いらっしゃいませっ!

にほんブログ村 経営ブログへ

トマト工業株式会社
管理用

プロフィール

トマト工業マボ

Author:トマト工業マボ
岐阜県関市で建材などの加工と販売などをおこなっている、トマト工業の社長のブログです。

明るく元気に!!

岐阜県一運がいい!!

顔が長い?&声が高いので、すぐにわかると思います。

趣味はロードバイク・山登り。

愛車はGIANT‐TCR1です。

みなさまの会社に訪問した際は、どうぞよろしくお願いいたします。

☆趣味:自転車・古城探検

☆中小企業診断士

月別(表示数指定)

最新記事

CustomCategory

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Web page translation

人気ページランキング

人気ページランキング

人気ページランキング
人気ページランキング

PVポイント用

RSS

【速報❢❢】魅惑のワンダーランド・七宗遊園とは?天国から地獄へ。

さて、先日から腰が痛くなりました。

一体なぜなんでしょうかね。


心当たりは…‥


あります❢❢



と、その前に


土曜夜は前住んでいた所のお友達とプチ飲み会をやりましたよね。


そこでは

私まぶちが

1.家事をしない。(というかヘタなのでできない。)
2.いつまでも借家。

3.家を片付けない。

4.食事をするとすぐに眠くなるので車の運転ができない。(小学生かバカッ❢❢)
5.一緒にサイクリングに行くと引きずり回される(前回の100kmのことを指すかと。)


と言う事について延々と攻撃をされましたよ。



曰く、


もう

しくじり先生に出たほうがいい。


という意見もでましたよね。



もう幕末の長州藩か、1945年の日本軍みたいなもんですね。


四面楚歌。





しかしながら






とにかく



”な~んも説教は届いてないが、

とにかく楽しそうだな…”





ということで一件落着しましたよ。わはは一件落着。

(してるかバカッ!!)









まぁこう見えても少しくらいは人の役には立ってると思ってますのでね。
(少しは反省しろっ❢❢バカッ)


どうもどうも、まぶちでございますよ。

さて、今日はコレのお話。

P1040026




日曜はもちろんロングライドといきたいところだったんですが、


なんと前日予報が雨…‥‥



夏の雨はシャワーだから。
byまぶち

 

の名言を残したことで私も業界ではちょっとした有名人ではありますが、
そうは言っても80%は相当なもんですよ。




どちらかというとアウトドア派の私でも

(お前いっつも家にいないから❢❢)


雨だとな~んもやることないんですよね・・・



ひとっつもない。
(家事をしろバカっ❢❢)




しょうがないのでふて寝するとあさ、I藤キャプテンから朝練をやるとのLINEが❢❢





”しまった…‥
天気予報に騙されたっ❢❢

良純めっ❢❢”






しかし時既に遅く、

すでに7時半近く。


オギウエサイクルさんまでは1時間は見とく必要があるのです。


ということで泣く泣く一人で走ることに。



前から晴れてる予報があれば200kmオーバーのスーパーロングライドを。


ちょっと前にわかれば朝練に行けたのに・・・




ホント最近のフルフル詐欺には参ったもんですよ。





80%と言っときながら、直前であっ、やっぱり30%ね。


って…ワシにもできるわ❢❢






というわけでテケトーに神渕の方面に。



テケトーにね。

 





この計画性のなさにより今回、天国と地獄を見ることができましたよ。

前半はとにかく天国。




今週はタバタ2回、通勤1回のみでほとんど乗ってません。


鈴鹿での惨敗の責任のこともありますが、あまり積極的に乗る気にならなかったんですよね…‥



そのため体調だけは絶好調。



久しぶりに乗りましたが、やっぱり自転車は・‥‥






たのしーっ❢❢


途中からモリッモリのモリ山コギ太郎で行くと





後にちょうど一人のローディーの方が。



”俺をマークしたな。

よしよし❢❢”


左に手信号を出して左折すると後に付いてきます。

 

”これは面白い”


ということで

 

260wくらいで牽いていきます。


上り坂にさしかかると右から抜かれます。


”オイオイオイやるねぇ・・・”
(実際はこんな上から目線じゃないですよ。)




だが、このワタクシも無酸素運動域はまだまだ残してあるのだよ。




さらに、必殺技、養老アタックこと、ATP-CP系8秒の爆発的パワーも残してあるのだよ。むふ・ムフフ。

(キモいわ❢❢)



ということでしばらくついていきます。



上り坂では300w近く出ていたと思います。



体型が違いますが、上りでは無理をしません。



こちらにはパワーミーターがあるのだよ。



ピワ・ミターがね。
(完全に頭終わったな・・・)





いままでの(旧)ザクとはちがうのだよ。ザクとはね。



下りになると重量もあり250wで踏んでいきます。


徐々に距離を詰めていきます。



そうだ、これが重量級の戦いかたなんだ❢❢

 

上りで無理してついていくのは我々にはツラすぎる。


コレで良いんだ❢❢



下りではエアロを意識し、TTTことティアグラタイムトライアルポジションを。


下りの最後のあたりで今度は右からパス。


緩い上り区間を260-270wで。



しばらくいくと今度は右からパスされます。



ドラフティングはせず後についていきます。


ここからは緩い上り区間。



やがて間見峠方面と八百津方面の三叉路がありこちらは間見峠に行くので、



”ありがとうございましたっ❢❢”


後からいうと


相手も

左手をひらひらとして合図をしてもらいました。


※また走ろーなぁ・・・

そう言っている気がしました。




多分峠を越えるコースを選択したんですね。

いやー楽しかったなぁ。

 





モリッモリの盛山コギ太郎でいいトレーニングができたなぁ・・・





結局25分走で280wというとんでもない数値が出ました。



しばらく回復走をし、いよいよ間見峠へ。



峠入り口の青看板から七宗美濃加茂の頂上看板までのタイムトライアル。


車に注意しながら進んでいきます。

 

 

ここ、距離はそれほどでもないですが、斜度も緩く、結構楽しい峠。

 

 

クワッタッチーなんかに行くと2日間はダメージが残りますのでね。

入りは250wから。


途中余裕があったので260ー280wと段階的に上げていきます。


多少スピードを上げつつ最後の方は


モリッモリのモリ山コギのスケで。

340-350wで。


結局5分ジャストで301wという記録が出ました。


今日はいつもと違うぞっ❢❢



つまり5分であれば300wが出るという実績ができたことになります。


面白いなぁ・・・


頂上の自販機でジュースを飲んで、後は下り。




いつもの神渕の町をとおって神渕神社まで。

 

神渕神社の麓には鳥居がありますので、

ここから頂上まで約2kmのタイムトライアル。


もう絶好調すぎて峠が恋しい。


頂上まで6分50秒

平均パワー280w。


前回が6分57秒で約1.7%のスピードアップ。

ビミョー・・・

ただし今回、事前にモリッモリ・・・(やかましいわ!)してきましたのでね。



乳酸蓄積度で言ったら今回の方がかなり多いはずで、
早くなったと言えると思います。

P1020033
神渕神社TTコースは

前輪が浮きかける区間もあるんですよね。

やはり無酸素運動をすると最大出力が落ちてくるなぁ・・・

 

と感じつつ山水を補給し、体を冷やします。



神社でお礼をいって

 

樹齢1,300年の大杉を見て

 

一気に麓まで。

P1020046
さて、どこに行こうかな。


と思ったらマス釣り園とあったので、


まぁこの私も

武儀釣界ではクリスティアーノ・ロナウドとまで言われてるわけじゃないですか。




というわけで


近くの七宗遊園まで。


麓から約3kmのヒルクライム。


それほど斜度がないので楽ちん。

朝練いけたらキレッキレだったのになぁ・・・


七宗遊園と言えばそれこそ30年近く前に来たことがあるはずです。

P1040018

突如

林道が開けこの施設が見えてきました。

P1040021P1040022

受付で

”ここどんなシステムなんですか?”


システムを聞きます。

なんと釣り堀も竿もエサも無料。

その代わり2匹以上釣ってたべる必要があります。

P1040023P1040024

この円形の池にマスが回遊…

 

というかほぼ全員立ち止まっているんですよ。

ピターっとね。


不思議な光景。


向こう側では子供会かなんかでしょうか。

 

数十人の子どもたちがキャッキャしています。



朝早いので、こちら側釣り堀は一人だけ。


おっさんひとりで釣りを楽しみます。


いやーワビサビだなぁ・・・

 

P1040025

お店でエサと竿をもらって釣りをします。

 

エサは魚の切り身。

コレもしかしてマスなんじゃ・・・


共食いのような気もしますが…

P1040027

切り身を選別し、ハリにかけると、向うにビューっと投げます。


しかしなかなか食いついてくれない。



エサを変えて、遠くに投げたり、近くに投げたり。

ミミズの動きを真似たり…

ルアーのような動きをさせたり。



這いつくばって気配を消したり。
(警察につうほうされるぞっつ❢❢)
P1040028P1040029

とにかくサイクルジャージが


ホワイトで目立つのでイカンですな。



しかも正面に鹿さんのマークが。



私馬渕ですので、馬×鹿でヤバイ事になってます。



というわけで

場所を変えてみました。



川下にたつ。

または風下にたつ。


この辺りを意識。


OSSANNひとりで竿を担ぎながら円形の池の周りをぐるぐるしております。



投げ方もね、


田中将大式とか、山本昌式とかね、いろいろあると思うんですよね。


試しながらやってますよ。


ちょうど

斎藤佑樹式あたりかな。



 

なんと魚が寄ってくるではありませんかっ❢❢

 

 

 

”うっぉおおおおおお❢❢❢”

OSSANNひとりで大はしゃぎ。



1匹が食いつけば

おもしろいように牽きが来る。




1匹目。


中くらいのをget




”GET❢❢”





後一匹ということで



ここで虎の子の溜めておいた一番デカイ切り身をセット❢❢






2匹目デッカイのいくでいくでー

IKUDEーーーーーーー❢❢
bejita







見事つれました・・・・








ちっこいの



あの円形の池の中で一番ちっこいの・・・

zabuza

P1040030


えっししゃも??

P1040031

ちっちぇ・・・・子供ですやん・・・



チャイルド・オブ・マス。


まぁ気を取り直しますよね。


P1040032

店内に入ると剥製が。

本物かなぁ・・・

P1040033P1040035P1040036P1040037P1040038

まだ朝早いので、あまり人がいませんが、いっぱいになるんでしょうね。

味がありますなぁ・・・



全身ホワイトのサイクルジャージでウロウロ。


オギ練のM井先生あたりですと爽やかですが、私は完全に怪しい人ですからね。



しかも太ももの太さも半端ない。

P1040039P1040040
トイレはきれいでしたよ。

P1040041


来ましたよ-❢❢


これが定食。


その名も七宗定食


1,360¥也。


高っと思われるかもしれませんが、いやむしろ俄然安い。


なぜなら釣り体験もできてつったマスが2匹もついてますのでね。

 

 

 

”えっらいカワイイのつったねー(笑)❢❢”


とか朝一番からお店の人にディスられますが、そんなもん気にしない。

 

 

これがカリッカリで本当に美味しい。




もうカリッカリ。





これがほんとの



カリ山カリ太郎かっ❢❢

(全然おもしろくない…)


P1040042


エビフライにマスフライまでついてます。

ウマウマーっ❢❢


P1040044

メニューです。



いやー楽しかったなぁ‥‥‥




お店の人が、

 

どこまで行かれるんですか?

 

と聞かれたので、

 

金山か、下呂まで…


というと




”ええ~っッツ❢❢❢”


びっくりされていましたね。




第一こんなトコまでチャリで登ってきてることが驚きのようです。




と、ここまではほんとに天国だったんですよ。


朝から笑いっぱなし。

ここからが本当の・・・



kokokaraga_thumb

ここから金山に抜けようとひたすら林道を上がっていきます。



細かいイシが結構あるのですが、これをよけながら

 

パワーミーター見ながら軽快に登っていきます。


たのし~ウヒョヒョー❢♪❢♪


(もうヤバイ人やで・・・)

 




するとパシュー。




でましたよ。パシューが。




全く困ったもんだぜ。




しかし私も関のパンク大臣とまで呼ばれた男である。


タイヤ・チューブロングバルブ×1

スーパーパッチ×1

タイヤブート×1セット

 

完璧でござるよ。パンク対策は。




まずはサイドカットしたタイヤにタイヤブートを張り込みます。

なんちゅう粘着の弱さ。

さすが応急処置品だけはある…

 

 

 

さてと、いよいよチューブ交換。



ということでチューブを交換しようとすると、

 

 

空気入れにバルブがないー❢❢❢



戦慄…



バルブがないんですよ。バルブが。



No Valve?
ノーバロボ?


WHERE!?
ウェア?


WHERE my Valve ❢❢??

ウェアマウィバロボ??

Why Do you Doing!???

ワイドユドーゥイイングウウ????


 

思わず故郷シスコなまりの英語が・・・

(サンフランシスコなんて行ったことないだろバカッ❢❢)

 


万事休す…





万事休す…




万事休すぅううう…



しばらく思考がフリーズ…




とんでもないどえらい山ん中で移動手段を失いました…


masuturi

もうね、どうしようもない、一番えげつないポイントでの遭難。





押して山を超えるか、引き返すか。
(山超えてどうすんだバカッ❢❢)





どうしようもないんで泣きながら自転車を押して七宗遊園まで引き返します。


3kmは歩いたかな。



少しでもローディーさんが来そうな、または空気入れを持っている可能性があろう場所へ移動。


タイヤチューブ交換を

 

お店の人が出てきておしゃべりしますが、

コンプレッサ-もないということで、どうやって空気を入れようか思案します。



もう迎えに来てもらおうかと思いましたが、


前回

岐阜でチューブバルブ飛び&クイックリリース紛失事件により
夜の2時に迎えに来てもらったことを始め、


つい先日は、
オークワ先生へ買い出しに言ってお金を忘れた事件にわざわざきてもらったこともあり、

そうそう何度も一生に一度のお願いもできんぞ❢❢




ということで


チューブのバルブナットを重ねてエアーで空気を放り込むという



通称”ニューヨーク式”

(あるかそんなもんバカッ❢❢)


解説しますと、チューブから飛び出ているバルブ(空気をいれる口)と携帯空気入れ(フロアポンプ)

の口が合わないことがあります。これはバルブには3種類種類があるからであり、ここをつなぐ金具が必要なのです。


そのため

size-tube02

フレンチバルブのため突起のネジを回して空気が入るようにしますが、

フロアポンプが米式仕様なのでまったく形状が合わない事がわかるとおもいます。

 

バルブの根本に付いているナットみたいなものを何枚か重ねあわせてそこに空気入れの口をピッタリと合わせて空気をいれる方法。


しかし全然入らない。

 

ニューヨーク式とは?


newyorksiki

すこし入ってもフレンチバルブの頭をちょっと動かしただけでシューッと抜けてしまいますのでね。


しかも携帯ポンプのため管がえげつなく短い。



右手でバルブを抑えつつ、
左足でフロアポンプを固定、
右足でホイールを固定し、

左手でバルブの空気をいれるという

×数百回。

8月の昼中に

まさに全身運動。


来年あたりライザップも採用するんじゃないかな。



結局なんとか少量入ったポヨンポヨンの気圧で坂を慎重に下ることに。



もう神経患者かってほど敏感におりていきましたよ。


ちょっとした段差でもゴリっと嫌な音がしますのでね。



小石の一粒一粒が神経をすり減らします。





しかしね、ここまで数時間パンク修理ばっかをやってるんですよ。
こちとら。




もう小一時間、


小島よしおの



そんなのかんけーねー❢❢


やり続けてきてるんですよ。




もう、むしろ最近の”よしお”より遥かに練習はしてきてるんですよ。

 



張り詰めた


神経戦にも限界があるってもんです。




バチッツ❢❢





ついに小石という名の魚雷にあたり

 

パシューッッッッツ❢❢


からの




バルルルルル・・・



で案の定パンクで再度ストップ。


 

オウ・シット❢❢
困ったときには決まってシスコなまりが出てしまう・・・



予備のチューブを出してきてスーパーパッチをあてて再度ニューヨーク式

リアル・ニューヨーカーですよ私。




ほんとにね、2000回はね軽く空気入れましたよ。


ほっとんどが大気中に放出される無駄なパワーでしたがね。



しかし私もね、ニューヨーク式があればオリンピックに選出されるくらい上手になってきてましてね。

2回めは非常にうまくいき、前回より改善され、


前回のポヨンポヨンから

 

そこそこポヨンポヨン、通称ソコポヨで快適に。






”ひゃっほーい❢❢❢


歌も出るってもんですよ。



”ハッピーライフ♪
ハッピーホーム♪

ま・い・ば・る・ボゥ~♪”


しかし伊深あたりで気を抜いた瞬間に




再度、小石という名の魚雷にあたり


バシューっつ❢❢



からの




GATAGATAGATAGATA。






オウ・シット…‥



Is this a PEN?

NO it is myValve







レイテ沖海戦…‥




再びレイテ沖海戦じゃ…‥






再度パンクし、


そこから得意の小島よしおをどうやっても空気が入らず、





人間五十年・・・

下天のうちをくらぶれば・・・

夢幻の如くなり・・・

敦盛を踊りたい気分。



タイヤブートも無く、


スーパーパッチもない。


もちろんバルブもない。

 


スーパーパッチのヤスリはすり減り、ただの紙に。




諦めない男とよばれたこのまぶちでございますが、




ここに於いてついに終戦を迎えました。

zabuza



いまなら信長の気分がよく分かる。
(そんなカッコよくないよくない❢❢)




そこからは徒歩で自宅に向かいます。



単純計算で時速35kmとすると徒歩5kmの約7倍。


如何に自転車が効率的かわかります。




結局5kmは歩きましたね。



 

自転車押して合計で10km近くはあるいたんではないでしょうか。






まさか伊深から富加を横切って関市まで歩くとは…
homerunbaka

 

昼過ぎ帰宅予定が、ついたのが夕方5時近く…‥







というわけで体中変な痛みに襲われております。








みなさまもバルブ忘れには気をつけましょうねぇ・・・



可哀想なボロ雑巾に応援クリックをお願いします…

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





 



評価されている記事はこちら

面白い日常はこちら

よく読まれている記事はこちら
古城探検はこちら





わざわざこんなブログ、ここまで読んで頂いてありがとうございました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ブログランキングに参加しています。

真下のボタン押していただけると嬉しいです。

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


◎紹介コーナー:トマト工業は岐阜県関市で不燃建材加工をしております。

トマト工業株式会社

岐阜県関市富之保3861-1

TEL0575-49-3648FAX0575-49-3718

◎化粧板製造・販売

◎ボード加工・カット加工、切削、貼合、ラミネート、塗装、シーラー

◎Dボード製作・ダイノックシート、ベルビアン、リアテック

◎防音パネル・防火パネル製造

獲得標高2,400m,距離171kmの真夏のロングライドその3

さて、その3です。

獲得標高2,400m,距離171kmの真夏のロングライドその1 - トマト工業のブログ

獲得標高2,400m,距離171kmの真夏のロングライドその2 - トマト工業のブログ

付知の町まで来ています。

付知のスーパーさのやさんに止まり、休憩を。


気温はおそらく35度から37度くらい。

定期的に水をかけながら走ってますので、快適そのもの。
P1030594

付知の町を北上していきます。


上り勾配が結構あるんですねぇ

P1030581P1030582P1030583
やがて付知の町も3差路にさしかかります。

加子母方面に向かう飛騨街道へ向かう道です。


P1030584P1030586P1030587

観音堂と飛騨道


要約すると、中山道中津川から飛騨高山を結ぶ脇街道として大きな役割を果たした付知村。

世襲庄屋の田口家が田口観音堂を作ったとのこと。


付知と白川は田口という苗字が多いですね。

ちなみに上之保の苗字は全員加藤と波多野です。わはは。
(棍棒で殴られるぞばかっつ❢❢)

どうも左へ行くと加子母⇒下呂⇒飛騨高山へと続く道、つまり飛騨道

そして直進すると長野の信州木曽王滝村へとつづくみちであったようです。


王滝村って・・・





さて、ここからは加子母方面に向けてヒルクライム。


一峠を越える必要があります。


峠にはパワーミーター
(発音カッコつけるなバカッ❢❢)

を使って250ー270wで踏んでいきます。

一気に登ると仕事でも取引のある森の合板工場が見えてきます。


坂を降りるとトンネルをくぐり、最初の信号を左折。


ここから東白川村へ入っていきます。


標高は高く600mくらいでしょうか。

P1030589


東白川の道の駅に付きます。

P1030590
一旦側道に入ります。

昔ここが街道であったことを連想させますね。

しばらく進んで

ここから東白川の中心部、神土へと入っていきます。
P1030591
なぜこの場所にこの町があるのかがよくわかりませんが、

街道として昔は発達していたのでしょう。

P1030592

P1030594P1030595P1030597
旧東白川村役場。

P1030598P1030599

きれいな川沿いを滑るようにして進んでいくと、

休憩所があり立ち寄ります。

P1030601

クリーマーとして、クリームを一つ。

P1030602

白川茶屋さん。

P1030603P1030604

地図見にくいですが、東濃グランフォンドといっても差し支えないと思います。


夏空は大変明るく、木々を鮮やかに照らしています。


晴れが続く今年の夏で水は透明に澄み渡り子どもたちの声がほうぼうから聞こえてきます。

P1030605P1030606

岐阜県というのは大変道の駅がおおい土地柄でございます。

地域特産物を売ったり、地元の雇用を生み出したりととても経済効果が高いので、

補助金などもでていると思いますが、

しかしながらこうしたプロパーの地元のお店にはぜひともがんばっていただきたいと思っているのです。

P1030607P1030609P1030610

さて、ここを駆け下りると白川口、いわゆる白川の中心部へと入っていきます。


しかしこの白川、

大変おもしろいのが地名に

白川があり、

黒川があり

赤河という

いったい何色なんよ❢❢

というツッコミがでるこの白川でありますが、



大変大きく、それぞれの地区の集合体ということが言えそうです。


というわけで中心部たる白川口もそれほど大きな町ではありません。


土地が少ない飛騨地方によくみられる架けづくりの家が河畔で見られます。



P1030611P1030613

チェリオの自販機で回復。


昔はここにスーパーナイトウさんというお店が会ったのですが、いまはVドラッグに変わってしまっています。


すこしさみしいですね。

P1030615

白川と美濃加茂をつなぐ道というのは、

実は41号しかありません。


そしてその41号は生活道であり、経済道でもあります。


そのためトラックなどもおおく、大変危険を感じます。


隅っこを慎重に走っていきます。




国道41号とは



さて、この国道41号、もともとこの街道はなく、近代のものでありそうです。



では代替道はどこか?


そういう謎が浮かびそうですが、

久田見のなぞ



さて、あの八百津の天空のまち久田見ですが、なぜあの場所にあの大きい町が存在していたのか?
そういう謎はみなさまふしぎだったことと思います。
(いや、お前だけお前だけ❢❢)

真夏の一人東濃グランフォンド。天空の町へ。 - トマト工業のブログ

八百津の天空の町、久田見高原を通っていたという情報を教えてもらいました。




つまり上麻生は終点であり

主要街道は

下呂⇒金山⇒白川⇒久田見⇒八百津




という街道であったということです。


やっぱり地元の人に聞くとおもしろいですねぇ・・・

 



白川から久田見は山につぐ山、


山岳地であり、そのため



久しく田んぼを見る


ということで久田見という名前になったということです。


同じ高原内の潮見という場所は



名古屋を始め海がみえることから潮見になったと

小沢商店のパグのまろちゃんが言ってました。
(言うわけないだろ❢❢おばちゃんの方おばちゃんの❢❢)



あの天空の町は、標高700mもあり、

なぜあの場所にあれだけの街があったのか?という謎が溶けた気がします。

また八百津というのは八百(たくさんの)津、つまり港であることから八百津の海運とこれら主要街道をつなぐための重要な町であったということが言えそうです。


最近ではこの41号の開通により、

八百津、久田見の重要性が薄れてしまった。とそういう理解になりそうです。

人口減少にも現れていますね。

yaotukutami
※赤線が近代の41号街道

※青線が八百津久田見街道



さて、さすがに身の危険を感じたので、川辺方面には出ず、上麻生の町に入ってきました。



ここも道が細いですが、自動車の邪魔にはなりにくいと思います。


上麻生から神渕へと向かいます。



神渕からはいつもの間見峠を超えてそして三和町へ。

P1030616

間見峠を超える前にこのようなサイクリスト御用達の自販機があります。


P1030617

これは猛烈に嬉しいです。

お菓子だけじゃないんですこれ。


パンもあるんですよ。





だいたい171kmも走ってきてジュースだのアイスだのばっか食べてますからね。
(小学生か❢❢バカッ❢❢❢)




乾き物が嬉しい
(なに乾き物って❢❢バカっ!)




なにせ、峠の前に補給ができるんですよね。

大した峠でもないんですが。


気分を盛り上げ、最後の峠に挑みます。


P1030618



8月の夕方は若干日が落ちるのが早くなっています。


お盆を過ぎると夏の終わりを感じさせるようで少しさみしくなりますが、


家族の元へおじさんは急いでかえるのです。






距離171km

獲得標高2,436m

強度258km(平地換算強度)

※ロードバイクの科学という本に獲得標高1,000mの消費カロリーは計算上距離36km相当(帰り含む)であるという情報があり、それを参考にしています。


終わり。

 



評価されている記事はこちら

面白い日常はこちら

よく読まれている記事はこちら
古城探検はこちら





わざわざこんなブログ、ここまで読んで頂いてありがとうございました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ブログランキングに参加しています。

真下のボタン押していただけると嬉しいです。

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


◎紹介コーナー:トマト工業は岐阜県関市で不燃建材加工をしております。

トマト工業株式会社

岐阜県関市富之保3861-1

TEL0575-49-3648FAX0575-49-3718

◎化粧板製造・販売

◎ボード加工・カット加工、切削、貼合、ラミネート、塗装、シーラー

◎Dボード製作・ダイノックシート、ベルビアン、リアテック

◎防音パネル・防火パネル製造

【速報❢】ロードバイクで本当に健康になるのか?

さてみなさまこんにちは。

まぶちでございますよ。


ロードバイクで痩せるか?の反響


ロードバイクで痩せるか?

という題名の記事では大変な反響をいただきました。


◎全4回ロードバイクは痩せるか?◎

自転車はやせるか?自転車ダイエットの可能性について考察してみた。 - トマト工業のブログ
自転車は本当に痩せるのか?第2回・自転車通勤とダイエット - トマト工業のブログ
自転車は痩せるのか?自転車ダイエットの可能性について考察してみた。第3回 - トマト工業のブログ

自転車は痩せるか?自転車ダイエットの可能性について。第4回 - トマト工業のブログ

◎自転車で花粉症が治るってホント?◎

自転車に乗って本当に花粉症が治るの?の話について - トマト工業のブログ

それにしても”やせる”のは”やせる”かもしれんが、

本当に健康になるの?


という点について今回結果がでましたので、

報告したいと思います。


健康診断へ。


さて、先日約5年ぶりくらいの健康診断を行いました。


で、この健康診断、1ヶ月かかってようやく手元に届いたんでございますが、

健康かどうかの前に一番大事な自転車乗りの適性が図れます。
(どう考えたって健康の方が大事だろバカッ❢❢)

自転車のりが健康診断で見るべきポイントは?



ロード乗りにとって大事な項目は1つ。

ずばり


ヘマトクリット値です。

かのランス・アームストロングが自己血液を自分へ再注入するという

通称EPOというドーピング方法を使っていたことはみなさまご存知かと思います。
(普通の人知らんわ❢❢)


このEPOによって高められたのが今回のヘマトクリット値。

ドーピング検査ぎりぎりの50までこの値を高めていたことは


実話小説シークレットレースにも記載がありました。


で、このヘマトクリット値、何を指すかと申しますと、血液中の赤血球の比率のようです。

ヘマトクリット値(ヘマトクリットち、hematocrit)

は、血液中に占める血球の体積の割合を示す数値。ほぼ赤血球の体積比と等しい。貧血検査などに利用される。

成人男性で40~48%(平均43%)、成人女性で36~42%(平均38%)程度が正常値であるとされる。生後間もないころは成人時の値よりも高い値を示すが、15歳頃になると成人の値に近づいてくる。臨床検査などでは、HtまたはHct等の略号で表されることが多い。



つまり赤血球が多ければ多いほど血液中の酸素を運ぶ効率があがり、
レースで優位に立てるというものです。


ただ、血液が濃いといわゆるドロドロ血液となり、

脳梗塞など

別の病気を併発したりする可能性もあります。

このどろどろが英語で

TENKAIPPIN

と言われていることもまた常識化している時代になってきてますね。

(なってないわバカッ❢❢それ、ただのドロドロのラーメン❢❢)


薄いのが逆に貧血ということになりそうです。


ドーピング面で言えば


自分の血を自分に輸血するので、ドーピング検査にかかりにくいというメリットがあるよう。


で、このヘマトクリットですが、私の場合41という大変低い値がでてがっくりしております。


つまり血がさらさらで、酸素運搬能力が低めということです。

生まれつきこの値が高い人がいるようです。


もうこの時点で健康診断書をゴミ箱に放かろうとおもいましたが、すんでのところで思いとどめましたよ。

(何をしに行ったんだばかっ❢❢)


さて、肺活量などは特に検査してもらえませんでした。
(どうでもいいどうでも❢❢)

健康診断の結果は?


よく考えると私の健康診断の結果など世界一どうでもよいかと思いますが、

そうではなく、自転車のり全体の話として捉えていただきたい。

(頭だいじょうぶ??)


で結果ですが、


身長約170cm

体重66kg (前回よりも-4kg)

体脂肪率13.9%

その他たくさんあるどうでもいい項目はオールAでした。


細かい項目も含めてオールAです。


変わったことといえば、自転車に乗り始めたということのみですので、

いかに健康的かがわかりますね。



洞性徐脈とは?


ただし、心電図のところで洞性徐脈という項目がでました。

徐脈というのは脈が少ないと言い換えることが出来ます。


しかしこれも特に問題視されるものではありません。


これはいわゆる水泳、マラソン選手、自転車乗りに特有の現象で安静時心拍が40台の場合に表示されるものです。

キツイ運動を繰り返すと心臓が一回に送る吐出量を増やします。

これが心臓筋肉の肥大化であり結果的に普段の安静時には心拍が少なくてすむというものです。

最初はおそらく70台くらいだったような気がしますが、これが安静時心拍が一番低い時で44という値を出しました。


つまり60%性能がアップしたということが言えそうです。

これでヘマトクリット値が高かったら凄い事になりますが、

トマトの方がいかにも低いので残念であり、自分の限界を感じるわけであります。

(ヘマト!ヘマト❢❢)


自転車ってメリットばっかなの?



さて、というわけで自転車に乗ると大変なメリットがあるということなんですが、

 

その割に別にやりたくもない人に無理に進めようとも思いません。


なぜなら

メリットの反対にデメリットもあるからであり、


朝が異常に早起きになったり、

ケガをしたり、

ちょこちょこお金がかかったり、

変な日焼けをしたり、


自転車以外に一切時間がとれなくなったり、


日曜のたびに勝手に外にでかけるようになったり、


家に変な道具が揃ったり、


外が自転車だらけになり、近所から”自転車屋”とよばれるようになったり


筋肉自転車バカ野郎。というアダ名をいただいたり、

(それあだ名じゃなくて悪口❢❢言われるのお前だけ、お前だけ❢)

 

とまぁいろいろありますのでね。






レポート以上です。

ではまたまぶちでした。
(ヒっドイ終わり方だなおい❢❢)

 





 

 

 



評価されている記事はこちら

面白い日常はこちら

よく読まれている記事はこちら
古城探検はこちら





わざわざこんなブログ、ここまで読んで頂いてありがとうございました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ブログランキングに参加しています。

真下のボタン押していただけると嬉しいです。

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


◎紹介コーナー:トマト工業は岐阜県関市で不燃建材加工をしております。

トマト工業株式会社

岐阜県関市富之保3861-1

TEL0575-49-3648FAX0575-49-3718

◎化粧板製造・販売

◎ボード加工・カット加工、切削、貼合、ラミネート、塗装、シーラー

◎Dボード製作・ダイノックシート、ベルビアン、リアテック

◎防音パネル・防火パネル製造

せきの工場参観日開催❢❢


さてみなさまこんにちは。

最近自転車頑張ってるねーとか声がかかるようになりました。


このブログも認知度が上がってきてるんでしょうかね。


どうもこんにちは。
まぶちでございますよ。

シマノ鈴鹿は8月20日
チームタイムトライアルへの出走。

 

 

21日は午前中小学校の草刈りを終えてからの恵那峡ランド。

なんと夏休み中初めての単独家族旅行

(ヒドすぎるやろっ❢❢)

 


もう子供がはしゃいではしゃいでね。
夜も久しぶりに手を繋いでねましたよね。

私リビングのソファで寝るんでございますけども、

朝起きたら子供だけソファから転落してましたよね。

決まりて寄り切りなんつって。


27日は中小企業診断協会の理論政策研修、そして午後から2お友達とバーベキュー。

夏中にはなんとか200kmを走りたいなと思ってますが、

どうやら28日しかありませんね。

 

9月5日は北アルプス山麓グランフォンド
小3の子供と一緒に100kmを走ります。

 

普段あまり接点がないので、大変貴重な機会です。

 

自転車のおかげで大変賑やかな夏の予定になりそうです。

 

 

さて、夏といえば、いよいよ明日から関の工場参観日が始まります。

工場めぐりが出来るというこの企画。


 

冷たいコーヒーとジュースをご用意してお待ちしておりますよっと❢❢



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

関の工場参観日こうじょうさんかんび

logo

セキ・アルキメット・プロジェクト [ 事前予約 ]

関で作られた刃物で好きなどうぶつ、のりもの、たてもの、たべもの・・の!
ヘルメットをつくって、みんなで遊ぼう!

ご予約はこちら

logo

学生対象「ふるさと納税お礼の品」コンペ・投票

参加工場の一押し商品を組み合わせて作る
「ふるさと納税お礼の品」の提案コンペです。

logo

工場で働く職人ヒーローを投票で決めよう!

工場参観に行ったら、スター候補を見つけてカードをもらってください!
3枚、6枚集めて、投票と素敵なプレゼント交換ができます。
選ばれた職人ヒーローには「STAR」の勲章が、市長より授与されます。

詳細はこちら

logo

冷たいかき氷をプレゼント 牛乳・キウイ・ゆず の3種類!

真夏の参観日。
暑い工場から戻ったら、冷たいかき氷を無料配布します。
※関市産の材料で作ったスペシャルシロップです!

logo

logo

福祉車両タクシーでお迎えします [ 事前予約 ]

 

logo

工場に弟子入りして超マニアックな職人体験をしてみよう!

師匠となる企業に「弟子入り」して、職人さんと一緒にものづくりができる

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

工場参観日とは?



ツアーバスなどで工場めぐりをし、そしてワークショップなどが体験できるというものです。

ほぼ全部が無料であり、

子供さん連れが大変おおいイベントです。

何のために企業は参加しているの?


はっきり言って収益目的で考えたら赤字ですが、地域のために出展している企業ばかりですので、

そういった意味では来場される皆様には大変有意義なものになろうかと思います。


弊社も来年は出ないので、ぜひ今年はたくさんのご参加をお待ちしております。

どんな工場作業が見れるの?


今年はボックスがどのようにできあがるのかを
実地で見ていただけます。

ボックスの制作はかなり国内でも先進的な
部類に入ると思います。

最新鋭のマシニングセンタとくにトマト工業仕様であり


P1220148
トマト工業のTMTの名前を冠しています。


ちなみに746というのは図脳、体、手足の性能を表しており、


現在までの主力機が

TMT343⇒TMT445⇒TMT545⇒TMT745と来て今回の

TMT746

ときています。


ここ5年で大変進化していることをお見せ出来ると思っております。


しかしなんといってもトマト工業では、

このマシニングセンタの切削加工だけではないところが面白いところです。

切削したものを切断、塗装、そしてシート貼りなどの化粧、そしてマスキングシートを貼る養生や

塗装、そして貼合といった各種の加工がなんと一箇所でできます。

これだけの加工が一箇所ででき、小ロット加工できるのは日本全国を見渡しても弊社だけだと思います。

 

こうした一連の作業を実地で見ていただくケースは大変珍しいです。


思えば7年前は中古の30万円のパネルソー一台とわずか3名でスタートしたこの新事業ですが、

今ではたくさんの仲間と一緒に楽しく仕事ができております。


弊社は特殊な材料を一括で製造、加工から製品として出荷も出来ることから日本全国、

遠くは海外までのお客様が視察に見えます。


お客様の情報漏えいを防ぐ目的から一部お見せできない工程が増えてますが、それでも

かなり気合が入ってますよ。はっきり言って。

ワークショップとは?


昨年はマウスパッド、コースター、花瓶敷きなどが自由に作れる体験をしましたが、

今年はそれに加えて回転コマを作ろう❢❢という体験も。


この体験は非常に手軽ですが人気があります。


小学校低学年や保育園児でも出来る加工ですよ。


工場を一般の方が見れる機会はほとんどない機会かとおもいますので、たくさんのご参加をお待ち申し上げておりますね。



昨年はどんな感じだったか?

それは過去のブログからひろうことができます。


昨年の様子はこちら

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

昨年の様子

 

2015年08月29日 (土)

4日間にわたる工場参観日ですが、

P1220158

弊社は本日が最終日になります。

P1220148

最初にマシニングセンタのデモ切削を見ていただきました。

変数を使った稼働ボックスのCADCAMも見ていただきたかったのですが、

準備が間に合わず、簡易デモとなりました。

それでもX・Y・Zの連動するなめらかな動きや、30本近いドリル・ルータービットの迫力を間近に感じていただけたと思います。

P1220132
その後第二切削棟へ移ります。

子供さんがいると活気がありますね!

P1220134

NC切削後の

トリマ工程を見学します。

こちらの工程は工程ができたのが最近のため標準作業表もしっかりしておりませんが、

とりあえず・・・

トリマ工程では、板材側面の加工を実地に見学していただくコーナーです。

P1220138

第1切削棟へ移動、

NCルーター、CNCマシニングセンタでのデモ切削加工を見学します。

P1220147

その後第四切削工場棟へ移り、ワークショップ体験を行います。

ここでは、化粧板という製法で板を製造するものです。

現在部屋の内壁や天井材がどういった仕組みでできているのかを体験できるというものです。

岐阜県議会議員さんも視察に見えて、結構賑やかなうちに一日が終わりました。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 



評価されている記事はこちら

面白い日常はこちら

よく読まれている記事はこちら
古城探検はこちら





わざわざこんなブログ、ここまで読んで頂いてありがとうございました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ブログランキングに参加しています。

真下のボタン押していただけると嬉しいです。

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


◎紹介コーナー:トマト工業は岐阜県関市で不燃建材加工をしております。

トマト工業株式会社

岐阜県関市富之保3861-1

TEL0575-49-3648FAX0575-49-3718

◎化粧板製造・販売

◎ボード加工・カット加工、切削、貼合、ラミネート、塗装、シーラー

◎Dボード製作・ダイノックシート、ベルビアン、リアテック

◎防音パネル・防火パネル製造

壮絶❢❢シマノ鈴鹿の反省会


仕事関係の取引先さんにお会いすると

当然仕事の話がメインになってくるんでありますが、

 

 

そんななか、

最近よく

 

”自転車頑張ってるね❢❢”


言われることが増えてきましたが、

なぜか

 

”西野カナすきなんですね。”


ということも言われるようになってきました。

なんでなんですかね❢❢

(アホブログ読み返せばかっ❢❢)



どうもこんにちはまぶちでございますよ。







本日タバタをやったのみで日曜から月火水と4日間も乗りませんでした。


あまり牽かない風邪をひき、かつ全身の筋肉痛があり、

そして心拍数が普段より10拍以上高い状態が続いていました。



なんにせよ、鈴鹿前までに今月900kmも乗ってましたので…
20121004204729215

さて、前回はシマノ鈴鹿チームタイムトライアルにおいて

私が真っ先に千切れてチームの役にたてなかったのでありますが、

それについて反省を含めて備忘録としたいと思います。



来年また参加し、忘れ物を取りに戻る予定ですので。



アップの際の注意点

さて、今回シマノ鈴鹿の最大にして一番の反省点は、

レース前のアップにおいて乳酸をためすぎたことにあろうかと思います。


当時アップについてはそれほど考えておりませんでしたが、誤算がいくつかありました。

レース前とレース中にわけてレポートしていきます。



レース前アップ編

給水の重要性


ボトルの水は車の時点で全部飲み干しており、練習の際にすでに水がなかったということが挙げられます。


8月の13時スタートということを考えるに、まさに自殺行為と言わざるを得ません。

もしかすると脱水、熱中という現象もあったのかもしれません。

必ず補給水は潤沢に持って行くべきだと思います。



登坂については体重差とパワー差が顕著に現れる。



集約するとレースも含めて鈴鹿のチームタイムトライアルの問題はここにあろうかと思います。

これについては事前に経験豊富なK崎さんに言われてましたが、

まさにその通りとなってしまいました。


つまり朝練においてはある程度ついていくだけならついていけるはずと思って後につくものの、

今回の場合は猛烈な強度を感じました。


ついていけるはず、なのに、なぜこんなにキツイの?それとも調子が…



練習中に考えていたことです。

それはなぜか?



これは場所の違いが挙げられます。


朝練における濃尾平野の長良川堤防というほぼ平坦地と、

アップダウンの多い鈴鹿の練習の道との違いを表すものです。


上りにおいては、風の抵抗の影響がすくなくなり、ドラフティングの効果を受けづらくなります。


しかし重力の影響は前走者、後走者、等しくやってくるわけで、ここにおいて走力差が出てしまいます。



つまり鈴鹿の練習においてがんばってついていくのは、練習の平坦とは全く違うということです。

登坂で強力な選手についていくのは、アップではあまりに無謀ということで本来なら必死にペースダウンを
叫ばなければならなかったということです。


事実K崎さんは、アップの際は自分から後に離れて脚を温存しています。

これが乳酸をためない走りであろうかと思います。



アップでは追い込みすぎない。心拍を参考にする。


前回の長良川クリテリウムにおいてはアップで10kmも試走で走りました。


しかし今回との違いは、前回は心拍計を使用し、心拍163拍以上ださないようにコントロールして走りました。

そのためレース後半も脚が持続したものと思われます。

事実、前回の長良川クリテでは、AV40km/hで完走しております。

今回は、パイオニアに対応するANT+規格の心拍計がなく、

パワーメーターに頼りっぱなしでしたが、ホイール1/3個分のドラフティング位置ではとてもパワーを確認する事はできません。

心拍と異なり、パワーの増減は激しいです。

そのため強度を読み違える、または確認できない可能性も捨てきれないと思います。

心拍のみを上げる

 

前回のクリテリウムでは、そのため一旦高回点で心拍のみをあげて、脚には負荷をかけないようにしました。

今回は前走者の猛烈な曳きについていこうと無理をして、心拍と筋肉の両方を使ってしまいました。

心拍は回復するが、筋肉は回復しないということを頭に置く必要がありそうです。

アップでは乳酸閾値以下で走り、

なおかつ心拍を一回上げておく。

これが正しいアップの方法かと思います。



レース編

車間距離を詰め過ぎない

今回ドラフティングの恩恵を受けようとかなり接近してしまいました。


それは、力の強い前走者の牽きについていくためには

ドラフティングゾーンを死守する必要があり、車間距離を詰めざるを得ないからです。

そのためどういうことが起こったかというと、体重差がある登りでは離されるので必死についていこうとし、下りでは、車間距離が詰め過ぎなので、ホイールがハスる危ない場面がありました。

かなりパワーの増減があり、結果的に脚がなくなったということです。

車間距離はある一定を保つことでペースの増減を吸収出来ると思います。


ただ、前提としてある程度の余裕は必要です。

恥ずかしがらずペースコントロールする

女子のチームなんかがそうでしたが、後続が前走者にペースコントロールの指示を出している光景を本当によく目にしました。

特に前走者が強い場合、後続が乳酸閾値を超えて一気に消耗する可能性があるので、
後続は声をださないといけないことがわかりました。

たった20分と言えど自分の能力を超えて走り続けることは不可能だと思います。

体の大きな選手の後続に弱い選手を配置する

例えば体格の違いによって後続の選手はパワー差がどのように変わるのでしょうか?

これはあくまで体感ですが、朝練でもIさん、Sさん、そしてN地さんの真後ろは結構楽ができます。

そういった意味では、登坂では重量級はネックになるものの、列車全体を考えると大きな空気の壁をパワーで切り裂くタイプというのは、チームとしてみると非常に有効なのではないかと考えます。


チームTT、とても奥が深いですね。

登坂時は脚を合わせる

 

死ぬほど申し訳ないのですが、登坂が得意な選手と我々重量級のトリケラトプスタイプでは

登坂時のパワー差があまりにも大きくなります。

それは上りでドラフティング効果もすくないことに関わりますが、
チームTTではペースを落とすようにコントロールしなければなりません。

K崎さんは練習の時から坂で乳酸を溜めないことをしきりに進めていました。

しかし練習で乳酸をため、坂で乳酸を貯めてしまうことで、結果的に全く脚が回らなくなってしまいました。


登坂の頂上では一旦パワーを緩める、加速しない


これも死ぬほど申し訳ないのですが、登坂の頂上では、前走者が重力の枠を外れ、一気に加速できます。

しかしそれをすると上り途中の後続が猛烈に脚を使ってしまい、とたんに千切れてしまいます。


重量級であればなおさらです。

自分が先頭であれば上り坂頂上では加速は厳禁と言う事になりそうです。

重量級かつ一番パワーがなかったのでそれが本当によくわかりました。

スピードよりパワーを一定に

 

例えば坂において30kmと平坦での30kmでは全くその必要パワーが異なります。


そのため坂においてはスピードをゆるめ≒パワーを一定に。

平坦ではスピードを上げる。(ドラフティング効果が大きくなり先頭の引く力が発揮される。)


と言う事になろうかと思います。



まとめ


チームTTとはいえ、やはり基本になってくるのは個人の標準パワーだと思います。

いずれにせよチーム内の弱い選手がそのチームのカギを握っているので、

その人に脚を合わせつつ最高のパフォーマンスを出す必要がありそうです。

最終週の最後の方で、4人目が牽き切り、3人が発射するのが一番の戦略であり、

それまでのチーム全体のパワーマネジメントが必要ですね。



奥が深いですが、戦略によってタイム差が顕著に出る可能性があるということでしょうか。



今回悪いところが凝縮して出てしまったので、

次回もしメンバーに入ることができればこの反省点を必ず活かしたいと思います。


自分自身の強化なくして、今後の成長はありえないと思います。




圧倒的な弱さを露呈したので、来年こそ必ずリベンジしたいと思います。





 



評価されている記事はこちら

面白い日常はこちら

よく読まれている記事はこちら
古城探検はこちら





わざわざこんなブログ、ここまで読んで頂いてありがとうございました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ブログランキングに参加しています。

真下のボタン押していただけると嬉しいです。

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


◎紹介コーナー:トマト工業は岐阜県関市で不燃建材加工をしております。

トマト工業株式会社

岐阜県関市富之保3861-1

TEL0575-49-3648FAX0575-49-3718

◎化粧板製造・販売

◎ボード加工・カット加工、切削、貼合、ラミネート、塗装、シーラー

◎Dボード製作・ダイノックシート、ベルビアン、リアテック

◎防音パネル・防火パネル製造

≪前のページ≪   1ページ/201ページ   ≫次のページ≫