記事一覧

7.北アルプス山麓グランフォンド2017 そして感動のゴール❢❢

さて皆様

北アルプス山麓グランフォンドの続き。
sekisai3.jpg 
小川村エイドからはポカポカランドエイドへ。

ここからはマビックのタイヤ交換をしている間に、

制限時間が気になるため
サポートの人に子供を美麻エイドまで牽いていってもらいました。

遅れをとりもどすべく260wでもりこぎすると、

美麻エイドにすでについていました。

IMG_20170723_152807.jpg 
ここからはすこし車が増えます。


IMG_20170723_141728.jpg IMG_20170723_120824.jpg IMG_20170723_120827.jpg 
ぽかぽかランドエイドに入ってきました。

ここではおにぎりに味噌をつけて食べられます。

地元の野菜も新鮮でとても美味しかったです。

ホントはゆっくりしたいですが、そうもいってられません。

まだまだ先は長い。

あと40km

なんとかようやくですが、ゴールが見えてきました。


○パンチのある峠○

しかしここからもパンチのある峠は続きます。

ここからさらに急坂を登っていきます。

いかに体重が軽いといえども、絶対的なパワーでは遥かに見劣りします。

120kmの一般走者と比べると圧倒的に力の差があります。


絶対に筋肉を使わないように、ペースを抑えてペースを抑えて

という合図を繰り返します。


これがグランフォンド完走のための必須条件でしょうか。

パワーの増減確認、ケイデンス確認、コース取り、手信号、減速、信号・・・

先導者はやることがたくさんですね。



○最後の直登○

ポカポカから美麻の直登は結構な斜度です。

約300mの登り

しかし、後続からサポートの方々がついてきてくださり、
しっかりと確実にまわしていきます。


最初の峰方峠を超えた自信は

この大会中にも彼を成長をさせたのかもしれません。


頂上につくと美麻エイドがありました。

ここでは給水がうけられます。

やさしいお姉さんに労われ、休憩もそこそこにクイックエイド。

IMG_20170723_130658.jpg 
ここもまた標高1,000m近いです。


寒い寒い。


ここから曽山給水所までは150m級の登り。

後ろからは超級の四頭筋をもつサポートライダーズさんにピッタリサポートしてもらいました。

とんでもなくいいコースですね。
土砂降りでもわかりますよ。



IMG_20170723_104912.jpg 

そしてここまできたら後は体力というよりも気力です。


回して回して行きます。


○曽山給水所へ○


IMG_20170723_134508.jpg

曽山給水所ではバナナをいただきます。



バナナ。



僕も主食ですんでね。
978-4-591-11131-4.jpg 


主食。ウホウホ
(なんだそれ❢❢)


大分あまっているようで、おやきもありました。


しかし3時起きで高原を雨に打たれ続けて走り続けてる

アラフォーのおっさんには

おやきのパンチ力は全盛期のマイク・タイソンなみですでに喉を通らない。



このあたりでクロスバイクの方と共闘をしていきます。

見知らぬ方でしたが、
どれだけ心強かったか・・・・ 

ありがとうございます。

IMG_20170723_140544.jpg 
素晴らしい棚田が眼下にひろがります。

IMG_20170723_140548.jpg 
たった2人きりのグルペッドだったのがいつの間にか、

3人に、4人に、そして5人になっています。


サポートライダーの方と、オレンジジャージのサポートの方が前と後ろを先導してくれました。

IMG_20170723_140551.jpg 

大会サポートカー。


断続する登りでは心拍を削られ、そして下りでは握力を削られます。

そして後半の最高峰、大峰高原エイドの手前で分岐があり、ここまでで120kmコースの山岳は終わり。


ここからは大町の市街へと下っていきます。

IMG_20170723_141727.jpg IMG_20170723_141728.jpg 
途中美しい牧場のようなところを通りました。


○高原の終わり・・・○

高原地帯はもうすぐ終わり。


今回のライドを思い出していました。

IMG_20170723_110104_1.jpg 
アルプス展望広場
眼前に広がる高原、山岳


IMG_20170723_111252.jpg 
峠を超えて眼下に広がる山村

IMG_20170723_110106.jpg 

終始サポートしてくれたMAVICカー
IMG_20170723_123748.jpg IMG_20170723_123752.jpg 
高原に咲く一輪の紅あじさい。



この高原地帯で様々なドラマがありましたが、

応援、サポート、声援を受けて

ようやく超級がつらなる高原群を抜けることができました。




眼下に大町の市街が見えたときは、果てしない感動が押し寄せてきました。


○背負うのは○

ついに小4の子供の距離は100kmを超えて、過去の自分を超えた瞬間です。


背中に背負う、どろどろのセキサイが激闘を物語っていました。


大町に入って自販機で休憩をしていると再びサポートライダーさんとサポートカーが来ていただき、先導と後続を走っていただけました。

ありがとうございます。


そしていよいよ平坦地の最終チェックポイント、大町温泉郷です。

IMG_20170723_152133.jpg 
ここでは


IMG_20170723_151640.jpg IMG_20170723_151818.jpg IMG_20170723_151610.jpg 
ここでは150kmコースの方がちらほらと見えました。


ようかんとひやむぎをいただきました。
ありがとうございました。

○そして最後の峠へ○

目指すは最後の峠、

裏鹿島槍スポーツヴィレッジ峠を残すのみ❢❢


ここから少し行くと、大きな大杉が見えてきます。
この一本杉がヒルクライムの始まりを示す目印。



ここから徐々に勾配が上がっていきます。


猿のいる里を通り、

爺ヶ岳スキー場を過ぎ

釣り堀をすぎると、

ついに最後の山岳、
スポーツヴィレッジがやってきます。



川に渡る橋を渡ると一気に勾配があがります。

ここまではペーサーとして先頭で蓋をしていましたが、
ここからは個人のちからだけがたよりなのです。

乳酸のたまりきった脚にはきついですが、それでも回していきます。



すでに大会を終え、帰ってくる車が対向からやってきます。


相変わらず向かいの帰宅する車からは必死に手をふって応援してくれます。



そして

後ろからくる150kmを走ってきたライダーの方たちも次々に応援してくれます。



がんばれよーーーっつ❢❢


ガンバレっつ


行けっつ❢❢❢


真後ろにはサポートライダーの方がしっかりとついてきてくれます。




○気付きとは?○


思うに、どんな時も


最後まで力を振り絞ることが大切だと思うんです。




残念ながら、自分の子供ですからね、


勉強ができるわけでもない、


スポーツができるわけでもない。


球技なんて全然で、


絵も、


工作も


音楽だって


どれかに秀でたものなんてないんです。





本人も今回の通知表でよくわかったと思います。





父親譲りのその太い足だけが特徴。




ただ、だからこそ大事なものがあるのではないでしょうか。




”器用さ❢?”

ないよそんなもん❢❢



”テクニック❢?”

ないよそんなもん❢❢



”俊敏性?”

ないよそんなもん❢❢




”才能?”

あるわけない❢❢❢そんなもん❢❢





あるのは








あるのは・・・・







ただ頑張る心だけだろうがっ❢❢❢










もうここまできたら





hetakusonadansinngu.png 
ヘッタクソなダンシングでにげるんじゃねぇ






体を張れ❢❢





むかっていけ❢❢


それがお前のプレイだろうか❢❢








sonohutoiasihasono.png
その太い足はっ













sonohutoiasihasono.png
その太い足はっ













sonotameni.png

その太い足はっ
そのためにあるんだっ!!!




峠の頂上では雨に打たれて涙が出てきました。




過去最長の110km,獲得標高2,200mを超えたさき、



そして最後の山岳を超えた頂上に、

ゴールを知らせる明かりが
はっきりと見えていました。










そして

今年はふたりいっしょにゴールゲートをくぐりました・・・






今年完走できたのは、
完全に皆さんのサポートがあったからです。
次回は大会後の様子を少し。
お読みいただき本当にありがとうございました。

チームセキサイに応援クリックお願いします。




関連記事

コメント

おめでとうございます!

完走おめでとうございます!

子供さんは本当によく頑張りましたね。
一回り大きくなったのではないかと思います。

アシストの方が雨は降らすわパンクしまくるわ
笑ってはいけませんが、笑えますね
!Σ(×_×;)!

祝完走

すごい根性だ。

パンクのハットトリック!と思ったら更に…。こういう事件も案外息子さんにはプラスだったよね。

No title

マブJr良く頑張った。
おとうちゃんもよくサポートしました。
確かにお子さんの脚太いわ(笑)

Kuroさん

ありがとうございます。

ほんとに足引っ張りまくりのいち日でした。

毎年同じ大会にでると成長がわかっていいですね。

父親はどうやら退化してきているようです・・・

flatplatさん

パンクの数は前人未到の数でした・・・

来年はリュックにタイヤ積んで来なければならないようです・・・

子供にはなんかあってもなんとかなるということを教えられてよかったです!!

ありがとうございました。

ありがとうございました。

サポートのような顔をして周りにサポートされてなんとか完走しました(笑)

お父さんのテキトーなところと足の太いところがほんとによく似ています(泣)

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

いらっしゃいませっ!

にほんブログ村 経営ブログへ

トマト工業株式会社
管理用

プロフィール

トマト工業マボ

Author:トマト工業マボ
岐阜県関市で建材などの加工と販売などをおこなっている
トマト工業代表のブログです。

明るく元気に!!

岐阜県で一番運がいい!!

平日は仕事
日曜はロードバイク

全く家事ができない父親が

電子レンジを爆発させたり
フライパンから火を出したり
お風呂をつまらせたりと
家族を困らせる日々を綴った
感動のブログ。

キッチンには立ち入り禁止。
冷蔵庫はあけるの禁止。
できる家事は自転車の掃除だけ。

☆愛車フォーカス カヨ2017
☆中小企業診断士

CustomCategory

フリーエリア