記事一覧

嵐の後のロングライド

今日(日曜)は土岐プレミアム・アウトレットに行ってきたわけですが、

帰り見事に迷いましたよね。


わずか40kmに満たない場所でどうして峠に入ってくのか?

理解に苦しむということで


家族に白い目で見られましたが





まぁ私レベルになりますと、なれたもんですがね。


まぁ低い方のレベルですが。


こんばんは。まぶちでございます。



熊本は大変でしたが、前回の東日本につづいて会社としても何らかの対応をしたいと思います。



さて、今日は、嵐の予感でしたね。


土曜から雨予報90%でしたので、滋賀に行こうということになってましたが、嫁さんの急の心変わりで

予定を変更し、携帯SHOP+マーゴに変更。


朝携帯の手続きをして、マーゴに。子供のおもりと昼食。帰って12時になってました。

少し休憩をして、13時からでかけましたよ。


方面は特に決めず山県市方面へ。


古城探検では大桑城(おおがじょう)がこれに当たります。
美濃守護の土岐氏の居城で、昔はこの地域が美濃の首都だったわけですね。
>>古城探検大桑城へ行こう!はこちら

その山県市も南側の高富町と北側美山町がくっついてできてます。

首都うんぬんは高富の方ですね。
800P1280776

高富は岐阜に近く、市街地があり美山はその名の通り武儀川沿いの大変風光明媚な場所になります。


北に山があり(美山)南に市街地(高富)がある。

なんか美濃と飛騨でできてる岐阜県の縮図みたいですね。


一旦美濃インターまで自走し、

そこから大矢田の街道を通って武芸川に抜けます。

800P1280690

いつもの大矢田のコンビニ。

見晴らしがいいんですよねーここ。

冬用のインナーを着ていたので、汗で酷いことになりました。

コンビニで吸汗速乾インナーを購入し、着替えます。

ウィンドブレーカーを脱ぎ、ほぼ半袖の状態。

2年目になりますが、いまだにあのぴったりジャージを着れてません。

上着を脱いだのでまさに普段着。



ここからは武芸川裏街道を通っていきます。

800P1280692

武芸川、武芸八幡宮では祭りがやってました。

>>武芸川跡部城に行こう!ライドについてはこちら

800P1280695

800P1280698


武芸川も裏街道は通りやすいですね。

800P1280700

大きな山脈が見えますが、あの裏が美濃・上野方面、洞戸方面でしょうか。

>>洞戸へ子どもとサイクリングで行こう!全6回はこちら
>>洞戸へサイクリングで行こう!はこち全1回はこちら

800P1280701

広葉樹も葉をつけ出してコントラストが綺麗になってきました。


嵐が憂鬱なヒノキ花粉を吹き飛ばしてくれてたらとてもうれしいです。


空気が澄み渡っているよう。

800P1280702

ハンドルに上体を乗っけるエアロポジションが定番のポジションになってきました。


昔は10分で体が痛くなってきたものの、最近は筋肉がついてきたのか、腰痛がめっきり減りました。


心拍計を忘れましたが、体調はとてもよさそうです。

800P1280704

まずは岩佐の町に入ります。

旧美山町の玄関口にあたる地域で、川沿いに町が形成されています。

800P1280708

岩佐の交差点

洞戸との交流点に当たるんですね。



800P1280709800P1280712

裏街道を北東にすすみます。

800P1280713

スーパーマルキさんが見えてきました。

このマルキさんも昔は関に大型店舗3店舗を構えていましたが、


今は原点回帰でしょうか。

800P1280715800P1280717

コーヒー牛乳を購入。

ちゃんと食べとかないとエネルギー切れになってしまうのです。

800P1280719800P1280721

岩佐の町を離れて街道を進みます。

800P1280723

ここからは本当に綺麗な景色が続きますね。

日差しは暑いくらいですが、日陰に入ると路面が濡れており、ものすごい冷気が上がってきて気持ちがいいです。


この山県は水洗バルブのふるさと。とあります。


たしかにミズタニバルブさん、恩田工業さんなど超優良な企業がありますね。

工場も随所に点在しているようです。



ここからは美山の谷合の集落へ向かいます。



ここは昔車で通った時に、昭和の雰囲気を残すなぁ・・・とおもった場所です。

自転車で行ったらどんな感じなんだろ。

すこしワクワクしながら進みます。

800P1280725

もみじのテントをくぐり抜けると・・

800P1280727

谷合の交差点に着きました。

旧美山町の役場もあります。

800P1280728

交差点を境に十字路に街道が広がっています。

狭い場所ですが、家々がピッタリと街道を形成しています。

昔はすごく栄えたのでしょう。


現在は交通量はすくなくひっそりとしています。

なんで信号があるんだろ・・・

800P1280730


角のお店でパンとポカリを補充。

というか、最近洗車している人が多くて、体にびっシャーっってかかるんですよね。


向こうも申し訳なさ気な顔をしてると思いますが、




まぁ対して気にはしてません。

”ナイス・シャワー!!”

こころでそう答えます。


800P1280732

交差点から北に進むと、神埼方面という看板が。

800P1280733800P1280735

ここが旧美山町役場。


崖下で釣り人が何人か釣りを楽しんでいます。

この人達も嵐の天気予報に一喜一憂してたタイプでしょうか。

よくやるなぁ・・・


と笑いがこみ上げますが、




向うもこっちをおんなじ目で見てるとすると、

それもまたおかしくもあります。



800P1280738800P1280740

空は嵐の後で澄み渡っています。

家の中にいるのはどうにも時間がもったいない気がしてだめですね。

800P1280743

ここも昔はさかえたのでしょうか。

林業が盛んだったぽいですね。

800P1280746800P1280747

街道を北へ。

ここで痛恨の方向音痴が出ました。


てっきり根尾谷の方へいくつもりが

どうも北の集落に向かってしまっているよう。


北の方向は行き止まりになります。

800P1280751

木を干してありますね。

800P1280753

街道はうねるように北に進路をとっています。

800P1280755800P1280756

りっぱな杉がとても多いです。


川ははるか眼下を流れています。

800P1280758800P1280759

路面がウエットですねぇ・・・

800P1280761800P1280762

この杉凄いですね。


800P1280763

杉林の中に吊り橋が見えます。

800P1280764800P1280766



奥に進むとキャンプ場が見えてきました。


800P1280768

観光案内で初めて道を間違えたことを悟ります。本当は八月、塩後方面から峠越えのシダレ桜コースを取らなければなりませんでした。

まぁしょうがないですね。

現在は片狩、日原という集落でしょうか。

800P1280769

この中だと白山神社の大杉が一番興味があるかな。

800P1280772800P1280775800P1280776

透明感のあるもみじがいっぱいに葉を張っています。

春の訪れを喜んでいるかのよう。


間違いない。僕もそうだから。

800P1280778

川は濁ってますが、普段はめちゃくちゃ綺麗なんですよね。


津保川との違いは、渓流の傾斜にも寄ります。

比較的傾斜のゆるい津保川は各種に農業用堰堤が築かれ、

大変ゆっくりとした流れです。


そのため透明度は低いものの温かい水温に藻がはり、それを慕って魚が多いです。

本来下流域が主たる生息地である大型の真鯉なども住んでいます。


こちら側は傾斜がきつく、上流に近いため水温が低く流れが速いので見た目は綺麗ですね。

釣り人がたくさんいるということはアマゴなどでしょうか。
800P1280780800P1280783

日原の集落を通ります。

800P1280786800P1280789

そこからさらに上を目指します。

800P1280794800P1280795

途中でバスを見つけますが、くねくね過ぎて自転車と同じくらいのスピード。

800P1280798

上流にいくと、ついに開けた地である神崎の町が見えてきました。

800P1280801800P1280803

舟伏の里とありますが、なんでしょうかね。一体。


街道を通ります。

800P1280805800P1280806

集落的にはとても小さいです。

800P1280810800P1280811

すでに時計は15時に近づいています。

春なので日が長いとはいえ、帰りの時間も計算しないといけません。


特に山間部は両側を山に挟まれているので、日没が速いという特徴があります。


800P1280812800P1280816

石垣を囲うように街道が続きます。

800P1280818800P1280821

白鬚神社へ到着。

800P1280822

樹齢にして200ー300年でしょうか。

神聖な巨木たちが迎えてくれます。

800P1280823800P1280824800P1280826

広葉樹が強い日差しを遮ってくれます。

800P1280828800P1280831

石碑もあります。

800P1280832

神社から集落を望む。

800P1280834800P1280836800P1280838

長年この地に鎮座してきたであろう社と大きな杉林があります。


800P1280839800P1280840

杉林の中に入ると、冷たい冷気に体を包まれます。


800P1280842800P1280844

祭りの後でしょうか。

広場には櫓も置いてありますね。

800P1280845800P1280846800P1280848800P1280849800P1280851

広葉樹の葉っぱがまるで照明のようです。

800P1280855


水を体に浴びて、体を冷やします。

800P1280857800P1280859

街道を進みます。
P1280860P1280861

街道が続くと思いきや、すぐに町の終端がやってきました。


思ったよりも小さい町のようです。

P1280862P1280863P1280865P1280868P1280869

あれが舟伏山でしょうか。

はるか遠くに見える山にはまだ広葉樹の葉が開いていません。

P1280870

舟伏ということはよくある船を反対側に伏せたような形状ということで、

形状としてはあってますね


あれがやっぱり舟伏山かなぁ・・・などとも考えます。


恵那山によく似た形状ですね。標高は向こうの方が高そうですが。

P1280871P1280873P1280876P1280877

集落をぐるっと回っています。


山間の地に未知の集落があります。


こうやって迷いこむのもまた楽しいのかもしれませんね。

P1280879

松久旅館とあります。


なぜこんなところに旅館が…

P1280881P1280883

さて、キャンプ場まで戻ってきました。


ここでも釣り人が多く釣りを楽しんでいますね。

P1280885


ここからはいつものジェットコースターです。


平坦と思ってましたが、ゆるい登り勾配だったようです。


帰りは一気にスピードを上げて帰ります。


途中1台黄色のロードの人とすれ違いました。

P1280887

あっという間に武芸川の道の駅へ。


ここでは美濃市特産のモナカアイスを。

低脂肪でありながら糖分がたくさん取れるアイス。

自転車乗りにピッタリ。

体も冷やしてくれますしね。

P1280889P1280891




さて、ここから家まではわずか10kmです。


13時からスタートにしてはまずまずの70kmライド。


景色も良かったし最高でしたね。



一気に帰るとここで終わりと思いきや、


家族で土岐プレミアム・アウトレットに行ってきました。


子どもたちをレゴにおいて買い物をして戻ると、


絶対に動かんでね!


と言ってたのにもかかわらず構内をひたすらぐるぐる廻るというはめに。


半分は迷子探しで終わりました。


その後家族で回転寿司へ。



外食の寿司なんて半年ぶりくらいかなぁ・・・



嵐に始まり、
嵐のように慌ただしい一日でした。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

いらっしゃいませっ!

にほんブログ村 経営ブログへ

トマト工業株式会社
管理用

プロフィール

トマト工業マボ

Author:トマト工業マボ
岐阜県関市で建材などの加工と販売などをおこなっている
トマト工業代表のブログです。

明るく元気に!!

岐阜県で一番運がいい!!

平日は仕事
日曜はロードバイク

全く家事ができない父親が

電子レンジを爆発させたり
フライパンから火を出したり
お風呂をつまらせたりと
家族を困らせる日々を綴った
感動のブログ。

キッチンには立ち入り禁止。
冷蔵庫はあけるの禁止。
できる家事は自転車の掃除だけ。

☆愛車GIANT-TCR1・2015
☆中小企業診断士

CustomCategory