記事一覧

久しぶりの朝練へ❢❢心拍数は❢❢

さてみなさまこんにちは。

最近は暑いですね。暑い中でも走ってればそんなに暑くはないんです。
暑くは。

ただ、止まると暑いんですよね。
なので我々は動き続けていなければならないんです。
マグロと一緒ですね。マグロと。

どうもこんにちは。

まぶちでございますよ。

○オギ練へ○

先日久方ぶりにオギ練に参加してきました。

チームラインの方に誰か片知渓谷で走る人は?
というような案内が来まして、
色々あって

TOJ、つまりツアー・オブ・ジャパン美濃ステージの周回コースを2周走ることになりました。

1周約20km
のコースとなります。


で、参加する予定なのが

ヒルクライム部エースのM口さん

最近の強さが半端ないN織さん

そして最強との呼び声高いK林くん

の3人。

M口さんは立杉ヒルクライムの表彰台ですし、
N織さんは王滝ヒルクライムの表彰台。
K林くんは平坦でもヒルクライムでもめちゃくちゃ速いEクラスタ実業団選手じゃないですか。

というわけで、

一般人私だけじゃないですか。

スーパーサイヤ人×ヤムチャ的な。
borozoukin.jpg 
そんな感じでのスタートでしたよ。

朝、美濃のファミリーマートに集まります。

集合は朝の6時のため朝の4時台に起床し体重計にのります。

体重は62kg台。

数ヶ月前は67-8あったのですが、
対乗鞍ヒルクライム向けに軽量化し、軽量を維持しています。

5時半前に自宅を出発❢❢

6時というとなんか遅い気がするのは、時間的感覚がおかしくなっているからでしょうかね。


○TOJコースプロフィール○

さて、コースプロフィールはこうです。

美濃武芸川のファミリーマートがスタート地点です。
ここから峠を超えて一周する周回20Kmのコース。


最初半道峠を超えるために、緩やかな坂が続きます。
その後勾配があがり標高差150mE級山岳である半道峠へ。

ここを超えると一気に下り、板取川に出てきます。

ここから少しして折り返し、今度は国道の方にでます。

緩やかな下り勾配をすぎると長良川に合流。
長良川右岸を通ってくだり最後は美濃武芸川線に出る。

というコースです。
これを2周。

○一周目○

さて、皆の示し合わせで1周目は控えめで。

という話でしたよ。

しかし普通に考えたら

このメンバーでそんなことは起こるはずがありません。


最初のゆるい勾配からM口さんの強烈な引きが始まります。

特に軽量ハイパワーでパワーウエイトレシオに優れる3人。

ゆるい上り勾配は僕のストロングポイントではありますが、
後続でもヒィヒィ…

控えめのはずじゃあ・・・

先頭交代を繰り返しながら最初の山岳へ。


K林くんが先頭に。

控えめに…ということでK林くんはそれでもまだまだ余力がありそうです。


○今回の目標○

今回、

たとえ前で長時間引けなくても、峠で絶対にちぎれない。

というのが目標であります。

数分で峠を超えますが、常時300wが出ています。

トンネルを超えて下り勾配へ。


今度はN織さんが前に出て長く牽いていきます。


さて、平坦になり先頭交代で私が前にでます。


すこ~し牽いて後は交代。


○戦略的交代○

いや、これはね、戦略的交代なわけですよ。
戦略的な。

なぜか。それは今回の目的がちぎれないことだからです。


大事な山岳でちぎれれば後はついていくことすら叶いません。

一人旅になれば皆に待ち時間が発生します。
そのため迷惑をかけないためにも前を引く期間を短くしたわけであります。

それにですね、あとは・・・
(言い訳が長いわ❢❢)


平坦はなんとかなるんですよね。

パワーの絶対値は叶わないまでも近似値は出てるはずなので。

問題は峠。
峠は各人のパワー差が顕著になります。

その峠をどう乗り切るか。それを戦略建てて考えていく必要があるのです。
そのため平坦では足を貯めなければならない。

さて、国道に入れば、ペースは一旦ゆっくりになります。
クルマが多い通りで周りが見えないとクルマの邪魔になりますのでね。

コンビニを右折し、2周目に入ります。

このゆるい勾配はN織さんが牽いていきます。

昔から強いとは思ってましたが、
なにやらここ半年ほどで更にパワーアップした感があります。

サイヤ人がスーパーサイヤ人になったようなそんな感覚。
(例えが小学生かっ❢❢❢)

もともとパワーコントロールや操車技術が極めて優れているのが特徴。
パワーがあり、かつそこそこ軽量です。
パワーウエイトレシオに優れています。

今オギ練でも山岳でM口さんとまともに走れるのはこの人くらいでしょう。


ガンガンに牽いて行きますが、
直後の私はヒィヒィ…

やがて本番の半道峠へ。

子供といったときなんかは普通に20分から30分くらいかかったような気がする峠ですが、
わずか6分。

時速は20km程度です。

出てるパワーがとにかく半端なく、

ハンドルにしがみついていきます。

フルパワーでも追いつくのがやっとで

パワーが出ていないのか、体重が重いのかと問われればそうではありません。

乗鞍後も体重は62-3kgをキープしており、かなりパワーウエイトを上げて来ているはずです。乗鞍本番より軽いくらい。しかし
この牽きが強烈。

頂上付近に入ると、千切れそうになりますがなんとかかんとかついていきます。

若干間があきかけますが、そこに後ろから2人が来てブリッジしてくれます。


頂上までほうほうの体でいくとトンネル後、長い下りです。

この時点ですでに足がなくなってきていました。

下りに入り平坦区間にはいるとドラフティングでなんとかついていけるレベル。

ここから最後の国道に入る前の小さな坂で、K林くんの猛烈なアタック❢❢❢

もうね、これにはもうどうすることもできませんでしたよね。


○ちぎれて一人旅○

なんとか信号待ちでおいつくも、最後の国道1kmを残してちぎれてしまいました。

すでに足は残されていなかったようです。

わずか40kmでしたが、それはそれは良い練習になりましたよ。

K林くんと喋りながら帰宅。


○最大心拍更新へ❢❢❢○

今回の最大の収穫は、

最大心拍数を更新したことにあります。

半道峠では、サイクルコンピューターを見ていませんでしたが、


なんと今までで最高心拍の191拍を大きく超えて、
199拍❢❢
自分の心臓がまさか200回転できるとは思っても見ませんでした。

通常加齢とともにこの最大心拍数が落ちてくるというのが通例です。

最大心拍=220-年齢
これが通例です。

多分タバタトレーニングが効いてるんでしょうね。

またこうしていろんな人と一緒に走ることで初めて自分の殻を破れるということになります。一人ではしったのではこの殻は絶対に破ることができないのです。


というわけで強力な3人との走行は自分のレベルアップにはもってこいですね。


ありがとうございました。





関連記事

コメント

お疲れ様でした!

適度な緊張感があって楽しかったですね〜^ ^
マボさんもめっちゃ速くなってますよ!
またよろしくお願いしますね〜^ ^

N織さん

最近の強さは半端ないですね。

2周めの坂は直前のN織さんの牽きで千切れそうになり、最大心拍数を更新できました。

ホント死ぬかと思いましたよ・・・

全員強すぎです❢❢

練習会のメンバー間違えましたね😅
楽しそうで読んでてイメージがわきました🎵
楽しかったなあの頃は(  ̄- ̄)

ガリバーさん

お久しぶりです!!

地元はどうですか!?
岐阜は毎日暑いですよ!!!
メンバー構成は完全に間違えましたね。
でもやっぱり楽しかったです!!THEオギ練!!

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

いらっしゃいませっ!

にほんブログ村 経営ブログへ

トマト工業株式会社
管理用

プロフィール

トマト工業マボ

Author:トマト工業マボ
岐阜県関市で建材などの加工と販売などをおこなっている
トマト工業代表のブログです。

明るく元気に!!

岐阜県で一番運がいい!!

平日は仕事
日曜はロードバイク

全く家事ができない父親が

電子レンジを爆発させたり
フライパンから火を出したり
お風呂をつまらせたりと
家族を困らせる日々を綴った
感動のブログ。

キッチンには立ち入り禁止。
冷蔵庫はあけるの禁止。
できる家事は自転車の掃除だけ。

☆愛車フォーカス カヨ2017
☆中小企業診断士

CustomCategory

フリーエリア