記事一覧

実業団と走ろう❢❢❢その2

○いざ、決戦❢❢❢

さて、実業団名岐さんとの練習会。



とは言え今日は本気走りというよりシーズンオフの”ならし”
みたいなところがあろうかと思います。

○超強力なSTAR軍団

しかしそのメンバーがとにかく強力なんであります。

その昔3年前にセキサイクルツーリングで一緒にはしった
T士さん。大柄ですが、体重で遥かに下回るボクより山岳が早い。
SSPなんですよ。SSP❢
極端な前傾姿勢はエアロ重視といういかにも平坦派。
ハイパワーを長時間維持できるタイプでしょうか。
いわゆるSSP。

えっSSP?!
底知らずのパワーにきまってるじゃあないですか。
(わかるかっ❢❢)

そしてYTさん。
他のベンドの大柄のメンバーをみると、体格差が自転車のパワーを決めるかと落ち込みそうですが、体格は我々と変わらないんです。しかし
山岳では5倍超を軽々だせるというパワーウエイトレシオに優れた方。
セキサイクルツーリングでは、先頭を常に牽いていっている方。
ハイパワー×パワーウエイトレシオに優れた方。
超人ですね。

NHさん。
体重が70-80あるのにパワーウエイトレシオが5倍超というとんでもない方。
まんがの世界です。まんがの。
今岐阜サイクリストの頂点に一番近いとされています。

名岐三銃士ですね。
(今きめたろっ❢❢)

この3名がチームベンドの参加者。
全員が全員超級ですね。

しかし
我々オーレーシングも強力ですよ。

最近はヒルクライム表彰台常連となってきているM口さん。
我らがアニキです。
SNK能力の持ち主。
パワーウエイトレシオに優れ、驚異的な回復力を持つ方。
心肺能力が常人と違うんです。

まぁ実力は十分実業団クラスですからね。
えっSNK?
底なし回復力じゃあないですか。
(だからわかるかっつ❢)


M田さん。最近売り出し中の方
近い将来、岐阜のレーサーで知らない人はいなくなるでしょう。
パワーウエイトレシオに特徴をもつ心肺に優れた方
金華山7分台。
金華山7分台は岐阜ヒルクライマートップの証。
岐阜クライマー10傑といっても過言ではないでしょう。
ちなみにM口さんも7分台です。


そしてこのわたし。


しかしこの私もね、




チョネの池7分台なんですよ。
ちょねの池7分台。
(どこだよバカッツ❢❢❢)



間違えた、






スプリントが苦手なほうのグライペルでございます。
André Greipel 2016.jpg
(それただのゴリラや❢❢)


いやね、
なんかスーパーサイヤ人の中に一人だけヤムチャみたいな。そんな感じなんですよ。

はっきり言って無理ゲーじゃあないですか。

嫌な予感しかしない。

○クリテC1ファイターとは?

しかしね、ベンドさんみなさんクリテリウムC1ファイターらしいんですよ。

平田クリテリウムのC1といえば
ボクが毎回出ている長良川クリテでいくとエリートクラス。

つまりE1とかプロの世界なんですよね。

いつかはクラウンとかどうでもいいんです。

いつかはエリートですからね。ボクの場合。


これは一回挑戦しとかないとね。マーッマ、ママ。
(変な笑い方だな❢❢❢)



○出発

路面の凍結が心配でしたが、
YTさんとNHさんとが基本的に先頭交代しながら進みます。

序盤はそれほどのハイペースではありません。

後続で200w程度。
なんとかついていけるぞ。
yosouwouwamawaru.png
3強の一人T士さんは、前日飲んでたらしく、
今日はLSD(ロングスローディスタンス)に徹するとのこと。

たまに名岐さん2名が中心にまわし
M口さん、M田さん、そしてボクと回していきます。

自分の番になっても
先頭交代の合図なしで後ろからあがってきてくれるので、
前を牽く時間は少ないです。


後続200w、先頭300wー350w

こんな感じでしょうか。


それでも風向きによってガンガン体力がなくなっていきます。

もうね、HPが少ない。

しかしこの200Wの維持がキツイ。
たまーに回ってくる先頭で300-350Wで猛烈に足を削られます。

時間は短いんですがね。

他のメンバーが強いと離されると終わりなんで、一瞬たりとも気が抜けません。

数年前のオギ練を思い出しました。

やっと最近余裕が出てきたと思いましたが、
名岐練では、まだまだ余裕が一切無いですね。

まだ、ここまでは良かったです。


○背割り堤へ

そして背割り堤へ。

背割り堤は車がほとんど走らない、自転車道が10km続きます。

ここからが地獄の一丁目でございました。
kokokaraga_thumb.jpg 
先頭NHさん、T士さん、YTさん。

メジャーリーグのクリーンナップのような
パワー系ライダーの強烈な牽きで一気に42-3kmオーバーくらいに

私ひとりだけ草野球レベルなんですが・・・

パワープロフィール 
背割り堤区間10Kmで
sewari.png 
約10km14分270w、

50km走ってきてなお、この強度です。

さらに散発する500w-600wの電子レンジ級のもがきで、体力を失ってしまっていました。

背割堤最後には、

後続で千切れてしまいました。
borozoukin.jpg 
行きでこうなる気分がわかりますか!?

yosoudanisenu.png 
帰ってからパワーデータを解析します。
背割り堤では、14分であれば本来もうちょっとパワーが出たはず。

仮説ではありますが、5秒10秒でフルモガキしたことがわかるので、
このエリアで筋肉が伸び上がったと想定されます。

しかし
久しぶりに平坦で千切れましたが、課題が見つかってよかったです。

パワープロフィール mmpグラフ。
赤い線がこれまでの実績の最上位、つまり限界的実績値です。
赤い点線が類推される最大値です。

黒い実線が今回のライドです。

今回の黒い線と赤い実践が合わさっている部分があります、
これは今回のライドで自分の記録を更新した。
つまり殻を破ったということになります。


○折り返し地点

さて、岐阜からはノンストップで40kmを走っていきます。

時間にしてわずか1時間ちょっと。

岐阜から木曽三川公園、つまりは愛知、三重県境まで1時間ちょいで来てしまいました。

見たこともないおしゃれなコンビニで休憩。

パンがとても美味しかったです。


M口さんが

我々M田さんと僕に

”我々もあんな強いチーム(名岐さん)にならないとね❢❢❢”

言いましたが、

ボクもM田さんも
jisinnasi.jpg 
・・・・でございましたよ・・・・
(M田さんは終始ついていってましたが・・・)



○後半・悪魔の風

後半は大事なポイントがあります。

それは横風。

西高東低の気圧配置といいますが、

西の高気圧から東の低気圧へ猛烈に風が吹いてきます。

これが伊吹おろし。

この気流によって北陸が大豪雪地帯になっているのです。

濃尾平野全域にその猛威が振るいます。

北に向かって進むのですが、北西から風がくるため斜め前からの猛烈な横風になります。

これが体力のないものにとっては体力を奪っていく”悪魔の風”になるのです。
borozoukin.jpg 
さらに冬は夏より進みづらくスピードが出ない…

後半いったいどうなってしまうのか?・・・

○後半練スタート

さて後半も最初からYTさんがガンガン牽いていきます。

猛烈なパワーで全くパワー値がさがってません。
とにかくタフガイですねぇ・・・

対してこちらはどんどんきつくなって来ます。

どうもベンドのみなさんは本気を出しているようには見えないんですが、
こっちはガンガン千切れの予兆が出てきてます。

ボクもオーレーシングでは

”ちぎらー”と呼ばれてましたんでね。


略して

ちぎらけんいち。
(なんだそれバカッ❢❢❢)


もう最後の方は如何にして死ぬか。

それしか考えてませんでしたよね。

忠臣蔵の大石内蔵助の霊が乗り移ったかと思うくらい。

だいたいね、

YTさん→安定した牽き
苦しい・・・・しかしなんとかがんばるしかない・・・
NHさん→安定した牽き
苦しい・・・・なんとか・・・なんとか・・・
T士さん→安定した牽き
苦しい・・・・・・・・
M田さん→安定した牽き
もうすぐ自分にまわってくるぞ・・・まずいまずいぞ・・・・
どうしようかな2秒で変わろうかな・・・・
M口さん→交代後パワーが上がる・・・・・
あれーーーーーーーーーーーーーっつ
パワーがね、グーンと上がるんですよ。パワーが。

400Wくらいかな。後続で。


もうね、売る電子レンジはないんです。



で、千切れましたよね。


いい感じの千切れ具合。

最近のカップラーメンのスープの袋みたいな。
さくーっと千切れましたよ。


まさかの身内に討たれるという顛末。
borozoukin.jpg 

ここからは、T士さんが降りてきていただき、

”後ろに付いて❢❢❢”

の合図をしてくれます。

しかしながら全く前との差が縮まらない。


なぜか、それは
私のスピードが一切上がらないからです。



もう何もでない。


出るのは声だけ。

ああああうううあああ

borozoukin.jpg 
せっかく降りてきてもらったのに、

なんら力を発揮出来ず足を引っ張る構図です。


このころはすでに
体中の糖分グリコーゲンが枯渇したんでしょうかね。

多分一人だけ無酸素行きにちょいちょいトリップしてまして、
大事な糖分エネルギーが切れてしまったんでしょうか・・・






エナジージェルくらい




エナジ-ジェルくらい

kapon.jpg 


しかしここで終わり。

オギ練のような最後金華山みたいな拷問はありませんでしたよ。

堤防下に降りてユルユルと。


NHさんとお話しながらゴールまで。


ほんと終始足を引っ張り続けましたが、
オギ練を思い出しましたねぇ・・・・


後からパワープロフィール見ると部分的にこうして限界値を
突破しているので、良かったです。

これ以上距離があれば完全に野垂れ死にしてたので

ちょうどよい距離だったと思います。


それにしても久しぶりに平坦で千切れましたが、
課題と力のなさを感じさせられました。

千切れて後生きる。

オギ練でも最初そうだったように、
強い人たちと走ることで自分の走力を上げていかなければならないなぁ・・・
と感じました。

3年前を思い出したみたいでとっても楽しかったです。


また必ずリベンジしたい。そう思いました。

名岐さん、大変ご迷惑をおかけしましたが、ありがとうございました❢❢❢








関連記事

コメント

お疲れ様でした!

もうレベルが違い過ぎてとてもそんな練習には参加出来ませんT_T
マブさんみたいに強くなりたいです(^^;;

錚々たる面々!!

いやはやその面々でそれだけついていけるなんて!
今の私には到底出来ませんよ!!

リハビリ療養中の身ですし無理は出来ませんが
春の関サイクル頃にはある程度まで復活出来たらと思います。。。

超えろ!

やはり限界値を超える。強くなるにはこれしかありませんね。
マブさん今年は自分でびっくりするほど強なるよ。

僕も超えた練習しよう!
と、毎年思いはするんですよね。

今年は…

そこまでやろうとは思いませんが、ちょっと自分を追い込んでみようかな?って思います。
昨年でやっと体が戻ってきたので、全盛期とはいかないまでも、ぶつかって玉砕する元気を取り戻すのが目標です。

朝ごはんは大事

瞬間的な400wで千切れるとは、明らかにエネルギー不足でしたね(^_^;)
マブさんも2年前の時点ですら背割堤13分で走る豪脚です。
本来ならもっと行けたはずだと思いますので、近いうちにまた走りましょう(^_^)

としさん

ヒルクラ、デュアスロン表彰台のとしさんなら大丈夫だと思います❢
三銃士の方、セキサイの先導者の方だったのでとしさんのことよく知って見えました。
今年もとても楽しみな1年になりそうですね❢

きむさん

本当にそうそうたるメンバーでした。

たくさん千切れましたが、その分
課題が幾つか見えました!!

三銃士の方セキサイではきむさんと同じく先導者さんなのでよろしくお願い致します❢

flatplatさん

一人ではなかなか追い込めないのでとても練習になります。
自分の限界値を引き上げていきたいですよね。

まだまだ差がありそうなのでとりあえず今年はタバタを頑張りたいと思います。
(毎年っ毎年❢)

やましんさん

海外でサイクリングしてたときは”さすが”と思いましたよ❢

今年はお互い追い込んで行きましょう❢

パンチャーにいじめられないために(笑)

M口さん

終始IさんとM口さんの背中を追いかけてた頃を思い出しました❢

今年はM口さんのように華麗に進化したいと思いますよ❢僕の方は”蝶々”というより”蛾”の方ですが・・・

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

いらっしゃいませっ!

にほんブログ村 経営ブログへ

トマト工業株式会社
管理用

プロフィール

トマト工業マボ

Author:トマト工業マボ
岐阜県関市で建材などの加工と販売などをおこなっている
トマト工業代表のブログです。

明るく元気に!!

岐阜県で一番運がいい!!

平日は仕事
日曜はロードバイク

全く家事ができない父親が

電子レンジを爆発させたり
フライパンから火を出したり
お風呂をつまらせたりと
家族を困らせる日々を綴った
感動のブログ。

キッチンには立ち入り禁止。
冷蔵庫はあけるの禁止。
できる家事は自転車の掃除だけ。

☆愛車フォーカス カヨ2017
☆中小企業診断士

CustomCategory

フリーエリア