA600IMG_20180624_100315.jpg


AA600IMG_20180624_101048.jpg 

阿木湖を左に眺めながら阿木方面に向かう山間部にそのカフェはあります。


AA600IMG_20180624_101050.jpg

斜度およそ15%の激坂を登ると・・・・


目的の森カフェが姿を表します。


朝の10時半

お店の子供が

”こんにちはーーーっつ❢❢❢”

声を掛けてくれたので

”こんにちはーーーっつ❢❢❢”

挨拶をします。
気持ちがいいですね。

AA600IMG_20180624_101205.jpgAA600IMG_20180624_101317.jpgAA600IMG_20180624_101502.jpg

ガーデンにはとてもおしゃれなウッドベンチが。

AA600IMG_20180624_101607.jpg

基本パン屋さんなので、パンを買ってコーヒーをと思いましたが、
かき氷を注文

AA600IMG_20180624_101912.jpg

ベーグルをお土産に、スティックを食べます。

AA600IMG_20180624_102057.jpg

でてきた
かき氷とんでもなくでかいです。

丼1杯。

氷がサラッサラで美味しい。
珍しい紅茶のアイスです。

2人で分けてもいいですよね。

他に地元の桃かき氷や、地元のいちごかき氷がありましたよ。

ホントはいちごも良かったんですが、
アラフォーのおっさんが一人でカフェで
いちごかき氷なんか食べてたら速攻通報ものじゃあないですか。

というわけで紅茶をチョイス。

ここは断腸の思いで紅茶をチョイス。

紅茶ならば、若干のダンディズムを醸し出せる。
(出せるか❢❢❢)

AA600IMG_20180624_103007.jpg

終わったらお茶を出してくれました。

○森カフェの醍醐味

森のなかなので、ミツバチが飛び交い、鳥のさえずりが聞こえてきます。

眼下には川が流れ、遠くの山々にはゆっくりと雲が流れています。

これが森カフェなんですねぇ・・・

AA600IMG_20180624_103543.jpg

ここのパン相当粘りがあり基本固めなんですが、
こういうパンが大好きなので、
嫁さんたちにお土産を買おうとおもって店内を徘徊。

お土産用にパンを2コかいこみ、
背中にさして再度出発❢❢❢


AA600IMG_20180624_103551.jpg 

店内にはジャムとかかな。

売ってましたよ。


AA600IMG_20180624_103745.jpg

また来たいな。

AA600IMG_20180624_103909.jpg

森の中を抜けて、

石窯パン工房の前の道をぬけ、
中野方への街道にはいります。

○飯地高原TT

ここから飯地高原を抜けていこう❢❢❢

そう思いました。

普段ならこっちは来ないんですが、
乗鞍スカイラインヒルクライム控えてまして、
ガチこぎしないと不安になるんですよね。

ここで飯地高原ヒルクライム。

頂上までは6km獲得標高約400mのクライマー垂涎のA級山岳(セキサイ比)

20分くらいが想定タイムなので
パワー測定にちょうどいいやとおもって踏み出します。

結局15分の地点で工事信号があり、止まることに。

こちらは290Wくらいをターゲットにしてたんですが、
パワーが出すぎて、後半タレるいつものパターン。

15分293W

ここからアップダウンを経て飯地高原唯一のエイドポイント

二葉屋商店さんで

でかき氷アイスとドリンク補給。


AA600IMG_20180624_114431.jpg

○しおなみ森の直売所へ

潮南に抜ける道で結構な強度で踏んでいると隣から

”ご一緒していいですか!?”


びっくりしましたが名工大にかよう大学生とのこと。

潮南森の直売所で休憩

一緒にいろいろ話をしましたよ。

自転車始めたばっかりという割に追いついてきてたようなので、

CIAばりに調査を開始すると
もともと長距離選手ということで納得。

なるほど心肺機能が高いんですね。

将来が楽しみだな。

G大の友達がいるということで
もしかしたらセキサイが誇る乗鞍チャンピオンクラス
てるくんの知り合いじゃないかな。


AA600IMG_20180624_122728.jpg

自転車以外でこんな出会いは無いかと思いますが、

とても楽しかったですよね。

旅は道連れ。


八百津の入り口でお別れし、あとはゆるゆる帰ってきました。

140km走って午後14時過ぎに家に到着。

やっぱりグランフォンドは楽しいな。





関連記事

コメント

知らなかった!

阿木にそんなおしゃれなカフェがあるんですね⁈

仕事でダム湖はよく通るんですが、今度行ってみようかな?

乗鞍ヒルは期待できそうですね(^ ^)

僕は行きましたよ!

車で。(^^ゞ

店の手前に激坂ありますよねー。

290wなんて凄いですね。来週は頑張りましょう!

KATSUさん

ダム湖よく通りますか?僕は初めてあそこを通りました。

なかなか良い場所でした❢❢❢

乗鞍はエントリーしていなくて出ることができませんでした(T_T)



> 阿木にそんなおしゃれなカフェがあるんですね⁈
>
> 仕事でダム湖はよく通るんですが、今度行ってみようかな?
>
> 乗鞍ヒルは期待できそうですね(^ ^)

flatplatさん

そうですそうです。店の手前に激坂ありました❢❢❢

当然押して歩きましたが(笑)
山間部にいい感じのカフェがあると嬉しくなりますね。

左パワーメーターの異常の可能性がありパワーは出過ぎてたかも知れません(T_T)

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

いらっしゃいませっ!

にほんブログ村 経営ブログへ

トマト工業株式会社
管理用

プロフィール

トマト工業マボ

Author:トマト工業マボ
岐阜県関市で建材などの加工と販売などをおこなっている
トマト工業代表のブログです。

明るく元気に!!

岐阜県で一番運がいい!!

平日は仕事
日曜はロードバイク

全く家事ができない父親が

電子レンジを爆発させたり
フライパンから火を出したり
お風呂をつまらせたりと
家族を困らせる日々を綴った
感動のブログ。

キッチンには立ち入り禁止。
冷蔵庫はあけるの禁止。
できる家事は自転車の掃除だけ。

☆愛車フォーカス カヨ2017
☆中小企業診断士

フリーエリア