記事一覧

心を落ち着かせよう。

冷凍マグロを切断するシゴトをしていた時もありますが、心を落ち着かせる。それが無我の境地というものでしょう。なんの話って、もちろん花粉ですよ。信長に火炙りにされたあの快川和尚(かいせんおしょう)は心頭滅却すれば火もまた自ずから涼し。ともうしておりました。いいですか、花粉症などというものは、精神的なほころびのごく一部なのです。心を鎮め、身を清らかにすれば花粉の何を怖がることがありましょうや。というわけ...

続きを読む

合板貼りあわせ加工

これが今回の加工品です。えっただの合板ですと!これは実は12ミリの合板を2枚に合わせてあるのです。合板の貼りあわせです。今回耐水性が求められるということで耐水性の高いウレタン系接着剤を使用しています。通常張り合わせを行うときに問題になるのが反りですが、今回は反りはありません。反りをなくすには諸条件が必要なのでございます。もともと異種材の貼りあわせ、特に大判加工が得意でしたので、経験が生きているのです...

続きを読む

揖斐城へ行こう!古城探検!第18弾・西濃の一大山城・第1回

  西濃地区は揖斐川、根尾川などが織りなす豊かな平地が広がります。 濃飛平野の北端に位置し、美濃はもちろん、尾張や伊勢の北端も望むことができます。   そうした関係上なのか巨大な大型の山城が多かった地域です。   春日村の小島城がその巨大要塞の体をなしているようですが、その前にこの揖斐城を視ておきたいということで   やってまいりました             水の都、大...

続きを読む

揖斐城へ行こう!古城探検!第18弾・西濃の一大山城・第2回

  さて第二回はいよいよ揖斐城へ登っていくルートです。   中腹に存在する 城台観世音菩薩像がありました。 なにか立派なお寺なのでしょうか? 優しい表情で城下を見下ろしています。     城台公園として整備され、展望台が各地にあります。 桜がとても綺麗です。   美濃の守護の弟 土岐頼継が城主のこのお城。西濃全体を見渡すその遺構とはどのようなものでしょうか?   ここで一句。 変わりゆ...

続きを読む

揖斐城へ行こう!古城探検!第18弾・西濃の一大山城・第3回

さて前回は少ししんみりしてしまいましたが、 今回はいつものペースで行きたいとおもいます!   南の丸に登ったところが前回でしたが、       ここから切岸を通って本丸に行きます。   本来であれば右手に道があるのですが、今回は左手の整備された道を行きます。   切岸から上がってきたところです。 大変広い本丸跡地になります。   風がビュウビュウ吹いており、ひのきが楽しそうに揺れて...

続きを読む

揖斐城へ行こう!古城探検!第18弾・西濃の一大山城・第4回おまけ編

さて歴史資料館でありますが、 この揖斐城の裏手の方にあります。   こちらも貸し切り状態です。   鯉、フナといった魚から おなじみウグイやナマズの剥製があります。     頑固一徹の語源、稲葉一鉄の故事があります。   あの信長にも頑固を貫いたそうですが、 よく追放されなかったなぁと関心してしまいます。   かなり優秀だったのでしょう。     さてこの縄張り図ですが、大手道...

続きを読む

自社オリジナル製品

町工場というと、どうしても暗い、汚い、寒いなどという間違ったイメージがありますが、 たくさんの細かい部品を一個何円、時には何円何銭という単位で行う。   そんな加工はまっぴらゴメン! ということでトマト工業では、小さい企業ながらも新しい自社製品を作ることをいつも心がけております。   楽天市場で一番売れているFRPドレンの”カンタロウドレン”シリーズで合ったり、 これまた楽天市場で一番売れているポ...

続きを読む

顔戸城を見に、御嵩町を歩こう。古城探検!第19弾

岐阜県の御嵩町というのは大変古い町で、古墳あり、史跡有りの町です。   位置的には中濃または東濃に位置し、中濃との境にあります。   可児の東どなりにある大変広い平野をもつ肥沃な地域です。   そのため各豪族のお城が大変多く残っていると言われています。     ちょうど子供が自転車に乗り始めた時で、自転車に乗りたいとぐずって聞かなかったので、連れて行くことに。   計画では、御嵩町か...

続きを読む

大桑城へ行こう!古城探検!第20弾・山県の大要塞、第1回

さてさて記念すべき第20弾は、やはりこのお城   大桑城です。   ”おおが”と呼ぶこのお城は、美濃の国の守護である土岐氏の本山にあたります。   というわけで他にはない比高と規模の大きさを持ちます。   登山が約1時間、比高は約350mを数えるという恐ろしい山城のため行くのを躊躇していましたが、 今回、もうすぐ子供がスポーツ少年団に入るということで一緒に行く機会が無くなる前に一度行きたいというこ...

続きを読む

大桑城へ行こう!古城探検!第20弾・山県の大要塞、第二回

大桑城編第二回でございます。   前回は、城山祭りが開催されており、そこで1時間の左へいくか、30分の右へ行くか迷いましたが、 即決で右の道へ。         この大桑城の比高は約350mもあります。   岐阜城はロープウェイが有りますが、麓から登ると比高約300m これで300mです。     これは毎日出仕する家臣たちもきっと  ”うちの殿はどうかしてるぜ、こんなとこに城をお...

続きを読む

御嵩城に行ってみよう!古城探検!第21弾

御嵩というのは本当に城跡がおおいです。   顔戸城、小原城、権現山城そして今回の御嵩城です。   御嵩城は本来山岳要塞の体をなしていましたが、開発が進み、麓には広大な団地と 城址公園という名のモニュメントが存在しています。   前回の御嵩顔戸城へのレポートはこちら 今回のレポートは御嵩の街歩きの最期によったものです。   前回の顔戸城跡地から北にすすむこと2-3分で神社に付きます。   こ...

続きを読む

オレフィンシートの貼り加工

住宅の建材がほぼ貼りものになってきたのは以前から述べてきたとおりです。   代表的なもので行くとフロアー材が之に当たります。 フロアー材は従来無垢の一枚板を削りだして作っていました。   ここから芯材を合板で表面材を突板とよばれるスライスで覆ってUV紫外線硬化型の強力な塗装で コーティングするという流れでした。   最近大建工業やノダ、永大産業といった大手メーカーさんが 市場に上げだしたのが、...

続きを読む

厄介な病気

花粉症というのはそれはそれは厄介でございます。     2月の終わりから、3月にかけて杉花粉、3月からはヒノキの花粉が始まります。         アレルギーというものが本来人体に有害でないものを有害と認識して激しく攻撃するために 鼻水、くしゃみ、眼脂などがでてしまう。というものです。       ”この勘違いやろう。いつもいつも間違えやがって!!”         &...

続きを読む

溝付ケイカル板の加工

今回は溝付ケイカル板の加工です。     溝付加工はルータービットやノコ刃によって厚物のボードに切削するもので、深さや段を自由に決められます。   そのため 意匠材、装飾材、壁、天井板、店舗内装など様々な用途に使用されます。...

続きを読む

春の気配

ようやく眼脂地獄から開放され、 気分爽快、気分上々↑↑でございます。   肝心なケイカル板の出はそれほどでもありませんが、 その他の複合加工品その他がけん引して明るい雰囲気です。 5年がかりで取り組んでいる複合加工化がようやく陽の目を見そうということです。     ただ、懸念点もあり、 1.配送コストの増大 2.仕入れコストの増大 3.燃料費の高騰 などが懸念点です。     毎月の試算表の振り...

続きを読む

月次残高試算表について

  3月はどの業界、業種もかなり忙しいみたいで、本当にバタバタしていたと思います。   その中で新規案件、開発案件についてはストップしていた状態です。 それもそのはず、日々の業務が大変なのに、新規案件ばかりはできないからです。   さて4月に入り、ここの所連日お客様が来社されております。   昨日は新規開発案件で3件のお客様が来社されました。 どの案件についてもそれぞれ難しい問題はありますが、...

続きを読む

赤字法人への課税強化検討

赤字法人への課税強化検討という題目がYAHOOのトップページに出ていました。   あまり批判的なことは思わないようにしているのですが”とんでもない”と思います。高田先生も自民党出てこいや。ですよ。   ※一つ勘違いしないでいただきたいのは、トマト工業では、リーマン後の1期を除き、ずっと利益を出し続けています。 つまり法人税を払っている側ということです。     企業全体の99.7%が中小企業と言わ...

続きを読む

GW前の出荷

今日は土曜でのんびりできるとおもいきや、   出荷がたくさんあり、出勤の後藤もカンボジアのヤン氏も朝からバタバタしています。   “そうだ、ゴウルデンウイークなんだ” と浦島太郎ばりの記憶喪失っぷりを見せております。       そんなバタバタの日に   午後から子供の初授業参観です。     今まで保育園の行事等も全く出席していなかったので、一大イベントなのでございます。   ...

続きを読む

小里城山城へ行こう!古城探検!第22弾・第1回

さて皆様、楽しいゴールデンウィークをいかがお過ごしでしょうか?   花粉もやっと杉もヒノキも落ち着き、そこそこ快適になってきました。   今回は東濃の小里城(おりじょう)に向かうことにしました。   3人で登るのもいよいよこのゴールデンウィークが最期となります。今回の山は瑞浪の小里城山になります。大変荘厳な山ですので、久石先生のお力を借りながら行きたいと思います。自然への畏怖、賛美、感動、悲し...

続きを読む

小里城山城へ行こう!古城探検!第22弾・第2回

今回も久石先生のお力を借りながら行きたいと思います。自然への畏怖、賛美、感動、悲しみがつまったこのアシタカせっきです。  さて前回はなぜか話しがトーマスばりに 脱線してしまいましたが   今回は第二回ということで本題に入って行きたいと、そう思います。     まず小里城の場所ですが、 山岡町を目指す途中に、小里城山橋という大きな橋があります。   この少し手前の県道沿いに小里城はありま...

続きを読む

小里城山城へ行こう!古城探検!第22弾・第3回

今回も久石先生のお力を借りながら行きたいと思います。自然への畏怖、賛美、感動、悲しみがつまったこのアシタカせっきです。  さて前回は麓の城館に行きましたが、 これから本丸まで登城していきます。   この形態は、あの妻木城によく似ています。     入り口から登り口、いきなりこの傾斜です。   ただ、道がしっかりと作ってあるので、大変歩きやすいです。   道幅はやや細目。   大桑城...

続きを読む

小里城山城へ行こう!古城探検!第22弾・第4回

今回も久石先生のお力を借りながら行きたいと思います。自然への畏怖、賛美、感動、悲しみがつまったこのアシタカせっきです。   さて直下にやって来ました。本丸の。         最期のひと頑張りです。   急階段を登ると二の丸に到達します。   上に山小屋が作ってあります。   本丸下の帯曲輪です。   帯曲輪といえどもかなりの面積があります。   切岸は石垣で仕上げてあり...

続きを読む

飛騨・諏訪城跡に行こう!古城探検!第23弾

さてさて、今回は、初の飛騨地方編になります。   飛騨というと三木(姉小路)氏か、金森氏になります。     信長の野望というゲームソフトがありましたが、全国で一番弱いのがこの姉小路氏でございました。     なぜ弱かったのかというとやはり経済力に行き着くと思います。 飛騨という国は大変大きくはありますが、山岳地であります。 松本や伊那地方のような大きな平野がなく、ほぼ高山を中心とした地域...

続きを読む

飛騨・諏訪城跡に行こう!古城探検!第23弾 第2回

さてその金山を抜けて、下呂の中心地を通り、そして萩原に向かいます。道の途中、おかしなものを見かけました。町の中心地に異常に伸びた杉林。これは只者ではない。というオーラを感じました。グーグルマップから引用しましたが、之です。これでございます。のちに諏訪城跡ということが判明しますが、トトロの森のようです。>>つづく・第3回はこちら...

続きを読む

検索フォーム

いらっしゃいませっ!

にほんブログ村 経営ブログへ

トマト工業株式会社
管理用

プロフィール

トマト工業マボ

Author:トマト工業マボ
岐阜県関市で建材などの加工と販売などをおこなっている
トマト工業代表のブログです。

明るく元気に!!

岐阜県で一番運がいい!!

平日は仕事
日曜はロードバイク

全く家事ができない父親が

電子レンジを爆発させたり
フライパンから火を出したり
お風呂をつまらせたりと
家族を困らせる日々を綴った
感動のブログ。

キッチンには立ち入り禁止。
冷蔵庫はあけるの禁止。
できる家事は自転車の掃除だけ。

☆愛車フォーカス カヨ2017
☆中小企業診断士

CustomCategory

フリーエリア