記事一覧

嫁さんと子供で行く琵琶湖一周ビワイチへ DAY2

さてみなさまこんにちは。

まぶちでございますよ。


朝は早起き。
6時に起きて7時半には民宿をでます。

手をふってお別れ。

颯爽と湖畔を進みます。


AS6401IMG_20180503_174557.jpg 

AS6401IMG_20180504_071947.jpg

近江舞子の海水浴場です。
夏は大阪京都からのお客さんでにぎわうとのこと。

AS6401IMG_20180504_073452.jpg

出発すると琵琶湖バレイのある比良山脈蓬莱山が見えてきました。
あそこまでロープウェイで行けるとのことですが、
元スキー場で今はカフェがあるとのこと。

大変な人気でロープウェイで2時間まち、カフェで1時間まち、帰りに2時間まちとのこと。

途中サイクリングロードが終わると国道に面していきます。

後ろからの車に怯えながら、素敵なパン屋さんをみつけましたので立ち寄ってみます。
AS6401IMG_20180504_083238_1.jpg
AS6401IMG_20180504_081745.jpg

湖畔に面してとても美しい景色がながめます。


AS6401IMG_20180504_081751.jpgAS6401IMG_20180504_083238_1.jpg

ここをあとにすると、琵琶湖大橋まではもうすぐ。

AS6401IMG_20180504_085507.jpg

琵琶湖米プラザに到着。

朝早いのでやってませんでしたが、たくさんのサイクリストが。
AS6401IMG_20180504_085509.jpgAS6401IMG_20180504_090129.jpg

琵琶湖大橋まで少し上ると絶景が広がります。
なんといっても通ってきた道が見えるのがいいですね。

AS6401IMG_20180504_091447.jpg
ピエリ守山の前を通り
サイクリングロードを進みます。
ジャイアントストアの隣に琵琶湖サイクリストの聖地があります。

IMG_20180504_091543.jpg 
湖畔の水を飲むとやっぱり淡水。

ここから近江八幡へ行こうとしましたが、嫁さんが限界ということで短縮コースを。

帰りは追い風にのって颯爽と進みます。

スピードをあげたことによりおしりの痛みもすっかり消えたようです。

巡航20km以上からがロードバイクの世界なんですよね。
体重を使って踏めるようになればいいなぁ。

さて、途中あすぱらだいすしんがいさんというカフェをみつけ立ち寄ります。
IMG_20180504_104844.jpg 
中にはカフェやパン、それにソフトクリームもあります。

IMG_20180504_104948.jpg

 IMG_20180504_105750.jpg 
前日とはうってかわって強い日差しが山野を照らしてキラキラしています。

IMG_20180504_110252.jpg 
外にはテラスもあります。
IMG_20180504_113906.jpg 途中VOKKOさんというカフェもありました。

北欧雑貨とカフェです。

IMG_20180504_111921.jpg

中はこんなかんじ。
オシャレなセレクトショップとカフェが併設されています。
 IMG_20180504_113755.jpg IMG_20180504_114958_1.jpg

ここを出ると伊吹山が見えてきて、ついに戻ってきたことが実感できます。

裏通りを進んでいくと彦根城がみえました。 

IMG_20180504_121630.jpg 
そして彦根港へ。

2日間でしたが、無事かえってくることができました。

全行程150km

琵琶湖一周をすることで滋賀県全体を旅行した気分になります。

彦根、長浜の賑わいがある湖東に始まり
木之本賤ヶ岳の山岳地湖北

それにマキノサニービーチなど南面であかるい湖西を通り

琵琶湖大橋の絶景そして近江八幡、安土など歴史感あふれる湖南など
それはそれは景色が移り変わり旅感がすごかったです。

ゆっくりではありましたが、とても楽しかったビワイチです。

帰りはいつものように寂寥感に包まれながら家に帰りました。




関連記事

コメント

景色を観ながら

読みながら、へぇーこんなところがあったんだぁ、の連続でした。
私のビワイチはついていくのに専念していて、周囲を見る余裕がありませんでしたわ。(^^;
マブさんはビワ二でしたね。

家族ビワイチ!

家族でビワイチなんてすばらしいですね(^ ^)
山岳民族には珍しい景色を眺めながらのコースは良いですよね。

たまにはいいですね。

我が家も極まれに妻と一緒にサイクリングしたり、カヌーしたりしますが、そんなほんびりな遊びもいいものですね。

flatさん

片知2本は上までいくと2,000近くになるんではないでしょうか?しかもあの激坂❢❢❢

多分疲労がすごかったんでしょうね。

最初は3人でまわしていたのでとても楽でした。
琵琶湖またいきましょうね❢❢❢

KATSUさん

そうなんです。
山岳民族では考えられないコースなんですよね。

八百津とか片知とか板取とかですからね(笑)

セキサイビワイチもまだ参加できていませんが、ブログで楽しさが伝わってきますね❢❢❢

やましんさん

平坦コースが続く珍しいコースなので
奥さんと行かれると楽しいかもしれませんね。

カヌーもやるポイントがあるんですね。
キャンパーはたくさんいました❢❢❢

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

いらっしゃいませっ!

にほんブログ村 経営ブログへ

トマト工業株式会社
管理用

プロフィール

トマト工業マボ

Author:トマト工業マボ
岐阜県関市で建材などの加工と販売などをおこなっている
トマト工業代表のブログです。

明るく元気に!!

岐阜県で一番運がいい!!

平日は仕事
日曜はロードバイク

全く家事ができない父親が

電子レンジを爆発させたり
フライパンから火を出したり
お風呂をつまらせたりと
家族を困らせる日々を綴った
感動のブログ。

キッチンには立ち入り禁止。
冷蔵庫はあけるの禁止。
できる家事は自転車の掃除だけ。

☆愛車フォーカス カヨ2017
☆中小企業診断士

フリーエリア