記事一覧

●せきサイクルツーリング2016in津保川●開催!!「チームの健闘。」その5

まず、セキサイクルツーリングこの企画をしてくれた関市とその関係者さんにお礼を申し上げたいと想います。

ありがとうございました。

ボランティアで参加していただいた方たちや、伴走や手続きなどのスタッフさんにも感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました。



そして去年はたったひとり、緊張の中でイベントに参加しましたが、今年はチームセキサイクリングサークル(同好会)のみんなと一緒に走ることができて本当に嬉しかったです。


思えばこれほど仲間の存在を感じられる運動というものもあまりないと想います。

これは数値にもはっきりと出ています。

朝練では練習時最大心拍が180であったのが191まで引き出すことができました。

11拍、たった11拍ですがパフォーマンスにすると別人です。


ロードは風との戦いといっても過言ではありません。

30kmで走るロードバイクの空気抵抗は全抵抗の約80%をしめます。

前走者が空気抵抗を浴びることで後続を楽にさせることができるのです。


一種単独なスポーツとおもいきや、なんか複雑なチームスポーツの一面もあるんですね。




さて、せきサイクルツーリング2016津保川ですが、チームのみんなはどうだったのでしょうか?


猛烈な激坂に挑んだ7人のサムライについて解説していきます。





健闘!!セキサイメンバー


詳しくは一緒に走った時間が短いのでわかりませんが、

みんなのLINEを見ていると走りの状況が読めてきます。


前半のドラマとは!?


100kmの中で本当にいろいろあったようです。

LINEなどを総合して解説します。


出走順はロングの中間点、みんな一斉に並んでましたが、

出発が前後2組にわかれました。


まず
後方集団からヤマさんがブリッジをかけて先頭集団に合流。


その後後方集団のナカさんが登り区間で合流。

ナカさん、ヤマさん、ヒロさん、ユウさん

その後ヤマさんが前半をひきつづけたようです。


前半の山場3つは特にキツイ区間でしたが、

ここを集団でクリアしていきます。

登りも集団で協調!?



個人で登ると、すぐに諦めてしまう傾向がありますが、

これが集団になると、仲間うちで励まし合いながら登ることが出来ます。


また

”隣に迷惑を掛けたくない”

”隣に負けたくない。”

という思いから力が発揮されます。
TCR

みんなで走ると心拍数ベースでも相当高いアベレージが維持できます。


朝練でもノンストップというものをやってますが、

個人では絶対に無理です。

これが自転車のチームの力ですね。


というわけで集団は山岳を協調しながらのぼっていったようです。

先頭のペーサーは、後方を見ながら無理なく登れるペースで引いていくはずです。

前半4つの峠越えがあり、これが実はこのコース最大の難所なんですが、

ここをクリアしたようです。

しかし今回これに加えて直後にさらなる壁が立ちはだかります。


風という壁


今回、前半津保谷には珍しく下からの向かい風が吹いていました。


これが結構強く、上之保では特に強い風が吹いていたのですが、

そこもヤマさんが常時引き続けたようです。

またヤマさんは他の集団も先頭で引っ張っていたようです。

前半かなり脚を使ったようで、後半はやはりきつかったとのこと。


元走り幅跳び選手のヤマさんは

短距離型スプリンターでありロングライドよりも短距離型なのかもしれませんね。


本に、走り幅跳びの結果とスプリント能力に相関関係がある。
ということが書いてありました。

まぁ僕はといえば走り幅跳びはほんと跳んでるのか、そのまま走ってるのかわからないくらいじゃないですか。

ほんとにスプリントは通常の速度とそんなに変わらないんですよ。

rare
ヤマさんの友達のヒロさんは、しばらく乗ってなかったようですが、


スノーボーダーのようで相当体力はありそうでした。

実際に他県までハンバーグを食べに160km走るという変態行為を行ってますのでね。


面白いなぁ… 本番前に笑かしてもらいました。

全く心配はいらないと思います。


筋肉痛もなく、全く問題なくクリア。ボードの合間をぬって自転車をやれば一年間アウトドアで楽しめますね。

ちょこちょこ乗って行きましょうね!!

 

漢サドル!


ユウさんはといえば、一番最初のライドのとき

寺尾の坂で何度も脚をついていました。


ただ、あの時とは大きく違います。


現在当時より約10kg近くは痩せており、すでに標準体重に。

服もぶかぶかになっており

かなり登れるようになってきたと思います。


ただ、誤算がひとつあり、カーボンペラペラ漢板サドルをチョイスしており、

ケツイタに悩まされたよう。

※なぜに漢サドル… (笑)
arull

ただ、ケツ筋の強化には持って来いですね。


あの激坂区間をほとんど足付きなしでクリアしたよう。
寺尾の坂とは比べ物にならないですので。

ものすごい進化にびっくりしました。




チーム最年長ナカさんは前日迫間の峠に登ってしまったようで、脚の疲労が心配されましたが、

 

後半は高速でひきつづけたという情報が入っています。


かなり速くゴールされたようで、チーム最年長とは思えないとても力強い走りを見せたようです。

ELMOジャージも大変似合ってました。


Mさんは、ほとんど今日が初めて。

というライダーで、一番心配してましたが、なんと普通に早い時間に帰ってきたということで、

実はものすごい才能があるんではないかというほど健闘されたようです。

坂は押して上がったということで、次回坂への克服が課題となりそうです。

その分平坦はかなりスピードがでていたのではないかとみんなを驚愕させた次第です。

平坦マンの素質があるかもしれませんね。


ショートの方も健闘❢❢



ショートのほうは、KさんとTCRさんが愛知から参戦。


第3チェックポイントでは、僕と合流しましたが、

ショートの先導車から少し遅れただけで入ってきたので、

かなりバラけていたはずのショートの先頭のほうだったはず。

次はロングでも全く問題ないと思います。

愛知県より岐阜県の方が面白いコースが多いので、今後みんなで走れたらすごく楽しいと思います。


いずれにしても秋にまた板取のロングライドがありますので、そこに向けて

みんなでワイワイ調整していきたいと思います。


次回はみんなの写真を用意出来るようにしときます。



今後のイベント(同好会内)

今月は郡上八幡ライドがあり、

郡上八幡往復ライド

これはほぼ平坦基調。

来月から

中山道グランフォンド強烈獲得標高ライド、

飛騨へ行こう!金山ライド

(いずれも予定)

などを計画しており、各自の脚にもとづき参加表明していただければと思います。

※自由参加型です。



なぜ、このような飛騨方面や、中山道のような山岳ライドを開催するかと申しますと

来年の4月、

九頭竜グランフォンド・福井県へ行こう!ライド



が開催されるからでございます。

これはセキサイでは最も過酷なライドということです。

ただ、今回のロングライドもそれに準ずるくらいのライドでしたので、もう十分に超えられるレベルに来ているのかもしれません。


みんなとても楽しかったということですので、楽しく乗って行きたいですよね。


あと2回くらいやればそのうち坂が好きになると思います。
kabuti

板取のロングライドは今回のような激坂というよりは少しフラットで走りやすい道が多いです。


そのため

板取せきサイクルツーリング≒平坦基調

津保せきサイクルツーリング≒激坂仕様

というくくりで良いのではないかと思いますね。

特に板取は申し込みがすぐに埋まるので、みんなで連絡を取り合い、PCの前でポチポチ連打していきたいと思います。


是非来年もこのせきサイクルツーリングに参加してみんなで走れれば楽しいな。と思いました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

セキサイクリングサークル(同好会)で一緒に走りませんか?

mabutaro1015@yahoo.co.jp

までお気軽にどうぞ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

セキサイクリングサークル(同好会)の皆様

こんにちは。

6月12日日曜に郡上八幡ライドを開催!!

出発は8時に関市役所

mabutaro1015@yahoo.co.jp

までどうぞ。

サークル参加希望の方は上記メールまでお気軽にどうぞ。

関じゃなくても結構ですよ。名古屋のかたもいますし。

出発地は関市になります。

参加される場合、LINEにイベント情報がきますので、参加希望をお知らせ下さい。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

皆様の応援ポチのおかげで大分アクセスが増えてきました。


ありがとうございます。

関連記事

コメント

残念ながらわたくし 1番目の峠だけしか
登りきっておりません
あとは引いて登ったのです
膝の裏が痛くてやばかった

悔しすぎるので近いうちに
1人でコースを走ります

確実に

こんにちは!!

体調がありますからねー!!
とはいえユウさんが確実に強くなっていることはよく知ってますからね!!
膝の裏の痛みをいかになくすかですよね。
おしりの痛みはなんとかなりそうですが・・・

また峠登りましょうね!!

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

いらっしゃいませっ!

にほんブログ村 経営ブログへ

トマト工業株式会社
管理用

プロフィール

トマト工業マボ

Author:トマト工業マボ
岐阜県関市で建材などの加工と販売などをおこなっている
トマト工業代表のブログです。

明るく元気に!!

岐阜県で一番運がいい!!

平日は仕事
日曜はロードバイク

全く家事ができない父親が

電子レンジを爆発させたり
フライパンから火を出したり
お風呂をつまらせたりと
家族を困らせる日々を綴った
感動のブログ。

キッチンには立ち入り禁止。
冷蔵庫はあけるの禁止。
できる家事は自転車の掃除だけ。

☆愛車GIANT-TCR1・2015
☆中小企業診断士

CustomCategory

フリーエリア