記事一覧

【感動のラスト】北アルプス山麓グランフォンド2016に参加したよ❢❢その5-今が背中を見せる時。

父親の役割って?


多分ですよ。


小3の子供もあと数年もすれば、親元を離れていくんでしょうね。



父親は家族というチームのアシストだ。
風を受けろよ。それが役目だろ❢❢

※今日のロード名言より

 



思えばお父さんというのは家族というチームのアシストなんですよ。


外の世界、ゴウゴウと寒い寒い風が吹きすさぶ中、家族の盾となって風を受けて、


そして子どもというエースを発射させるんですね。



たまに放棄する方も見えるとは思いますが。



そして役割を終えた自分は静かに崩れ落ちていく。


そういったものだと思っています。




であるなら、父親ができることというのは、


子供というエースたちに背中を見せる事。

それしかないんですよね。








今は意味不明のただのゴリラかもしれませんが、


男同士ならいずれわかってくれると思います。




最終エイド・大町温泉郷到着❢



さて、一行は最後のエイドステーション大町温泉郷へ到着しています。


FBI筋の情報によれば大町のエイドステーションではおざんざとドーナツが振る舞われるよう。






P1050178P1050179

大町温泉郷のエイドステーション。

玄関口です。

P1050180

おざんざといううどんみたいなものを食べます。


これもお代わり自由。



KATSUさんのブログによるとおざんざは、

納豆菌を使っているとのこと。

全然しりませんでした。

北アルプス山麓グランフォンド 前日|のんびりヒルクライム

P1050181
そしてこの

ドーナツですね。

おなじみとなってまいりました。



P1050182P1050184P1050185P1050186P1050187


元気は回復してきたよう。


”脚は残ってる!?”

聞くと


”大丈夫❢❢”


そう答えます。




そう、男はそれで良い❢❢

 

大町温泉郷とは?



P1050188

この温泉郷、立山の麓という絶好の好環境のもと

全国的に珍しく碁盤目状に区画整備された温泉郷らしいです。

都市でいうと京都みたいな。



立山プリンスホテルというどデカイホテルを中心に十数軒の宿屋が密集してます。

P1050189P1050190

我々の泊まったアルペンルートホテルさん。


いざ、最後のヒルクライムへ❢❢



P1050192
正面の大木、これがこれからのヒルクライムの合図です。

徐々に斜度が上がっていきます。

P1050195

道にはたくさんの猿が・・・


我が岐阜県関市、

セキサイの聖地、片知渓谷、

通称嘉門達夫もこのように猿の惑星と化してますが

ここも猿が増えてるんですね。



P1050199


爺ヶ岳スキー場。


青ゼッケンは120km,グリーンゼッケンが100kmと分かれています。

70kmの人はすでにいません。

P1050200P1050201 冬をまつ

リフトが草原に佇んでいます。

P1050203
常に緩い勾配が続いています。

P1050204P1050206

セキサイの魂を



ここでチーム・セキサイの誇るヒルクライマーO川さんが登場。


120kmコースの山岳を超えてこちらにブリッジ。



写真を幾つか撮ってくれさらに伴走までしてくれました。


N山さんは100kmコースで相当前に頂上にいるはず。


この伴走で大きく力をもらいました。


イベントで仲間と合うことほど力がでることはないです。


O川さんと健闘を祈りあい、そして再び頂上へと向かっていきます。



P1050207

 

右の手を大きく上げてこれから峠に挑むO川さん。
 

ここでO川さんとはお別れ。


これから山を飛ぶような速さで駆け抜けて行きそうです。


右の手を上げた後姿から、何かを感じ取ってもらえたのではないでしょうか。

 

P1050210 

ヒルクライム❢❢


この直角に折れるカーブからが峠ヒルクライムの本番。

しかしここまで数キロにわたって緩い勾配を登り続けています。



橋をわたってすぐかなりの勾配の坂が姿を表します。


はっきり言ってここを最後まで登り切るのは難しいと言わざるを得ませんでした。


距離およそ1.5km

平均勾配7%❢❢

標高差100m❢



それでも果敢に坂に挑んでいきます。


P1050211
段々と斜度が上がっていきます。


ここまでを牽引するのがアシストの役割。


あとは本人しだいです。


2人列車から発射された子供。


ここからは子供を先にいかせ、後続に連なります。

P1050212


去年は脚をついたポイントですが、今年は回転を上げて登っていきます。


しかし頂上はまだはるか先。


ケイデンスを落とさず行こう❢❢

回転を落とさず行こう❢❢


後から、そして前に回り込んで声をかけます。



ここからは意地と根性のポイント。


ここを足付き無しで登ることができればそれがまた成長と自信に繋がる気がしました。



去年は70kmコースであったのと雨天のため

半分以上の人が押して歩いてた気がしますが、


さすがに100kmと、


そして120kmの山岳を超えて来た人たちです。



押して歩く人は殆どいません。




気温は30度くらいでしょうか。

一番暑い時間帯。




頂上はつづら折りになっており、どこまでが頂上かは全くわからない状態です。


そんな中子供も

”もうだめだ・・・”



言い始めました。

ケイデンス(回転数)も50ー60位でしょうか。


これ以上ケイデンスが下がると

とふらついて、意思の如何にかかわらず、足をつかざるをえないということになります。


”回転数❢❢”



”回転数❢❢”



ヨコから呼びかけます。



平坦地であれば風よけにはなれますが、



峠ではもはやアシストの力を発揮することは出来ません。

 

自力ではないとどうしようもありません。




汗を大量にかきながら必死に登っていきます。



時にふらふらし、 転びそうになります。



おそらく


おそらく母親であれば


危ないから止めると思います。



しかし父親の役目は

危なっかしくても挑戦する心を育てる。


自分の限界を越えようとする心を育てる。


ということではないでしょうか。


細かい事は言わない。


ついてこい❢❢

それが父親の役割。



今度は前に出て登ります。



そして

後から来る人達が




自分もキツイはずなのに



”行けっつ❢❢”



”ガンバレっ❢❢”



みんながみんな応援をしてくれます。



そこには危ないからやめておいた方が・・・


とか


倒れるぞ、おしたらどうだ。回すのをやめようよ・・・




などという人は一人もいません。





そう、彼らはここまで山岳120km、100kmを走りぬいてきた人たちばかりなのです。





しまいには上から降りてくる車の人も







窓を空け




右手を上げて




”ガンバレっつ❢❢❢”







そう





そうだ、










思い出しました。






これが
北アルプス山麓グランフォンドなのです。










参加者全員が、


そう全員が


子どもたちに自分の背中を見せているのです。






声にのせられるように、子供も回転数を維持しています。



去年の自分に負ける気か❢❢




あの看板まで行こう❢❢


行ける行けるもうゆるい坂、もう❢❢


あの曲がり角からゆるくなる、ゆるくなる❢❢


あのカーブミラーが最後だ。




何回同じようなことを言ったでしょうか?



そして




最後の力を振り絞ったカーブミラーの先には、


森を抜ける合図の明かりがみえていました。










先にいってるで❢❢

といってモリコギして


ゴール付近で待ち構えます。



P1050213

感動のゴールへ



P1050214P1050217P1050218

そして感動のゴール❢❢






終了後セキサイのみんなが


ゴールの門で待っていました。




 

記念撮影!!




終了後はみんなで記念撮影。





みんな最高のいい顔してますねぇ・・・

なかなか普段できませんよ❢❢この顔は。




というわけで
チームセキサイIN北アルプス
P1050220

そしてそして


N山さんもみのりさんもだいぶ待っててもらったと思います。

ありがとうございました。



このような素敵なイベントを開いてくれた実行委員会のみなさんや、地域のみなさんに本当に感謝の思いでいっぱいです。

本当にありがとうございました。

ツーショット❢❢






P1050221

ちょうどゴールした

リオオリンピック代表監督の

鈴木雷太さんとのツーショット❢❢



一生の思い出ものですね。

ありがとうございました。




P1050222 

すごい選手で本人も
ちょっと緊張気味


P1050224

帰りに車のちょうど隣にマビックカーが!❢

ということで写真をとります。


P1050231

おっさんも入らせてもらいました。

 

しかし目立つなウマシカジャージ。


まぁ漢字で書くと馬×鹿なんですがね。わはは





この後、スポーツヴィレッジ前に駐車しなおし、


着替えをもってみんなで鹿島槍スポーツヴィレッジの銭湯に入ってリフレッシュ。



ワイワイ健闘を讃え合います。



と、ちょうどここでそとから土砂降りの音が…




”まにあったねー❢❢”



みんな笑顔で話してると、どうやらみのりさんは麓へ自走で帰らないと行けないよう…‥




1Fのマビックのホイールを見たりしてみんなとお別れ。


 

帰りはいつものクレープ屋さんによってクレープをたべ、



安曇野スイス村にてソースカツ丼を食べるという去年と何一つ変わらないメニュー。

 

 

スイス村で再度合流したN山さんとO川さんとお別れし、家にかえってきました。

 

 

 

夢のような・・・



帰りの車でぐっすり眠る子どもをみながら夢のような一日を振り返ります。

 

それもまた楽しいものですね。


 

来年は120kmコースにでるのか、どうか。


それは本人でないとわかりません。


もしかすると今度こそニンテンドーの方が良くなって

 

もう出ない。と言うかもしれません。






しかし一緒に走ったみんなが見せてくれた応援やその背中は


必ず心の中に響いているのではないでしょうか……

 

 

 

 

P1050220


北アルプス山麓グランフォンド・終わり。

関連記事

コメント

届いてますよ

グランフォンド、お疲れ様でした。

父親の背中の姿はきっと息子さんに届いてると、思いますよ。

来年、120キロかな?って聞いたら、即答で出るって言ってましたよ(^_^)

しっかりとアシストしてますよ。

たまには、奥さんのアシストもね(笑)

小学3年はとても感受性が豊かな時期ですよね。今のうちに、いろんな経験をさせてあげてくださいね!
中学になれば反抗期にもなり遊んでくれなくなりますよ!
今ぐらいが一番かわいい時期ですね、羨ましい!
追伸、マボさんも、O☆RACINGでいろんな経験を積んでいってくださいませ!


感動!

いや~、感動の超大作巨編でした!

子供と一緒に同じ目標に向かって、何かを成し遂げるって素晴らしいことですね✨

私は、もう相手にされないので、羨ましいです・・・😢

KATSUさん

届いてますかね❢❢

セキサイの魂は届いていたと思いますよ❢

来年は120ですかね。120は別格なのでリタイヤ覚悟で挑むかもしれませんね❢❢

もうちょっと練習してくれるといいんですが…

奥さんノーアシスト状態なんでやっぱりたまにはサポートしないといけないですかね(笑)

O☆RACING ITO さん

今日はありがとうございました。

少ししかはしれませんでしたが、やっぱり楽しいですね-❢❢

中学になれば反抗期ですか・・・
ちょっと悲しいですね・・・

ありがとうございます。
子供は今の時期を大切にしたいと思います❢❢❢

kuroさん

そのうち僕も相手にされなさそうです…

北アルプスはイベントもそうですが、
周りのみなさんも本当に愛情にあふれているので、
来年も楽しみになりそうです❢

かなり早くなったという情報を聞きました❢

また一緒にロング行きましょう❢❢

いい話ですね

どうなるかと思いながら読ませてもらってましたが、ラストはお子さんの成長が伝わってきました。根性と主体性がアップしましたね。

やはり、自転車はいい。

日々が

自分の事に精一杯で読んでる時間がありませんでしたが、
一気に読んで感動の雨あられです。(TT
自分とすれ違う前後でいろんな事があったのですね、それはとても大きくて大切なことだったと思います。

みなさんで小熊山ハンググライダー場を見てほしいなど、まだまだ良いところはいっぱいあります。
グループルームで合宿みたいにワイワイするのも楽しいかもしれませんね。

flat platさん

自転車はいいですねぇ・・・

特に北アルプスはみんな周りがとても優しいので、前回も今回もとても暖かい気持ちになりますね・・・

ぜひまた出たくなるイベントです。

今度また八百津あたりでヒルクライムしたいですね❢❢❢

みのりさん

前回もですが、今回も本当にいろいろありました。

北アルプス❢❢
景色も最高ながら、周りのみなさんもとても優しいです。

ハングライダー場があるんですか?確かに飛んでいた気がしますが…
まだまだ知らない良い場所が沢山ありそうなので、ぜひまた教えてください❢❢
合宿もいいですねぇ・・・

ご参加ありがとうございました

今年も昨年も、ご参加いただきありがとうございました。当日は受付・ゴールにおりました事務局の鈴木と申します。詳細かつ感動のレポート、素晴らしいですね!超大作なので、無事にゴールできたかハラハラしながら毎日チェックしてしまい、事務所でも話題になっておりました。
こんな風に言っていただけると、私たちもやっている甲斐があるというものです。このレポートを励みに、また来年に向かいたいと思います。できることなら、また来年お会いしましょう!

北アルプス山麓グランフォンド

大会スタッフの方ですか❢❢

大変光栄に思います。子供の人格形成にいつもありがとうございます。

みんなが前向きに励ましてくれるので、本人もとても楽しみにしているイベントです。

今年の新発見としてオープニングセレモニーがとてもおもしろかったので来年も楽しみにしています。

チームセキサイ(セキサイクリングサークル)からも来年は何人か参加するよていですのでどうぞよろしくお願い致します❢❢

ありがとうございました。運営も大変だったと思いますがめちゃくちゃ楽しかったです❢❢❢

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

いらっしゃいませっ!

にほんブログ村 経営ブログへ

トマト工業株式会社
管理用

プロフィール

トマト工業マボ

Author:トマト工業マボ
岐阜県関市で建材などの加工と販売などをおこなっている
トマト工業代表のブログです。

明るく元気に!!

岐阜県で一番運がいい!!

平日は仕事
日曜はロードバイク

全く家事ができない父親が

電子レンジを爆発させたり
フライパンから火を出したり
お風呂をつまらせたりと
家族を困らせる日々を綴った
感動のブログ。

キッチンには立ち入り禁止。
冷蔵庫はあけるの禁止。
できる家事は自転車の掃除だけ。

☆愛車GIANT-TCR1・2015
☆中小企業診断士

CustomCategory

フリーエリア