記事一覧

岐阜長山城へ行こう!古城探検第46弾


ここ岐阜の地には芥見(あくたみ)と呼ばれる地区があります。


関市と岐阜市街をむすぶこの地は、その昔、ここが美濃の国と呼ばれれていた時代でも重要な土地であったということです。



現在は長山と呼ばれるこの地にもかつての山城が存在しています。


前回秋口にも行ったのですが、

”松茸山のため入山禁止!”


と立て看板がそこら中にあったため入山を中止した経緯があります。




松茸山が11月末まで入山禁止のため2月の祝日、


今回は自転車にて向かいます。


嫁さんは祝日は仕事ですので、必然的に子供のお守りが回ってくるのであります。




”どっか連れてって”





または


”連れてって”







または



”いいから連れてって”








を西野カナの”会いたい”くらい

連呼するもんですから、

連れて行く事にしましたよ。



※過去の古城探検についてはこちら


よく晴れた空はカラカラに乾いており、花粉が飛び始める前で空気も澄み渡っています。

P1270001

今回、子供はロードバイク

こちらは子供乗せクロスバイクにて出動。



さて、芥見の東側のサークルケ-まで一気に行くと、

左手にリフレ芥見の看板があります。


ここを通ると、トンネルがあり、そこをくぐって谷に入っていきます。


このあたりは、寒いですねー。


雪がまだちらほら残っております。

P1270003

各務原アルプスとよばれる山脈の先端部にあたります。




ちなみに、あの岐阜城も各務原アルプスが長良川によって掘削された
先端に位置しています。


チャートとよばれる岩盤によってできている戦国期を代表する大山城になります。




つまりはこの各務原アルプスが濃飛平野を一望できる山脈の一端ということになるのです。




この山脈の反対側はあのさるばみ城があります。

P1270004

見えてきました。



火事があったらしく、四周を低木に覆われています。

P1270007

標高は300m,比高差約250mとまずまずの高さを誇っています。

P1270009P1270011

リフレ芥見という施設では子どもと大人がフットサルを楽しそうにやっています。






ここまで片道18km。


前回の嫁さん初ライドから子供の巡航スピードも上がっており、

20km近いスピードでも遅れが少なくなりました。


その分こっちはキツイですがね。

15kgのよく喋るテポドンを抱えてますので。
P1270012P1270013P1270015P1270016P1270017

これがリフレ芥見。

P1270019

谷にそって開かれた敷地に遊具とこのような施設が点在しています。


ひとしきり滑り台で遊ばせます。

これをやっとかないと、テンションが上がりすぎて、山から転げ落ちますのでね。


この年代の男の子の行動力をなめるとエライ目にあうのですよ。
P1270022P1270025P1270026

入り口はここ。

すぐに見つかりました。



結構登山者がいるようです。

P1270029P1270031

入り口で地図を発見!


しかしこの地図さっぱりわかりません。

余計頭がこんがらがります。

P1270032

 

中央の池○というところが現在地。



点線が山道のようです。




P1270035


気を取り直して3人でずんずん進んでいきます。

P1270037

麓のリフレが見えてきました。

P1270039

どんどんと比高を上げていきます。

P1270041P1270043P1270044P1270045

山々の合間から岐阜の地がみえます。


岐阜という町が川で切削された平地にあることがよくわかります。


P1270048P1270050P1270051P1270052P1270056P1270057P1270058

岩盤が突端となっています。

この突端岩は下からも大きな目印となっております。

物見台があった可能性が高いですね。


P1270061

がれ場を進む子供。

足場が悪いので注意が必要。

斜度が結構あるので、すべらないように注意して登っていきます。


すべるなよ!すべるなよ!



と言いつつ、自分がすべったことはここだけの秘密にしましょうよ。
P1270062P1270064

P1270078P1270080P1270081P1270083

下の子が大活躍。


チャリのチャイルドシートでひたすら喋るだけの簡単なお仕事ですから


当たり前なんですけどね。


P1270085

正面になんと岐阜城が見えてきました。

P1270088


突端岩を過ぎて、急勾配をよじ登ると、やがて

この一本松が見えてきました。


P1270089

この一本松からやがて尾根部へと移行していくようです。

P1270093

尾根に到達すると傾斜がゆるやかになります。
久しぶりの
山道でしたが道はしっかりとついており、歩きやすいです。

P1270096P1270100

2月とはいえ日差しがグングン暖かくなっていますね。

実は山登りには一番てきしているのかもしれません。

P1270101P1270103

尾根をあるくこと数分で開けた場所に到達。

P1270104

相当比高は稼いできているよう。

P1270105

撮影場所。という看板があります。

P1270107

名古屋のツインタワーがはっきりと見えます。

P1270108P1270111P1270112

伊吹山は雪化粧をしています。

遠く養老山脈もみえますね。

P1270113P1270115P1270120P1270123

さて、ここが終点ではありません。


ここからさらに山道を登っていきます。


P1270132

休傾斜を直登してきたので若干息が上がっていますが、

それでも昔と比べると心配能力が大幅に上がっているのがわかります。

自転車の力ですね。

P1270133P1270136P1270140P1270141

トトロの道が続いています。

P1270142P1270145P1270147

所々に目印があります。

P1270148

やや開けた分岐路に到着

P1270150

朽ち果てた看板が。

方向を指し示すものの、どちらかが全く判別できません。

P1270151P1270153

兄弟で手を繋いで登ってくる時もあるよう。

いつも喧嘩ばっかりしてるんですけどね。

P1270155

分岐を過ぎると、

P1270156

頂上らしき場所に開けた空間が出てきました。

間違いない芳野神社。

長山城跡です。

P1270159P1270160P1270164P1270166P1270167P1270169

頂上にはひだまりができ、

そのひだまりの中で3人でご飯を食べます。


周りは声も
聞こえず、風の音と、はっぱの擦れる音しか聞こえません。

P1270173

権現山の方面を指し示していますが、今回はコレで終了。3人共一杯一杯です。


第一あんな地図にそって歩いたらいつ遭難するかわかりませんのでね。


こうして3人で登ったり滑ったりするのもあとどのくらいできるかわかりませんが、

こういう何気ない一瞬が幸せなのかもしれませんね。




この後、崖を滑り落ちるようにして帰りました。




家には3時に付きましたが、その後5時間に渡って眠りについたことは言うまでもありません・・・・






◎自転車◎
走行距離 30.0km

平均時速 15.6km

 



古城探検おわり。




古城探検についてはこちら

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

いらっしゃいませっ!

にほんブログ村 経営ブログへ

トマト工業株式会社
管理用

プロフィール

トマト工業マボ

Author:トマト工業マボ
岐阜県関市で建材などの加工と販売などをおこなっている
トマト工業代表のブログです。

明るく元気に!!

岐阜県で一番運がいい!!

平日は仕事
日曜はロードバイク

全く家事ができない父親が

電子レンジを爆発させたり
フライパンから火を出したり
お風呂をつまらせたりと
家族を困らせる日々を綴った
感動のブログ。

キッチンには立ち入り禁止。
冷蔵庫はあけるの禁止。
できる家事は自転車の掃除だけ。

☆愛車GIANT-TCR1・2015
☆中小企業診断士

CustomCategory

フリーエリア