記事一覧

(3)長良川クリテリウム2016冬・エリート❢❢たった一人の追走❢❢

さてO-RACINGの期待を一身に背負って出た

エースN地さん。


その運命や如何に❢❢?


たった一人の追走


大事なイベントであとからこうしとけばとか、ああしとけばとか誰しもがあると思います。

レースにたらればはない。



フレンチレストランにレバニラはない。



そんなことわざも周知の事実になってきている昨今でありますが、

(全然おもしろくないわバカッ❢❢❢)


と、レースの前に大事な話を。




そう言えば先日フライパンで朴葉みそを焼いてたんですよね。



朴葉みそを。


味噌と言えば大豆製品なんでね。鉄分とともにたんぱく・・・

(うるさい❢❢はよ先に進めばかっ❢❢❢)


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


ジリジリするような雰囲気の中、

たった一人の追走が発生したというアナウンサーの一言。



我々はかたずをのんで様子を見守ります。



アナウンサー

”追走が1名発生❢❢❢




ゼッケンナンバー716番(仮)




N地❢❢❢”





”ええええええええええええええっっっっっっっっっっっつ❢❢❢❢”






”なにやってんだーーーーーーーーーーーーっっっっっつ”

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

追走はパワーを急激に消費させます。

理由は2つ

1.空気抵抗を一身に背負わなければならない。

2.前走者よりも速いスピードで走らなければならない。

高速域ではそのパワー必要量が加速度的に上がっていきます。

例えば200Wで35kmで巡航していたとして、たった5kmあげて

40kmで巡航すればその必要パワーは300Wに跳ね上がります。

エリートの戦いはもっと上の話です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



”いったい、いったい、どういうことですか!!?S田さん❢❢❢”






S田さん
”一人で追う気だっ
❢❢❢❢”







”バカなっつ!!なんで・・・???”



”なんでっつ!????”



YSさんも含めてみんな意味がわかりませんでした・・・・





我々無力な子羊は、



ホームコースに戻ってくるN地さんを全力で応援することしかできません❢❢❢


”いっつけーーーーーーーーーーーーーーっつ

N地さんっっつ❢❢❢❢”


もう嵐のコンサートに行った主婦くらいの声が出てますね。

声も音程も

(殴られるぞバカッ❢❢❢)


強さ、それは一方で独力とも捉えられます。



パワーが有り余るがゆえに協調よりも独走を選んだのか・・・・


まるで人生そのもの…

このときはそう思っていました。




物事は多面的に捉えなければならない…


しかしそのときは、

 

なぜ独走するのか?と言う事に関しては、あまりに無謀としか考えられませんでした。


独走というものが如何に”勇敢である反面…無謀であるか”ということですが、

 

40kmを超える速度域では、空気抵抗が全抵抗の9割をしめます。

 

後続はときに4割もその抵抗を削減出来ます。

 

これが集団走行であり、先頭交代する理由でもあります。


つまりロードレースは風との戦いであるのです。

 

先頭は4名、追走は1名、集団は15名

 

そんな展開に。





全抵抗の殆どを占める風を一身に背負い1人で追走。





およそ2kmくらいは独走していたと思います。

 

 

ホームでもちらちらと後を確認していました。




誰かついてこい❢❢❢


今ならまだ間に合う❢❢



先頭を追うんだっつ❢❢❢

 

 

そんなメッセージがその大きな体から発せられていたようです。




ただならぬ悲壮感を背負いながらの独走です。





冊にかじりついて声援を送る3人❢❢




しかしこの独走が、まさかこのレースを動かすことになろうとは誰が思いついたでしょうか・・・・


続く…



心身ともにボロ雑巾にポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

関連記事

コメント

結果が気になる

こんばんわ!

いやぁ~ハラハラドキドキの展開ですね

緊張感の中にもチョイチョイ入ってくる

ギャグの方が私は好きですけどね(笑)

最後のオチ、楽しみにしてます!
(結果だろ!)

気になる

結果すごく気になりますね。

N地さんはきっと自分から、リスクを承知でレースをうごかしに行ったんですね。
男ですね。カッコいい‼︎

もう1つ気になることが?
朴葉味噌の行方は⁈
気になり、眠れません(笑)

ギャグの量

セキサイブログは肝心のレビュー、グルメレポート、バイクインプレッション、、、、

削って削って削って、残ったところに味があるんですよね。セキサイブログ

KUROさんのなんて8割ギャグですからね❢❢

電車では見れない……

リスクを

N地さんが何をしているのか?ということが最初の方は全くわかりませんでした。

しかし、ここからが本番なんですよー!!

朴葉みそですか・・・・

朴葉みそを焼いたはずが炭が、、、

活性炭が出てきたお話です。
(くだらない!!くだらないっ❣❣❢)

朴葉みそは

私も大好きですが、ご飯何杯でも食べてしまうのが難点です。

N地さんシリーズは面白いですね、実際に走ってる姿が思い浮かべれます。

朴葉みそ

分かります分かります❢❢

ご飯がススム系はダイエットの天敵ということを忘れておりましたよ。

というか、ほとんど炭になったのであまり影響はありませんでしたが・・・(T_T)

N地さんシリーズはホント見ていてハラハラドキドキでした。しかしこれからが佳境なのです・・・

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

いらっしゃいませっ!

にほんブログ村 経営ブログへ

トマト工業株式会社
管理用

プロフィール

トマト工業マボ

Author:トマト工業マボ
岐阜県関市で建材などの加工と販売などをおこなっている
トマト工業代表のブログです。

明るく元気に!!

岐阜県で一番運がいい!!

平日は仕事
日曜はロードバイク

全く家事ができない父親が

電子レンジを爆発させたり
フライパンから火を出したり
お風呂をつまらせたりと
家族を困らせる日々を綴った
感動のブログ。

キッチンには立ち入り禁止。
冷蔵庫はあけるの禁止。
できる家事は自転車の掃除だけ。

☆愛車フォーカス カヨ2017
☆中小企業診断士

CustomCategory

フリーエリア