記事一覧

機械の下に潜ってのボールねじ洗浄作業について

みなさまこんにちは 今日は機械の下のボールねじを洗浄するという作業を行いましたよ。 今日はロードバイクの話は一切出てきません。 トマト工業屈指の花型作業を行いましたよ。 あのベアリング交換に匹敵するほどの花型作業 ⇒切削という加工・トマト工業の加工テクノロジーの紹介。 今回のミッションは、機械の下に潜らねばな...

続きを読む

マシニングセンター、NCルーターの油の話

さて、たまには仕事のお話を したいと思います。 いま旧型のNCルーターが連日稼働しているわけですが、 新型と大きな違いがあります。 もちろん性能的な違いもさることながら、 躯体は古い機体のほうが頑丈にできています。 旧型の方は 平安鉄工のNCルーター定番のER231Pという定番機種...

続きを読む

工場の加工・NC切削編

工場では、いままさにCNCマシニングセンター、NCルーターによる 切削加工が行われております。 最近珪藻土のバスマットが大変よく動いており、 いままでは他の業者さんがやっていたようですが、弊社に幾つか案件が舞い込んできて、 加工量が激増しています。 通常の珪藻土配合バスマットボードの他、 基材はmoissモイスバスマット、珪藻土やさしい壁バスマットなどが一般的...

続きを読む

新機械導入!TMT746

  新型マシニングセンタ TMT746が稼働します。   第4切削工場棟もほぼできあがり、可動を待つのみとなります。 TMT746は 全部で約30種もの刃物を主軸上に装備し、高性能なサーボモーターで盤上を正確、高速に動きます。 主軸は10馬力を超える力をもち、高い汎用性と切削性を備えています。 主軸のパワーでいうと、例えば硬い切削材料に対して力が弱いと、盤上で刃物が動いてしまい...

続きを読む

粉とのたたかい。

こんにちは    三遊亭粉太郎  ことマブチです。   毎日粉だらけで加工しております。    ケイカル板、フレキシブルボードの粉はアルカリ性のため加工切削をやり始めてから 風邪を一切ひかなくなりましたが、寝る前のエアコン設定の間違えにより、数年ぶりに 風邪を引いております。  ”バカはやっぱり風邪をひく” ということでございま...

続きを読む

マシニング加工いろいろ

マシニングセンタの加工が大変活況です。稼働率が50%を超えることは無かったのですが、先月の終わりから今月にかけてフル稼働です。朝の8時から夜の9時まで13時間まわりっぱなしです。というのも特殊有効加工プラント関係の加工ガレージコンテナの加工耐火セキュリティ材の加工などが有るためです。ほとんどがスポットの新規案件です。やはりそれだけスポット案件をやるところがなくなってきている現状が有るのだと思います。加...

続きを読む

水槽の完成

水槽が完成しました。今回設計図から図面をおこして展開図を作成、その後防水処理ということで大変手間がかかりました。とは言え仕事も一段落していたので、納期的には2-3週間前後でしたでしょうか?この後フタをします。フタ及び水槽全体がFRPでコーティングしてあります。...

続きを読む

マシニングセンターとFRPの加工

  マシニングセンターが特類合板を加工しています。 なにをしているのでしょうか?       今ほとんど工場ではFRPは施工しておりませんが、 今日は工事部の方で工場加工をしてもらいました。       FRPを全面コーティングします。   内部は国産材100%の杉・檜ハイブリッド合板。 軽量ですが、強度があります。   耐水の特類タイプです。特類は接着にフェノール樹脂を使用し...

続きを読む

ガントリーNCマシニングセンタ

マシニングセンタというと鉄工の方の箱型のものをイメージしてしまいがちですが、 パネル用のマシニングセンタは少し趣が違います。   弊社のマシニングセンタはガントリー式といい、 港湾のコンテナヤードに有るような門が動いて荷さばきをするものに似ています。 この門が前後に動き、門についているビット主軸が左右に動きます。 したがってテーブルの上を自由自在に動くような格好となります。   これがガントリーと...

続きを読む

マシニングの故障

主力加工機の鋸軸付きマシニングセンタが故障しました。NC(数値制御)機械はXYZを座標と見立て、その座標通りにサーボモーターが回転して軸を動かすことで成り立っています。今回の故障はこのFANUC製サーボモーター絡みです。FANUCのアラームSV0436を吐きだし、Y軸のソフトサーマル異常というデータがパネルに表示されました。ということで急ぎ点検すると電磁弁が動かず自動給油が出来ていませんでした。オイル不足ではボールネジの...

続きを読む

鎧兜前立て製作

甲冑同好会さんの前立て作成関の甲冑製作同好会さんは、昔ながらの製法で一から鎧兜を造っています。そのこだわりは半端ではなく、通常アルミなどの軽金属をつかうところ、本物の鉄板を使用し叩きながら製造しています。その前立てつまり伊達政宗でいうところのトンガリ月型のシンボルをトマト工業で製作しています。今回はきずな・絆です。技術的に言うと、それぞれの切削線はマシニングセンタの10Φ、6Φ、3Φ、そして最小の1Φのボ...

続きを読む

工場様々

カット加工工程が特に多いです。ランニングソーはプーリ-の交換が終わり、パネルソーは精度出しの調整が終わったためこれから冬需要をしっかりこなしていきたいです。ロールコーターも研磨が終わりました。※一部お客様向けの超薄物の加工で改良中です。お客様の納期に穴をあけないように頑張っております。...

続きを読む

不燃建材の加工

不燃建材の加工がピークを迎えております。特に切削工程貼り合わせ工程についてキャパシティを超えております。お仕事を断らなければ成らない状態です。例年は冬に向けて多くなり、春が少ないですが、今年は住宅着工件数の増加による影響からか、大変受注が多くなっております。トマト工業ではどんなお客様でも今までお世話になっているお客様を優先加工する次第です。そのため試作、小口製作、切削、貼り合わせについて一部お断り...

続きを読む

引き続きモイスの加工

NCルーターでのバスマットの加工です。雑貨品の加工です。基本的にはいつも目立たない場所の加工ですが、たまには雑貨品もあるのです。サイズは約520×410mm...

続きを読む

モイスの加工について

通常ケイカル板は比重0.8あります。ハイグレードになると比重1.0です。一般の方は比重と言われてもピンと来ないと思いますが、我々の中では切削の簡易度をはかる1つの目安としています。水が基準で比重1.0合板0.5-0.6MDF0.8(中密度繊維板)ハードボード1.0アルミ2.8鉄7.8というおおよその比重値になります。と言うわけでケイカル板自体は木質系の素材と同じくらいと言えます。ケイカル板の中でモイスの加工が増えて来ましたが、...

続きを読む

検索フォーム

いらっしゃいませっ!

にほんブログ村 経営ブログへ

トマト工業株式会社
管理用

プロフィール

トマト工業マボ

Author:トマト工業マボ
岐阜県関市で建材などの加工と販売などをおこなっている
トマト工業代表のブログです。

明るく元気に!!

岐阜県で一番運がいい!!

平日は仕事
日曜はロードバイク

全く家事ができない父親が

電子レンジを爆発させたり
フライパンから火を出したり
お風呂をつまらせたりと
家族を困らせる日々を綴った
感動のブログ。

キッチンには立ち入り禁止。
冷蔵庫はあけるの禁止。
できる家事は自転車の掃除だけ。

☆愛車GIANT-TCR1・2015
☆中小企業診断士

CustomCategory