いらっしゃいませっ!

にほんブログ村 経営ブログへ

トマト工業株式会社
管理用

プロフィール

トマト工業マボ

Author:トマト工業マボ
岐阜県関市で建材などの加工と販売などをおこなっている、トマト工業の社長のブログです。

明るく元気に!!

岐阜県一運がいい!!

顔が長い?&声が高いので、すぐにわかると思います。

趣味はロードバイク・山登り。

愛車はGIANT‐TCR1です。

みなさまの会社に訪問した際は、どうぞよろしくお願いいたします。

☆趣味:自転車・古城探検

☆中小企業診断士

月別(表示数指定)

最新記事

CustomCategory

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Web page translation

人気ページランキング

人気ページランキング

人気ページランキング
人気ページランキング

PVポイント用

RSS

(3)長良川クリテリウム2016冬・エリート❢❢たった一人の追走❢❢

さてO-RACINGの期待を一身に背負って出た

エースN地さん。


その運命や如何に❢❢?


たった一人の追走


大事なイベントであとからこうしとけばとか、ああしとけばとか誰しもがあると思います。

レースにたらればはない。



フレンチレストランにレバニラはない。



そんなことわざも周知の事実になってきている昨今でありますが、

(全然おもしろくないわバカッ❢❢❢)


と、レースの前に大事な話を。




そう言えば先日フライパンで朴葉みそを焼いてたんですよね。



朴葉みそを。


味噌と言えば大豆製品なんでね。鉄分とともにたんぱく・・・

(うるさい❢❢はよ先に進めばかっ❢❢❢)


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


ジリジリするような雰囲気の中、

たった一人の追走が発生したというアナウンサーの一言。



我々はかたずをのんで様子を見守ります。



アナウンサー

”追走が1名発生❢❢❢




ゼッケンナンバー716番(仮)




N地❢❢❢”





”ええええええええええええええっっっっっっっっっっっつ❢❢❢❢”






”なにやってんだーーーーーーーーーーーーっっっっっつ”

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

追走はパワーを急激に消費させます。

理由は2つ

1.空気抵抗を一身に背負わなければならない。

2.前走者よりも速いスピードで走らなければならない。

高速域ではそのパワー必要量が加速度的に上がっていきます。

例えば200Wで35kmで巡航していたとして、たった5kmあげて

40kmで巡航すればその必要パワーは300Wに跳ね上がります。

エリートの戦いはもっと上の話です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



”いったい、いったい、どういうことですか!!?S田さん❢❢❢”






S田さん
”一人で追う気だっ
❢❢❢❢”







”バカなっつ!!なんで・・・???”



”なんでっつ!????”



YSさんも含めてみんな意味がわかりませんでした・・・・





我々無力な子羊は、



ホームコースに戻ってくるN地さんを全力で応援することしかできません❢❢❢


”いっつけーーーーーーーーーーーーーーっつ

N地さんっっつ❢❢❢❢”


もう嵐のコンサートに行った主婦くらいの声が出てますね。

声も音程も

(殴られるぞバカッ❢❢❢)


強さ、それは一方で独力とも捉えられます。



パワーが有り余るがゆえに協調よりも独走を選んだのか・・・・


まるで人生そのもの…

このときはそう思っていました。




物事は多面的に捉えなければならない…


しかしそのときは、

 

なぜ独走するのか?と言う事に関しては、あまりに無謀としか考えられませんでした。


独走というものが如何に”勇敢である反面…無謀であるか”ということですが、

 

40kmを超える速度域では、空気抵抗が全抵抗の9割をしめます。

 

後続はときに4割もその抵抗を削減出来ます。

 

これが集団走行であり、先頭交代する理由でもあります。


つまりロードレースは風との戦いであるのです。

 

先頭は4名、追走は1名、集団は15名

 

そんな展開に。





全抵抗の殆どを占める風を一身に背負い1人で追走。





およそ2kmくらいは独走していたと思います。

 

 

ホームでもちらちらと後を確認していました。




誰かついてこい❢❢❢


今ならまだ間に合う❢❢



先頭を追うんだっつ❢❢❢

 

 

そんなメッセージがその大きな体から発せられていたようです。




ただならぬ悲壮感を背負いながらの独走です。





冊にかじりついて声援を送る3人❢❢




しかしこの独走が、まさかこのレースを動かすことになろうとは誰が思いついたでしょうか・・・・


続く…



心身ともにボロ雑巾にポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

 



評価されている記事はこちら

面白い日常はこちら

よく読まれている記事はこちら
古城探検はこちら





わざわざこんなブログ、ここまで読んで頂いてありがとうございました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ブログランキングに参加しています。

真下のボタン押していただけると嬉しいです。

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


◎紹介コーナー:トマト工業は岐阜県関市で不燃建材加工をしております。

トマト工業株式会社

岐阜県関市富之保3861-1

TEL0575-49-3648FAX0575-49-3718

◎化粧板製造・販売

◎ボード加工・カット加工、切削、貼合、ラミネート、塗装、シーラー

◎Dボード製作・ダイノックシート、ベルビアン、リアテック

◎防音パネル・防火パネル製造

(2)長良川クリテリウム2016冬・エリート❢❢活性化しないプロトン

②長良川クリテリウム2016冬・エリート❢❢活性化しないプロトン


前回⇒(1)長良川クリテリウム2016冬・エリート

先頭集団とプロトン


さて、残り周回11周目、

集団は落ち着いたペースで進みます。


最初は動きはありませんが、さすが百戦錬磨のエリート。



高速の中でも統率が取れています。

動きが出たのが2周目をすぎたころでしょうか。


残り周回10周くらいで集団からアタックが出て


先頭に4名が飛び出しました❢❢


ここからレースが動き出します。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ここでロードレースの解説をすこし。


ロードレースは風との戦い。

 

風を分担する数が多いほど有利になります。

先行した4名は有利に見えますが、

集団にはマトリックス入れると20名以上の選手がおります。

 

先頭が4名で分担して走るのに対し、集団ではほとんど風の抵抗を受けず走れるので有利になります。

 

先頭をうまく泳がせながら、脚をためるのが集団の選手の役割です。

しかしあまり差が開きすぎると先頭がそのままゴールすることも稀にではありますが、あります。

これを”逃げ”と言います。


しかし逃げというとネガティブなイメージがありますが、ハイリスクローリターンの逃げは

ロードレースでは勇気ある選択と言えるでしょう。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

長良川クリテリウム


アナウンサーがおり、解説をしてくれます。


アナウンサー:

”先頭が4名飛び出しました。先頭4名❢❢”


隣に愛知県のRというチームの方がこちらに向かって喋りかけて来てくれました。

”N地さん応援してるんですか?”



”そうなんです❢❢❢”




”僕はね、いっつも一緒に走ってるからね。



あの人はヤバイよ❢❢❢”




S田さん

”あいつがダンシングするとやばいよな・・・・❢❢❢”




“わかりますわかります❣❣❢”

 

そんな会話。



普段から160km200km走るようなメンバーを軽くちぎってしまう。

そんなN地さんですが、ロードレースはパワーの多寡ではない。


それを身をもって体感したレースの後では、どうなるか分からない・・・・

そんな感覚でした。





”N地さんは??”



S田さん

”集団の中で脚をためとるな❢❢”



しかし、このプロトン(集団)と先頭4名の差がグングン開いていきます。



16秒ー20秒ー30秒・・・・

一向に活性化しないプロトンをよそに、

先頭集団は風の抵抗を4人で分担しています。

軽快にローテーションしながら50km近いスピードで飛ばしていきます。


じりじりするような展開。


S田さん

”なかなか集団がホンキにならんなぁ・・・ペースが上がってこない。”




アナウンサー

”先頭の4名は快調に飛ばしています。ローテーションを繰り返し

後続との距離をぐんぐん離しています❢❢❢❢”






”大丈夫なんでしょうか・・・・”


S田さん

”まずいね、まずい展開だ・・・・”

しかしそう言いながらもどこかN地さんを信頼しているようなそんな雰囲気でした。



プロトン(集団)はなぜ活性化しないか?

これについては諸説ありますが、

1.最後までパワーをためたい選手がお見合いをしている。

2.すでにいっぱいっぱいで牽けない場合

3.前方でチームメイトが頑張っているためわざと後方で追走をしない。

などが考えられます。


しかしここは剛の者が揃うエリートクラス。

おそらくはパワーをセーブするお見合い状態が続いていたのだと思います。



ホームグラウンドにももしかしたら4名で決まるのでは?

という雰囲気が流れてきていたと思います。


もしこのまま逃げを容認し、集団のスピードが上がりきらない場合



いわゆる逃げが決まる。という状況になりあっさりと勝負がきまります。


エリートの集団はそれぞれのエリアでトップを張るようなそんな人達ばかりのはず。

一般のロードレースよりも協調がしづらいのかもしれません。



するとアナウンサーから大きなアナウンスが入ります。




”おーっとここで・・・

ここで・・・

追走が1名発生❢❢❢追走が1名❢❢❢❢”










”ついにでたーーーーーーーーー❢❢❢❢”






重苦しい雰囲気を壊す一言❢❢





ざわつく会場❢❢❢



念願の追走が出ましたっ❣❣❢



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

追走:TUISOU

集団からアタックし、先頭集団に合流するような動き

猛烈にパワーを使うハイリスクローリターンの行為

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


待望の追走が発生したのが残り9周の地点…




しかしその次にでた言葉に我々は絶句することになるのです・・・・・・





続きます…


心身ともにボロ雑巾にポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

 



評価されている記事はこちら

面白い日常はこちら

よく読まれている記事はこちら
古城探検はこちら





わざわざこんなブログ、ここまで読んで頂いてありがとうございました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ブログランキングに参加しています。

真下のボタン押していただけると嬉しいです。

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


◎紹介コーナー:トマト工業は岐阜県関市で不燃建材加工をしております。

トマト工業株式会社

岐阜県関市富之保3861-1

TEL0575-49-3648FAX0575-49-3718

◎化粧板製造・販売

◎ボード加工・カット加工、切削、貼合、ラミネート、塗装、シーラー

◎Dボード製作・ダイノックシート、ベルビアン、リアテック

◎防音パネル・防火パネル製造

(1)長良川クリテリウム2016冬・エリート❢❢千秋楽結びの一番

ウィンターセール


オギウエサイクルさんで、ウインターセールがはじまりましたね❢❢❢

明日よりWINTER SALEを開催しま~す 来てね~|岐阜・各務原 自転車屋OGIUE CYCLE 入荷情報


オギウエさんで自転車買って一緒に走りましょうではありませんか?

愛車のお手入れ チェーンそうじ編|岐阜・各務原 自転車屋OGIUE CYCLE 入荷情報


そしてこのウインターオーバーホールの方がとても魅力的

冬の間出そうかな。オーバーホール。酷使してきたのでね。

とはいえシーズンなんで空き時間が難しい…
(お前は年中言ってんな❢❢)

どうもこんにちはまぶちでございますよ。





さて、今年を締めくくる最後のレース。

千秋楽結びの一番


ついに出てきましたよ。

千秋楽結びの一番。

O-RACING不動のスーパーエース


横綱N地さんが❢❢


スタート地点に並びます。



迫るスタート



実況はわたくし、


イケてない方のイケメン略して
イケメンことまぶちでございます。

(わかりづらっわかりづらいわ❢❢)


解説はおなじみS田さん。

(誰が解説だバカッ❢❢)


”S田さん、N地さんの調子はどうですかね?”



”キレキレよ。ツールド沖縄からちょっとしかたってないでね。”


”なるほどなるほど・・・しかし疲労は心配になりませんか?”


”N地なら大丈夫やろ❢❢”


という心強い一言。

さすがは60才にして8時間エンデューロを走る程の方です。



N地さん、チームS田を名乗るように一番の理解者なのかもしれません。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

予備知識として
N地伝説についてはこちらを参考にしてください。
押切もえ比・♡☆2.5倍❢☆♡ - トマト工業のブログ-建材の加工と趣味のロードバイク

我々O-RACINGについてはこちら

金曜の展示会と土曜の祝勝会❢そして片知渓谷へ… - トマト工業のブログ-建材の加工と趣味のロードバイク

ショップ練習会で「ボロ雑巾」になるお話。 - トマト工業のブログ-建材の加工と趣味のロードバイク


オギ練について有る事無い事書いてみんなをビビらせてる面白いブログはこちら

じろーのちゃりんこブログ(オギ練・山県自転車倶楽部)

ガリバーの練習日記(オギ練)

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



さて、そうこうするうちに、

エリートの面々がスタート地点に並びます。


その数およそ20名。



剛の者たちが居並ぶこのエリートクラス。


朝練でもI藤さんや、M口さんクラスでないとついてくことも難しいでしょう。


ただならぬ雰囲気に静まり返るホームグラウンド❢❢


”N地さーーーーーん”


馬鹿でかい声を出して応援するおっさんが1名!!!



N地さんは一瞥もせず、手で合図❢❢


気合はいってますねーーーーーー!!







N地さーーーーーん❢❢”

(お前かっ❢❢❢バカッ❢❢❢)





”エリートらしい走りを❢❢”

スターターの人が話します。


カッッコイーーーーーーーー❢❢

僕の目標が決まりました。いつかはエリートクラス。ですね❢❢




もうね、いつかはクラウンとかどうでもいいんです。どうでも。

いつかは庭付き一戸建てとかね。

部屋が狭かろうが、そもそも部屋がなかろうが。

風呂が狭かろうが、隙間風がすごかろうが、

えっ霧ヶ峰???みたいなね。


冬も霧ヶ峰みたいなね。

あと電子レンジが爆発しようがね。

(お前だけお前だけっバカッ❢❢)


もう、いつかはエリート❢❢これなんですよ❢❢

(家族に謝れっバカッ❢❢)



やがてスタートの号砲が鳴り響きました。




なにせ12周の36kmもあります。

いわゆる本物のロードレース。



集団は一個の生き物のように走り出しました・・・・

続く・・・・



心身ともにボロ雑巾にポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

 




 



評価されている記事はこちら

面白い日常はこちら

よく読まれている記事はこちら
古城探検はこちら





わざわざこんなブログ、ここまで読んで頂いてありがとうございました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ブログランキングに参加しています。

真下のボタン押していただけると嬉しいです。

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


◎紹介コーナー:トマト工業は岐阜県関市で不燃建材加工をしております。

トマト工業株式会社

岐阜県関市富之保3861-1

TEL0575-49-3648FAX0575-49-3718

◎化粧板製造・販売

◎ボード加工・カット加工、切削、貼合、ラミネート、塗装、シーラー

◎Dボード製作・ダイノックシート、ベルビアン、リアテック

◎防音パネル・防火パネル製造

長良川クリテリウム2016冬・ネックス杯ラウンド1

さて、ビギナー1カテゴリを5位で通過した私まぶちでございますが、

次戦へと進出できる権利を得ました。


ネックス杯ラウンド1❢❢❢


それがネックス杯ラウンド1

ここでビギナーⅡカテゴリ上位10名×2組分


と合わせて総勢40名にて出走していきます。


この上位戦で上位10名に入れれば、


ついに最終戦ネックス杯ラウンド3に進むことができ、


エリート戦士と戦うことができるのです。


つまりこの戦いを制すればエリートクラスやスポーツクラスの

プロレベル、実業団

との戦いが待っているということになります。


さて、その2回戦みたいなネックス杯ですが、

最大の特徴が

600mの短距離をひたすら10周回するという恐るべき仕様。


あの恐怖のカーブを20回経験するわけで恐ろしい強度とインターバル。



それがネックス杯でございます。



 

セキサイO川さんが昼をまたいでホームで応援してくれています。

O川さんのブログ⇒のんびりヒルクライム


ならんでいるとN地さんがやってきて、

”これ、のんどき❢❢”

 

といってメイタンの特濃ジェルをくれました。

 

2個持ってたので多分自分用だったんでしょうね。

それをボクにわざわざくれました。




最後の最後の一滴まで絞り出すと



こう思いました。

僕も絞り出そう、最後まで…





号砲!!スタートへ


さて、今回のネックス杯ではやがてスタートの合図がなされました。

スタートと同時にリアルスタートのため一斉に飛び出していきます。

そしてすぐにカーブがやってきます。



このカーブで立ち遅れるとズルズルと順位を下げていきます。


しかしながら直線ではなんとか最後尾に追いつき、

カーブ立ち上がりで遅れるというパターンを繰り返すうちに、

ただでさえ少ないHPがどんどん削られていきます。



”前に行かなければ・・・・”


心拍は上限値をさまよい、脚はパンパンに。

前走者が次々と中切れをおこすため


ブリッジに奔走。

接着剤かよ・・・・❢❢



”アロンアルファに就職したいくらい…”


中切れをすれば前に進むことすらままなりません。



自分もカーブで立ち遅れるので、


自分責任ブリッジにも奔走。



序盤こそ多少余裕はあったものの、やがてその余裕はジワジワと蝕まれていることは

全身からの信号で容易に想像できるものでした…


後半の周回ではYSさんがコーナーで後輪が滑りましたが、一切その手を休めることはありませんでした。勇敢にコーナーを攻めていきます。

 

これが違いか・・・



その後は

はっきり言ってほとんど記憶がありません。

やがて最終回を迎えるカンカンカンカンの合図が。


ここで後ろからスプリンターたちがガンガン出てきます。



ゴールスプリント



集団の内部でもほとんど休めませんが、最終コーナーを回ると

ほぼ後方で


最後のゴールスプリントへ。


ほとんど良いところ無くそれでも必死でした。


手を抜くなんてことは考えられませんでした…



下ハンドルを握って全体重をペダルに乗せます。

ここで数人を抜きました。


これが最後だ・・・

 

自分でもわかってたと思います。

 

最後は47km/h

 

ピークパワー770Wが出ています。

 

 

 

結局6kmを走って

平均ペダリングパワー359.3W

NP289.6W

最大パワー868.2W

これがすべてのデータです。

前回の本戦よりもパワーがかなり出ていますが、それでも敗戦。



順位は16位・・・・




惨敗……

全く見せ場なく終わりました。

パワーは出てるもののやはりカーブで立ち遅れるという

課題を残す結果となりました。



しかしYSさんがなんと8位に入り、ついに次戦へ。



ネックス杯ラウンド3へコマを進めることができました。


やったーーーー❢❢❢





めちゃくちゃうらやましいぞーーーー❢❢❢

 

そして終戦へ


そして

私はここで終戦を迎えました。


みんながみんな応援してくれたのに本当に良いところが一つもなかったです。

情けないやら悔しいやらで。












寝れなかったですね・・・






で、結局夜中起きてこのブログを書いているわけです。







昨日の新幹線では
アホみたいに口開けて寝られたのに。




もうね、微動だにしない。


家でもあんなに寝れる人少ないんじゃないかってほど。


窓際わーい❢❢

 

言いながら5分で就寝みたいなね。

(小学生かバカッツ❢❢)

YSさんはそれにしても快挙です。

そして他のメンバーも。



スポーツⅡでは、O-RACING、S田さんが、
60代の部優勝❢❢❢

 

YSさんがビギナーⅠ・3位

S田さんがスポーツⅡ60代・ 1位



沸き立つO-RACING応援団❢❢❢



しかしカテゴリ頂点は取っておりません。


ついに伝説のN地さんが・・・


そして


最後の希望ラスト・ホープこと、N地さんが最終のエリートクラス



に出走することになりました。


エリートクラス

長良川クリテリウム・最上位クラスであり

Jプロツアーの選手や実業団でも最上位E1戦士たちが集う最強のクラス。



推定FTP300オーバー

※一般のサイクリストのFTP(1時間の全開走のパワー)が150程度とすると

その倍の出力を常時出し続けるような超人たち



ほとんど県外の人ですので、そのレベルのほどが知れると思います。




距離が36kmと他のコースと違うのでロードレースのような展開が待ち受けていようとはこのときは思っても見ませんでした…




もはや希望がなくなった私ですが、


本業の応援の方
が残ってますのでね❢❢❢

本業の応援がね。

(何屋だバカッ❢❢❢)





さて、この後のエリートクラス。


まさかあんな驚愕の展開が待ち受けていようとは、、、、



その時だれも知るよしもなく・・・







夕暮れが迫る秋空の下

S田さんとYSさんとただぼんやりとホームストレートを眺めていました・・・・



心身ともにボロ雑巾にポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

 



評価されている記事はこちら

面白い日常はこちら

よく読まれている記事はこちら
古城探検はこちら





わざわざこんなブログ、ここまで読んで頂いてありがとうございました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ブログランキングに参加しています。

真下のボタン押していただけると嬉しいです。

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


◎紹介コーナー:トマト工業は岐阜県関市で不燃建材加工をしております。

トマト工業株式会社

岐阜県関市富之保3861-1

TEL0575-49-3648FAX0575-49-3718

◎化粧板製造・販売

◎ボード加工・カット加工、切削、貼合、ラミネート、塗装、シーラー

◎Dボード製作・ダイノックシート、ベルビアン、リアテック

◎防音パネル・防火パネル製造

長良川クリテリウム2016冬へ❢❢その3

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

とびだせセキサイ❢❢❢


大忘年会のお知らせ

25日の18時から関市内にて忘年会を開催します。

幹事はO川さん。

O川さんいつもありがとうございます❣


参加希望の方は
チームLINEまたは

mabutaro1015@yahoo.co.jp

までお知らせくださいませ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

工房に

ふれとり台

スポークレンチ

トルクレンチ

ペダル外し

ホイールスプロケ外し

が入りました。

ご希望の方は勝手に取って行ってください。

面倒なので事後申告でも構いません。

チームLINEまたはメールにて

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

さてみなさんこんにちは。


長良川クリテリウムその3でございます。

長良川クリテリウム❢❢


カーブをすぎるたびに自分の持っているHPのようなものが削られていく感覚があります。


決して余裕はありません。


先頭はマトリックスパワータグの選手が5名位でガンガン牽いています。


力のないものは容赦なく切り捨てられる世界。


これがクリテリウム。


しかし後を振り返っても結構ついてきているような気がしました。

流石にちぎれる人は殆どいない。


2周、3周を終えて番手は9番-10番手くらい。

前の人の上体がふらつき始めたので、必死にブリッジ。


もう練習を思い出すとか、そんなこをは一切考える余裕はありませんでした。


4週目にはいると金がカンカンカンカン❢❢❢

打ち鳴らされます。



30秒のNPが530W

もはやもがきといったほうが良いかもしれません。


タバタでは510wを20秒なので如何に強度が高かったかがわかります。


ここからはあまり記憶がないのですが、

前に詰めろっ❢❢❢


前から人が落ちてくるので

前にジリジリと詰めて順位を上げていきました。


順位も9位から7位くらいでしょうか。


最終コーナーはいつものようにゆっくりと入って行きます。


前の1人をかわし、左の2名をかわし、


マトリックスにブリッジします。





マトリックスにブリッジしてコーナーを抜けると、いつしか先頭にたっていました。


しかし先頭にたったというよりは、

先頭に立たされたという表現の方が正しいと思います。




この時点で勝てない…



そう感じていたと思います。



なぜなら後ろから

剛脚自慢のスプリンターや

アタックを得意とするパンチャーたちが

前走者を風よけにしていつ飛び出そうかと


虎視眈々と狙っているからです。


こちらはいわゆる発射台…



力を残しての先頭ならともかく、

唯一の逃げもすでに心拍を使い果たしている以上出せないと感じました。

脚もブリッジでパンパン

前走マトリックスとの距離ですらも少しづつ開いていっています。



やがて直線に入ると道幅がひろがり

後ろから黄色ジャージの2人、


そして右からYSさん、

そしてピンクジャージの人

と4人に次々抜かれました。


ここで力を緩めては何のために…



敗戦を覚悟しながらそれでも進んでいきます。



あまり記憶がありません。


下ハンダンシングをしたいのですが、もはや立ち上がることも叶わず、

エアロポジションでゴールを駆け抜けました。



ということでビギナー1 カテゴリ

5位。


完全な力負けの5位でした。


annnanirensyuusitanoni




最後だしきれたのか・・・・

データのみぞ知るところです。

 

最後の直線

1.27kmは

1分35秒

NP359

平均時速49.7km


自分にとってはすでに限界値であったと思います。

最終ゴール地点は時速50.4km/h

358Wでの終戦。



それでも次戦、上位10名がすすめる


ネックス杯ラウンド1へ進む権利をえることができました。


そしてチームメイトのYSさんは堂々の3位表彰台❢❢❢

おめでとうございます❢❢



4位の人に


”惜しかったですね❢❢”


声をかけました。






不甲斐ない戦いでしたが、

大応援団のみんながそれでも温かく出迎えてくれました・・・・

zabuza



その後I藤キャプテンも

自走で合流し大応援団と僕たちは


次戦へと❢❢❢


そして次戦ネックス杯ラウンド1





すでにこのとき戦う力はほとんど残されていませんでした・・・・


しかしこの後しんじられない衝撃の展開が続々とっ❢❢❢

長良川クリテリウム冬2016

続く…

心身ともにボロ雑巾にポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ







 



評価されている記事はこちら

面白い日常はこちら

よく読まれている記事はこちら
古城探検はこちら





わざわざこんなブログ、ここまで読んで頂いてありがとうございました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ブログランキングに参加しています。

真下のボタン押していただけると嬉しいです。

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


◎紹介コーナー:トマト工業は岐阜県関市で不燃建材加工をしております。

トマト工業株式会社

岐阜県関市富之保3861-1

TEL0575-49-3648FAX0575-49-3718

◎化粧板製造・販売

◎ボード加工・カット加工、切削、貼合、ラミネート、塗装、シーラー

◎Dボード製作・ダイノックシート、ベルビアン、リアテック

◎防音パネル・防火パネル製造

≪前のページ≪   1ページ/214ページ   ≫次のページ≫