記事一覧

ロードバイク乗りは長距離が走れるようになるのか?中濃駅伝に参加したよ。前半

中濃駅伝へ


今回中濃駅伝に参加しました。


昨日の夜はホント全然寝られませんでしたよ。


結局7時間くらいかな。

(しっかり寝てんなおい❢❢)




24年ぶりに出るこの中濃駅伝。


借りを返しにやってきましたね。


体重は高校時代よりも2kgも軽い64kgまで絞り込み、

最大酸素摂取量の増加に努めました。


木曜のタバタトレーニングを終えてからは、

金曜はあえて休み、土曜は通勤と慣らしで50kmほど自転車で走り、ランはほとんど走りませんでした。


なぜ駅伝にでるのか?ということについては


24年前の惨敗の記憶とともに、

 

こちらをご参照ください。


関駅伝は?


前回関駅伝にてその想いを晴らすところでしたが、20年ぶりの大雪により中止となり、

関駅伝の様子はこちら

その想いを晴らすことはできませんでした。


そして当日2月5日天気予報は……

dokodon

降水確率70%!!!!



・・・・雨て・・・・


しかも雷注意報て❣❣❣❢


いまっ2月なんすけどっ!!




みんなからの白~い目を受けながら


会場へ向かいます。



朝一で会場へ向かうと・・・


ざあああああああ


初めての感想は・・・・


腹立つわぁ……


でしたね。全く。


しかし運営の方々の努力によりなんとか開催はされるようで本当に嬉しかったです。


せきサイメンバー集合❣❣❢


ここでセキサイのH岡さんとお会いすると続々とメンバーが集まってきてくれました。


O川さんが来て、


N山さん、Y田さん、


そしてK川さんまで。


K岡さんも

そして山岳無重力ことチャレックさんも。


いやしかし応援だけでコレだけ来てもらえるのは本当に嬉しかったです。

ありがとうございます❢❢


負けられない❣❣❢ロード乗りの名にかけて❢❢


前日の作戦会議


ということで昨晩までに同カテゴリ全選手のおよそ8割の過去のデータを集計しキロタイムを計測していました。


しかし皆さんには内緒に。


なぜなら実情は目標の3位にはいるのが非常に厳しい。


状況は極めて厳しいものでした。


4区間で争われる一般男子Bは出走チームが7チームです。



どのチームも走り込んでいそうなチーム。何を隠そう、各地の駅伝大会のリザルトでデータが収集できたくらいですから。




我々はみな自転車乗りなので自転車がほとんどであります。


長距離ランなんかしたことないド素人集団であります・・・
(ほかのメンバーに怒られるわ!!)


しかし自転車とロードは共通する部分が多いと聞きます。



きっとできるはず。メンバーを信じよう。

そう信じて会場入り。



8時30分に受付がスタートし、

栄養ドリンクとコーヒーでカフェインを補給。


もう24年まえのように無様な敗戦はゆるされないのであります。


中濃駅伝とは?


中池公園で行われる中濃駅伝大会


区間わけが2つ。

5区間と4区間でAとBに分かれています。

一般男子Aが5区間

我々

一般男子Bは4区間です。


1区2.4km

2区2.8km

3区2.4km

4区2.8km

の合計10.4km




中池公園の外周を中心に走りますが、
その特徴は序盤は平坦、中盤にさしかかると一気の下りから

一気に上りに移行するという心臓やぶりの登坂、そして一気の下りから直角に折れて運動場に入っていきます。


やがて呼び出しをされてスタートラインに並びます。


30分前に血管を広げると良いというアドバイスを受けて

一回心拍を160近くまであげるためにアップランをしました。


かなりガチで。




ものすごく身体が軽く、体調はバッチリ仕上がっているようです。

いまは走れるのが楽しい。

この時期の雨

雨はひたすらうざいですが…


スタート


やがて出走する50人近い全員がスタートラインに並びます。

出走順は速い順。一般男子A、高校男子、そして我々一般男子Bの順番です。



雨脚がきつく、

テントの中でみんなブルブル震えています。


ほとんど平坦と下りしか経験したことのないラン素人がどこまではしれるのか?


このときはほとんどわかりませんでした。


やがてGOの合図とともに一斉にスタート❢❢



スタートと同時に一気に飛び出します。


”えっ全力走!?”


というようなスタート。


しかーし、私も最初から全力走なら慣れてますんでね。


これから120km走るのに最初から全力なんて、

こっちはオギ練で慣れっこなんだよっ!!!(T_T)


同じ一般Bカテゴリのグリーンタスキのみをベンチマーク、


前方にはターゲットが3名。


1区の僕が遅れて終戦にさせるわけには行かない。

絶対に。

我慢比べなら負けないぞ!!




それが自転車のりの誇りなのです。


中池の外周に差し掛かり、タイム時計をみると


3:45sec/km


やばぃ・・・早すぎる❣❣❢



エンヂューロであれば容赦なく緩めたでしょう。


しかしこれは短距離の駅伝大会なのです。

ここで緩めては一体何のためにみんなに出走してもらったのかわけがわかりません。




まぶち緩めるな!!あと60kmもあるのに、ゴールスプリントやるのが駅伝だろうが!!


なんのためのタバタかっ!!!


炎天下で4時間ペダル回し続ける辛さを!!




ここで離されたら



こんな雨のなか応援してきてるセキサイのみんなとメンバーに顔向けできないじゃないですか。

あとでどんなガヤいれられるかわかったものではありませんのでね。




”今はきつくてもそのうち多少楽になってくるはず。”


人生万事この思考方法が大事な気がしますね。





水たまりの泥を浴びながら前走者の後ろに着きます。

こういうの一切きにしないのが我々の強みなのです!!



ロードバイクはオールウェザースポーツなんだよっ!!




前走者の背後に付き、


ドラフティングで体力を回復させようという手段。



高速域になればなるほど空気抵抗が壁になります。

この壁を前走者に負担させるのがドラフティング。


さらにはペーサーになってもらいます。


考えることをやめる必要があります。


酸素消費量が一番多いのが脳なのです。



本来登坂では役に立ちづらいヒルクライムにおいて

考えることをなくすペーサーの役割がどんなに大きな役目になるのかは金華山でいつも実証済みなのです。


あんな練習をしている

僕らは強いはずだっつ。


そんな気持ちです。


外周で徐々に前に出て行きます。


やはり飛ばしすぎたのか前から徐々に落ちてきてます。



中池の下り区間でYou Tubeで学んだ



喰らえ必殺高回転ピッチ下り走法じゃぁーーー!!



必殺技、高回転ピッチ下り走法
で2人を抜きます。





しっかし、足がもつれるもつれる。


だいたい走り込んでないので、足ができてない。



端からみたら半分転げ落ちてましたよね。



下りは休めるかな。とおもったら逆で

心拍がひたすら上がる上がる。


多分モツレの恐怖でしょうね。


ここまで平坦でピッチタイム3分50秒



そして心臓破りの坂に差し掛かります。




ここからは強烈な登り返しです。






ここはもう根性です。気持ちの勝負。





しかし折れかける・・・・


下りで脚を使いすぎ、心拍も上限、


で、現れる激坂(当社比)




しかし


球場外周にはいるとたくさんの人が


がんばれーと応援してくれてます。


500mごとのピッチタイムは登り区間500mが4:15まで落ちています・・・


ただ、上りなので調子良い調子良いと

言い聞かせます。

上りだから上げすぎてないから良いタイムだ。

そう思います。

信じられないほどキツイです・・・



下を向きそうになります。



お前はよく頑張った…よく頑張ったよ・・・・


甘い囁きが聞こえてきたかもしれない・・・




しかしここで


野球場の上から嫁さんと子供たちの声が聴こえる。


”パパーーーッツ!!ガンバレーッッツ!!”

”パパーッッツ!!ガンバレーッッツ!!”


かすかにしかしはっきりとわかります。



外周を回り込んで応援しに来てくれてます。


土砂降りのなか傘もささずに。




”頑張るぞ。パパは。頑張るぞ。パパはっ”



みんなのそして自分のために。走ること。

これが駅伝の本質のような気がします。


諦めるポイントを遅らせる。あと5秒、あと5秒っつ!!




練習では追い込めない強度に追い込んでこそ自分の
本当の力が発揮されるはず。



レースや朝練でいくつも限界を超えてきたはずだっ!!







しかしここからが猛烈にきつい。




急勾配を一気に駆け上がると



下を向きがちになります。


しかし


ここで

前方にグリーンタスキが見えます。




なんとか後ろについてドラフティング。



”みんなが待ってる❢❢抜くしかないだろっつ❢❢”




多少の余裕をもって頑張ってペースアップし、一気に交わすと



現時点で第1区3位へ。

しかしここで心拍を上げすぎたのか、ややペースダウンしてしまいます。



すぐに後ろから加速され、


一気に抜き返されます。



ここ一番で一番きつい下り坂で多少離されます。





”スマン・・・・みんな・・・スマンっつ・・・・”





下りでは体重で勝るはずが…どうやっても力が出ない・・・




そして運動場へ。


完全に伸び上がった状態…





3位の背中を眺め、





4位にて



 

結局追いつくことなく

もう



”スマン・・・・みんな・・・”

倒れ込みながらヒコさんへ。



魂のグリーンタスキを渡します。





土砂降りのなか倒れ込みました・・・・




区間4位…なんとか役目は果たせましたが、

目標までは順位を上げなければなりません・・・

少しでも遅れればエースH岡さんまでタスキを繋げなくなり、終戦ということになります。





激動の中濃駅伝は次回へ。

ラン素人の自転車集団は目的を果たすことができるのでしょうか!?



次回に続く…

チームセキサイ駅伝部に応援をポチッとおねがいします❢❢
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

 

関連記事

コメント

わかってても次が知りたくなります

お疲れ様でした。実はすごい速かったんですね。短パンまたはレーパンだったらあと30秒くらいいけたのでは?

できたら名前を伏せていただくとありがたいです。

今日は

感動の一日でした、人がただ走るだけで
伝わりものが有るってのをflat platさんに教えてもらいました、でもこういううのも全て応援してくれたセキサイのチームワークだと思います

ただマジで加速してる時に、服を脱げ~とか裸になれ~ってのはどうかと思いますが......

flatplatさん

あのチノパンめっちゃくちゃ伸びるんですよ!ゴムみたいに。
多分あれがこれからの陸上の定番になりますね。
(なるかバカっつ❢❢)
しかしflatさんの走りにみんなが感動しましたね。

感動のラストは次回になりそうです。

名前は速攻訂正しました!もうしわけありません。

ひこさん

感動の一日でしたね❢❢あの時色々あったのでまた次回報告致します❢❢

応援?がすごかったですねぇ・・・本当にありがたかったですよ。最初の円陣といいチームワークでの勝利ですね。

ガヤが飛びましたか!?危ない危ない僕が2区だったら間違いなく餌食にされてましたねぇ・・・

お疲れ様でした。

お疲れ様でした。

初の駅伝大会は楽しめたのと、感動しましたね。

1区のマボさんが予想より速かったのでビックリしました。

私が足を引っ張る分、頑張ってくれた物と思ってます。

楽しかったですね!!

前日までに集計したデータによるとどう考えても入賞が難しい感じでしたが、なぜか3位に!!
ラストの感動的スプリントとそこにいたるまでのみんなの激走が感動をよびましたね。
ありがとうございました!!

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

いらっしゃいませっ!

にほんブログ村 経営ブログへ

トマト工業株式会社
管理用

プロフィール

トマト工業マボ

Author:トマト工業マボ
岐阜県関市で建材などの加工と販売などをおこなっている
トマト工業代表のブログです。

明るく元気に!!

岐阜県で一番運がいい!!

平日は仕事
日曜はロードバイク

全く家事ができない父親が

電子レンジを爆発させたり
フライパンから火を出したり
お風呂をつまらせたりと
家族を困らせる日々を綴った
感動のブログ。

キッチンには立ち入り禁止。
冷蔵庫はあけるの禁止。
できる家事は自転車の掃除だけ。

☆愛車フォーカス カヨ2017
☆中小企業診断士

CustomCategory

フリーエリア