記事一覧

伊自良湖に家族でサイクリングにいくお話。


最近朝練の日記が多くてなかなかGWの日記が書けませんでしたが、今日はGWの日記を少し。
800P1300166_thumb.jpg
実は家族でサイクリングは2回。1回は郡上白鳥から帰ってくる長良川サイクリング列車コース70km

そして今回は山県市伊自良湖に向かう約70kmのコース。

800P1300069

GWは1周間で約400km乗ったわけですが、北濃・美濃白鳥ライドにつづいて

伊自良湖ライドに挑戦しています。


僕は子供乗せクロス アサヒウィークエンドバイクス

嫁さんはトレック LEXAS

子供はイオンバイクです。

800P1300070

関の交差点。

とてもよい天気。


絶好のサイクリング日和ですよね。

関市の歴史とは?

正面に見えるのが関市安桜山城跡です。


ここ関市は松炭が豊富で古くから刃物の製造が盛んでした。

おそらく戦国時代は日本有数の先進工業地帯であったことでしょう。

世界でも有数の刃物産地である関市では熱を使って焼入れをする刃物の製造が盛んで、

そのためスタミナをつけるために

”うなぎ屋さん”が関市各地で開店し、これが関のうなぎとして有名になりつつあります。

こうした先進地帯であったため、当然美濃の国の中でもその価値は高く、

関市を流れる小川は関の中心部を囲うように流れています。

これは人工的な堀であり、

神奈川小田原城に代表される惣構といわれる

ヨーロッパの城郭都市のような形状をもっていたと考えられます。

これが我々関市の歴史です。



まぁ武儀町民や上之保民はだれも関市民だと思ってませんがね。未だに。

800P1300071
片道25km位が良いという嫁さんの提案を受けて

片道30-35の伊自良湖を提案。

800P1300072



800P1300074

関から西の山県市に入っていきます。

800P1300075

この辺りは岐阜と近いので平地が多くとても気持ちがいい風が吹いていますね。


コンビニで小休止。

800P1300077
山県の市役所付近を通って伊自良湖に向けてペダルを回します。


ベビーシートの次男はペダルは回さないのに、ペラが回る回る。

普段あまりおしゃべりできないので、ホント貴重な体験です。

800P1300079

目指すは嫁さんが行きたがっていた

”てんこもり”さん

のモーニングです。

800P1300080

山県市は美山町、高富町、伊自良村が合併して出来てますので、

関同様非常に大きく、かつそれぞれの地域によってその景色が大きく変わるようです。


伊自良というと関からは本巣への通り道ですので、

あまり突っ込んで旅行することがありませんが、果たしてどんな場所が待っているのでしょうか?

800P1300082

道の駅のようなてんこもり農産物直売所がありました。

800P1300083

モーニングはこの盛況ぶり。

800P1300094
このパンがまたうまいんですよねー

ペダルを回して消費したカロリーをしっかりと補給しています。

800P1300096

調度品も良い感じ。


800P1300100800P1300110


さて、外に出ると、みんなに話しかけられます。

”関からきたよー”


といって直売所の店員さんに手をふってここを後に。

800P1300111800P1300114800P1300115800P1300116

伊自良湖の青看板が見えてきました。

岐阜県というのは川と湖しかありませんが、この湖は飛騨の方のダム湖が多いので、大変手軽に行けていいですね。


800P1300117

ここから北に向かうと、やがて伊自良湖にでるはずです。


若干の勾配がありますが、頑張って登っていきます。

800P1300119

気が向いた地点で小休止。


旧いじら役場でしょうか。

800P1300121


ここからはさらにゆるいですが、勾配地点を登っていきます。

周りは山々が青々と輝き、田んぼの水が波を作っています。

出てきてよかったな。

800P1300122

さて、伊自良湖に行くには多少ゆるい丘、普通の人がいうところの坂をこえていく必要があります。


頑張って頂上に着くと、この絶景が広がります。

800P1300123800P1300124

とても綺麗。


人工湖ではありますが…

800P1300126800P1300128800P1300129


多少の家族連れがいますね。

800P1300130
向こうの方でスワンが泳いでいます。

800P1300131

800P1300135

恋人の聖地なんですねー。


昔男二人で”タイタニック”を見に行ったことを思い出しました。

映画館から出て2人で泣いてたら

周りから白い目で見られたんでしたっけ。

800P1300136800P1300138800P1300139

家族で写真をとりました。

800P1300147800P1300148800P1300150800P1300151800P1300162800P1300163800P1300164800P1300165

おっさんが一番はしゃいでますね。

800P1300166

しかし、脚が太い。


太いなぁ・・・レーパンはいたらやばそう。


800P1300170



800P1300176


800P1300183
800P1300185
いやでもこれ、かなり大腿四頭筋使いますよね。


相当窮屈で体を折りたたみながら、大腿四頭筋を使ってこぎこぎします。


いやーまた脚が太くなっちゃうな。


もう大好きなんですよねコレ。
最高に楽しい!!

800P1300189800P1300190

湖畔には伊自良湖荘があります。


見てください❢上の写真。恋人の聖地・ピンクラーメン800円とあります。


ピンクラーメンいっときたかったんですが、


勇気がいりますよね。


えっ何がって。




おっさんが


”ピンクラーメン1つ。”


もうこの時点でアウトですよ。普通。




”お客さま大変申し訳ございませんが、

この商品はカップル専用でございます。

しかもお客さま多少年齢オーバーしておりますので、、、、”




”えっわたし、20歳の女性ですわよ。なにか。”



”どう見てもアラフォーのおっさんじゃないですか!!”



”そこを何とか!”









”お客様、



お客様!!




こんなとこで土下座はやめて下さい。”





”このピンクラーメンを食べにわざわざ子供を連れて来たんです。

服だって帽子だって、ピンクで揃えてきたんですよ!!”




”いえ、しかしそれも会社の規定上・・・”






”そこを何とか、なんとか!!


もう明日から



馬渕敦史あらため




マブピンキーナ



にしますから・・・



お願いします!!






”あっお客様!!

バリカンで髪の毛を剃るのはやめて下さい!!

わかりました、わかりましたからっ!!


厨房っ!ピンクラーメン1つっ!!”
・・・・






”ワーイ❢❢やったぞー!!”

・・・・・・・



まぁそんなやり取りがあるかないかはわかりませんが、
(ないわバカ!


さっきのモーニングでお腹いっぱいですのでね。




次は試してみたいですよね。
nadotoiminowakaranai
800P1300191800P1300194800P1300195

天気がいいし、眺めもいいですねー

800P1300196800P1300197

橋を渡って湖畔の向こうがわに。



この色、このツヤ、これがTHE伊自良湖。

800P1300209800P1300212800P1300214800P1300216800P1300218


沿道にそって湖畔をサイクリングで1週。


”お腹のアンコが重いけど…”

およげたいやきくんの気持ちがわかりますね。


800P1300220
たまにダンシングしたり。

800P1300221800P1300223800P1300225
スプリントしたり。

800P1300227800P1300229800P1300237

800P1300243800P1300252

4人でおしゃべりしながら、笑いながらサイクリング。


最高ッス。

800P1300261
伊自良湖は一周できます。


1週後、麓に降りて、さらに道を進みます。

800P1300263800P1300268
新緑の季節で、山は青々としています。

乾燥した風が体を冷やしてくれます。

800P1300269800P1300270

800P1300271

フラワーパーク。


どこにもフラワーの要素がないところがまた”粋”ですなぁ・・・

800P1300272800P1300273
さて、ここから山道に入っていきます。

坂と聞いてこの笑顔。


ロード乗りは坂が嫌いだと思われてますが、

乗り込んでいくと坂が好きになってきます。

なんでなんでしょうかね。ほんとに。


僕も坂は大好きです。朝練金華山ではボロ雑巾を更に絞るような感じでどうしようもなく最下位をふらついてるんですがね…


むしろ平坦よりは緩い登りと峠が大好き。



800P1300274800P1300275

800P1300276

 

この先から峠を超えて旧美山町へと出ていきます。


なぜ”美山”かということはすぐに分かりそうなもんですよね。

800P1300277


ここから山を超えて反対側の美山方面に抜けます。



平井坂という峠のよう




800P1300278

 

何台かのロードバイクにすれちがいます。


800P1300284

さて、片道約35kmと


往復、70kmコースになってしまいました。






さらにさらに、目の前にたちはだかる峠コース。


何も知らない嫁さんと子どもたちは


無事家にだどりつくことが出来るのでしょうか??



次回に続く

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

いらっしゃいませっ!

にほんブログ村 経営ブログへ

トマト工業株式会社
管理用

プロフィール

トマト工業マボ

Author:トマト工業マボ
岐阜県関市で建材などの加工と販売などをおこなっている
トマト工業代表のブログです。

明るく元気に!!

岐阜県で一番運がいい!!

平日は仕事
日曜はロードバイク

全く家事ができない父親が

電子レンジを爆発させたり
フライパンから火を出したり
お風呂をつまらせたりと
家族を困らせる日々を綴った
感動のブログ。

キッチンには立ち入り禁止。
冷蔵庫はあけるの禁止。
できる家事は自転車の掃除だけ。

☆愛車GIANT-TCR1・2015
☆中小企業診断士

CustomCategory